さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 文化(文芸・アート・音楽) › 消えゆく札幌のまちの営みを伝える企画展「まち文化商店街」が札幌市中央図書館で開催中

2019年07月09日

消えゆく札幌のまちの営みを伝える企画展「まち文化商店街」が札幌市中央図書館で開催中

消えゆく札幌のまちの営みを伝える企画展「まち文化商店街」が札幌市中央図書館で開催中
懐かしいモノが満載の企画展「まち文化商店街」

 消えつつある札幌のまちの営みを伝えようと、札幌市中央図書館で企画展「まち文化商店街~札幌の『くらし』集めました~」が6月24日から開催されている。銭湯や市場、商店、お菓子、建物といった日々の暮らしのベースにつながる「まち文化財」の調査、研究に当たる「まち文化研究所」(札幌市北区)の協力・監修で「銭湯」「お菓子」「豆腐」をテーマに1000点以上の資料を展示している。

消えゆく札幌のまちの営みを伝える企画展「まち文化商店街」が札幌市中央図書館で開催中
企画展に連動して開かれた塚田さんの講演会(6月30日)

 会場には銭湯の暖簾やケロリンの湯桶、飲料、カミソリ、ミニシャンプーといった“銭湯グッズ”から豆腐屋さんの豆腐パッケージ、「フルヤのウインターキャラメル」や「バンビミルクキャラメル」など懐かしいお菓子の箱などがコーナー別に展示され、おもちゃ箱をひっくりかえしたような賑やかさだ。

 展示パネルでは札幌の商いの変遷も掲示。1971年前後に札幌市内に270軒ほどあった銭湯が家族風呂の普及や経営者の高齢化により現在は39軒にまで減少していることや、往時には市内に200軒近くあった豆腐の製造・小売店もスーパーなどの進出で16軒となっていることなどが分かりやすく解説されている。

「まち文化研究所」を主宰し、「銭湯倶楽部」の代表を務める塚田敏信さんは、札幌篠路高校教諭などを経て現在は藤女子大学、札幌大谷大学で非常勤講師を務めている。30数年前から銭湯、市場、商店街、地域雑誌、食堂、町並みなど「まち文化」の調査・研究を行ない、著書に『いらっしゃい北の銭湯』(北海道新聞社)『ほっかいどうお菓子グラフティー』(亜璃酉社)などがある。

 今回の企画展について塚田さんは、「札幌には歴史民俗博物館がないので、まちの営みを振り返る機会がなく、モノも時とともに一緒に消えていく。伝え残すことが重要だ」と意義を説明。6月30日には、この企画展の関連講座として「それ捨てるんですか! ~身近すぎてわからない『まち文化財』の価値」と題した塚田さんの講演会も同所で開き、実演販売の焼き菓子としてファンの多い「冨士屋のとうまん」をめぐるエピソードなどを披露。銭湯については、近所づきあいの希薄化や孤独死が問題化する今だからこそ「必要になる時代」と力を込めた。

 紹介した企画展は、札幌市中央図書館1階展示室(札幌市中央区南22条西13丁目1の1)で7月20日まで開催。開館時間は平日午前8時45分から午後8時。土日祝日は午前8時45分から午後5時。問い合わせは同図書館(☎011-512-7355)まで。


同じカテゴリー(文化(文芸・アート・音楽))の記事画像
生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ
本誌表紙絵の鈴木翁二さんが浦河と札幌でCD発売記念ライブ
土屋HD・土屋公三会長が主宰。「人間社長塾」が今年10期の節目
胆振東部地震を乗り越え、新千歳空港国際アニメーション映画祭11月2日開幕へ
帝銀事件で獄中死した画家 平沢貞通の企画展を小樽で開催中
キタコー・草野馨元会長が自伝出版記念パーティーを開催
同じカテゴリー(文化(文芸・アート・音楽))の記事
 生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ (2019-02-18 17:34)
 本誌表紙絵の鈴木翁二さんが浦河と札幌でCD発売記念ライブ (2019-01-31 17:26)
 土屋HD・土屋公三会長が主宰。「人間社長塾」が今年10期の節目 (2019-01-28 17:09)
 胆振東部地震を乗り越え、新千歳空港国際アニメーション映画祭11月2日開幕へ (2018-10-11 09:13)
 帝銀事件で獄中死した画家 平沢貞通の企画展を小樽で開催中 (2017-11-09 16:19)
 キタコー・草野馨元会長が自伝出版記念パーティーを開催 (2017-02-28 09:42)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
消えゆく札幌のまちの営みを伝える企画展「まち文化商店街」が札幌市中央図書館で開催中
    コメント(0)