さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 国内屈指の規模を誇る道産品商談会、開催中

2019年06月11日

国内屈指の規模を誇る道産品商談会、開催中

国内屈指の規模を誇る道産品商談会、開催中
海外を含むさまざまな地域から詰め掛けたバイヤーで、会場を歩くにも苦労するほど

道・札幌市・(一社)北海道貿易物産振興会が主催する、国内でも屈指の規模を誇る商談会「北海道産品取引商談会」が6月11日・12日の2日間にわたってロイトン札幌3階のロイトンホールで開催中だ。食品メーカーを中心に全道から340の事業者が出展し、詰め掛けたおよそ1000社のバイヤーと熱を帯びた商談を展開。また今回は、12日に海外バイヤーとの商談に特化した「北海道の食品輸出商談会/磨き上げ相談会」も同ホテル2階のエンプレスホールで併せて行なわれる。
主催者代表として挨拶に立った鈴木直道知事は、「皆さんの素晴らしい道産品を、私も先頭に立って国内外にPRしていきますので、皆さんの知恵や発想をぜひ教えていただきたい。道内各地で磨き上げられた商品が、全国、全世界に発信していく素晴らしい機会になることを願っています」と述べた。

ここからは注目のブースを写真で紹介する。

国内屈指の規模を誇る道産品商談会、開催中
厚真町名物「あづまジンギスカン」を手掛ける市原精肉店のブース。同社は北海道胆振東部地震で大きな被害を受けたが、「現在、製造施設は完全復旧。また、被災した当社への応援とともに全国からの受注も増えています」と市原泰成代表

国内屈指の規模を誇る道産品商談会、開催中
鈴木知事が視察した北海道錦豊琳のブース。北海道の素材や製法にこだわったさまざまな菓子を紹介

国内屈指の規模を誇る道産品商談会、開催中
高品質な北海道産純良霊芝を手掛ける北海道霊芝のブース


同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
だて歴史文化ミュージアムで待望の“伊達政宗”特別展
サッポロ、アークスが黒ラベル「花火缶」を通じシマフクロウ保護
パチンコ業界団体、すすきの観光協会らがゴミ拾いボランティア
ホテルオークラ札幌、「ようこそいしかり~絶品倉庫 ふーど物語」を8月1日より1カ月間開催
夏の風物詩「さっぽろ夏まつり」始まる
乳がんと闘う元SKE・矢方美紀さんが語るセルフチェックの大切さ
 だて歴史文化ミュージアムで待望の“伊達政宗”特別展 (2019-09-24 09:12)
 サッポロ、アークスが黒ラベル「花火缶」を通じシマフクロウ保護 (2019-09-13 10:33)
 パチンコ業界団体、すすきの観光協会らがゴミ拾いボランティア (2019-09-11 09:49)
 ホテルオークラ札幌、「ようこそいしかり~絶品倉庫 ふーど物語」を8月1日より1カ月間開催 (2019-08-02 14:21)
 夏の風物詩「さっぽろ夏まつり」始まる (2019-07-19 17:39)
 乳がんと闘う元SKE・矢方美紀さんが語るセルフチェックの大切さ (2019-07-10 11:21)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
国内屈指の規模を誇る道産品商談会、開催中
    コメント(0)