さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 鶴雅グループ最高峰の温泉ホテル「碧の座」が支笏湖にオープン

2019年04月30日

鶴雅グループ最高峰の温泉ホテル「碧の座」が支笏湖にオープン

鶴雅グループ最高峰の温泉ホテル「碧の座」が支笏湖にオープン
支笏湖畔に佇む「碧の座」(4月19日撮影)

 元号が令和に変わる5月1日、鶴雅グループの集大成と言えるリゾートホテルが支笏湖(千歳市)のほとりに誕生する。同グループが展開するエグゼクティブクラス「座」シリーズの中でも最高峰を謳う「しこつ湖 鶴雅別荘 碧の座」(小川寛支配人)がそれだ。


 湖畔の木立に囲まれて佇む建物は鉄筋コンクリート造の4階建て、延床面積は6770㎡で系列ホテルの中ではコンパクトな造り。25ある客室は全てが展望露天風呂を備えるラグジュアリースイートで、どの部屋からも支笏湖を取り囲む山並みの眺望を楽しめるしつらえとなっている。

 ホテル名「碧の座」は支笏湖ブルーにちなんだ「碧」と人々が集まる「座」を合わせて命名された。

 本誌は4月19日に開かれた内覧会を取材。その驚くべき内容は、次号6月号にフォトレポートとして掲載予定だ。(く)

同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
北方ジャーナル10月号の北海道フォトエッセイから 「オホーツク海に面した ロマンチック空間 雄武町の日の出岬」
北方ジャーナル10月号の誌面から 風雲急を告げる自民総裁選と衆院総選挙
9月15日発売の本誌、北方ジャーナル10月号がスタンバイ
北方ジャーナル9月号の北海道フォトエッセイから 「空知の米どころを彩る薔薇色の園に酔う ローズガーデンちっぷべつ」
8月14日発売の本誌、北方ジャーナル9月号がスタンバイ
北方ジャーナル8月号の北海道フォトエッセイから 「宇宙の夢とロマン溢れるしょさんべつ天文台」
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 北方ジャーナル10月号の北海道フォトエッセイから 「オホーツク海に面した ロマンチック空間 雄武町の日の出岬」 (2021-09-17 12:55)
 北方ジャーナル10月号の誌面から 風雲急を告げる自民総裁選と衆院総選挙 (2021-09-16 12:41)
 9月15日発売の本誌、北方ジャーナル10月号がスタンバイ (2021-09-13 16:25)
 北方ジャーナル9月号の北海道フォトエッセイから 「空知の米どころを彩る薔薇色の園に酔う ローズガーデンちっぷべつ」 (2021-08-17 13:38)
 8月14日発売の本誌、北方ジャーナル9月号がスタンバイ (2021-08-12 11:17)
 北方ジャーナル8月号の北海道フォトエッセイから 「宇宙の夢とロマン溢れるしょさんべつ天文台」 (2021-07-17 00:00)

Posted by 北方ジャーナル at 23:25│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
鶴雅グループ最高峰の温泉ホテル「碧の座」が支笏湖にオープン
    コメント(0)