さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › ビールの美味しい初夏にアサヒビールが続々商品展開

2019年06月08日

ビールの美味しい初夏にアサヒビールが続々商品展開

ビールの美味しい初夏にアサヒビールが続々商品展開
6月18日より発売する「クリアアサヒ 北海道の恵み」

日差しも温かくなり、北海道にもようやくビールの美味しい季節が訪れたが、アサヒビール(本社東京、塩澤賢一社長)は6月より北海道にちなんだビールカテゴリー商品を相次ぎ販売する。

北海道限定で6月18日より展開するのは新ジャンルの「クリアアサヒ 北海道の恵み」。富良野産大麦を一部使用し、麦の芳醇な旨みとすっきりと清らかな後味が特長だ。缶には北海道の地図や麦畑のイラストをあしらうと共に、“北海道限定”“〈富良野産大麦〉一部使用”といった商品特長をしっかり強調している。

同品は売上1本につき1円を、旧北海道庁赤れんが庁舎のリニューアルに充てる資金として寄付する。昨年も同品を数量限定で販売し同様の取り組みを行なったが、その寄付金額は117万6384円となった。
展開するのは350ml缶と500ml。販売目標は1万6000箱(※1箱は633ml×20本で換算)を目指す。

ビールの美味しい初夏にアサヒビールが続々商品展開
「クリアアサヒ 北海道の恵み」の売上の一部は赤れんが庁舎のリニューアル費として寄付

また同社の看板ビール「アサヒスーパードライ」に関しては、来たる2020年の東京五輪に向け気運醸成に貢献しようと、633ml大瓶の「アサヒスーパードライ 東京2020大会応援ラベル」6月18日より発売。道内ではこれに先立ち、6月7日から500ml中瓶の「同 東京2020大会応援 北海道限定ラベル」を数量限定で販売開始した。北海道限定ラベルには東京2020エンブレムと共に、「北海道から東京へ!乾杯!」のフレーズが記されている。

ビールの美味しい初夏にアサヒビールが続々商品展開


「アサヒスーパードライ 東京2020大会応援 北海道限定ラベル」

同品の販売に併せて、北海道出身の右代啓祐選手(陸上競技)と久保恒造選手(パラ陸上競技)を起用したオリジナルポスターの展開も開始。地元に縁のあるアスリートがポスターを通じて紹介されることで、道民の東京五輪応援ムードが高まりそうだ。

アサヒビールはビールメーカーで唯一、「東京2020ゴールドパートナー」を務めており、今後も同大会を盛り上げるさまざまなプロモーション展開を計画している。


同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
8月15日の一夜限り。サッポロビール「THE サッポロビヤガーデン ONLINE」開催
機能性新ジャンル「サッポロ 北海道 OFF STYLE」の売上の一部を寄付。サッポロビールが北海道農業を支援
新感覚の青果店でススキノを元気に。水戸青果「ワタシノマルシェ」OPEN
「北海道舞踏フェスティバル2020」 新型コロナの影響で札幌公演を7月中旬に延期
富良野市内のホテルを応援する「ふらの観光協会&もりもとグループ ありがとうキャンペーン'20春」展開
道内最大規模の「北海道産品取引商談会」が、新型コロナ影響で初の中止に
 8月15日の一夜限り。サッポロビール「THE サッポロビヤガーデン ONLINE」開催 (2020-08-12 15:03)
 機能性新ジャンル「サッポロ 北海道 OFF STYLE」の売上の一部を寄付。サッポロビールが北海道農業を支援 (2020-07-16 18:19)
 新感覚の青果店でススキノを元気に。水戸青果「ワタシノマルシェ」OPEN (2020-06-16 13:20)
 「北海道舞踏フェスティバル2020」 新型コロナの影響で札幌公演を7月中旬に延期 (2020-05-31 12:18)
 富良野市内のホテルを応援する「ふらの観光協会&もりもとグループ ありがとうキャンペーン'20春」展開 (2020-04-20 15:01)
 道内最大規模の「北海道産品取引商談会」が、新型コロナ影響で初の中止に (2020-04-10 10:53)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
ビールの美味しい初夏にアサヒビールが続々商品展開
    コメント(0)