さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › ススキノで帰宅難民になりかけた夜

2019年02月22日

ススキノで帰宅難民になりかけた夜

ススキノで帰宅難民になりかけた夜
帰りの足を失いススキノのタクシー乗り場には長蛇の列が出来た(2月21日午後10時40分頃)

昨夜、私はススキノの某ラウンジに居た。店内で一斉に客のスマートフォンが鳴り響く。緊急地震速報だ。すぐに大きな揺れが来て、客やホステスたちがざわつく。ほどなくして揺れは収まりスマホにかじりつくと「午後9時22分ごろ、北海道の胆振中東部を震源とする地震が発生」とのニュース。震源地付近で震度6弱、札幌市内は震度3から5弱だった模様。窓から下の通りを眺めるとさほど変化がない。人やクルマの流れもいつもの夜と変わらない。「やれやれ」と飲み直そうかと思ったら今度は「札幌市営地下鉄が全線運休」との知らせが舞い込んだ。

帰りの足を心配してホステスがタクシー会社に配車を頼むが、どこにかけても応答なし。早々に切り上げて店を後にしたが、そこで目の当たりにしたのが「来ないタクシー」を待つ大量の帰宅難民。私はといえば、幸いなことに家族が迎えに来てくれて難を逃れたが、国道はさながら朝のラッシュ状態。多くの人たちが列をなして徒歩で家を目指す姿が目立った。 (く)







同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
令和元年初日の朝に祈る
鶴雅グループ最高峰の温泉ホテル「碧の座」が支笏湖にオープン
生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ
昭和22年創業。旭川ラーメンの老舗「蜂屋」の醤油ラーメンを食す
拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─
北方ジャーナル12月号まもなく発売へ
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 令和元年初日の朝に祈る (2019-05-01 22:57)
 鶴雅グループ最高峰の温泉ホテル「碧の座」が支笏湖にオープン (2019-04-30 23:25)
 生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ (2019-02-18 17:34)
 昭和22年創業。旭川ラーメンの老舗「蜂屋」の醤油ラーメンを食す (2018-11-19 23:45)
 拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─ (2017-11-17 10:35)
 北方ジャーナル12月号まもなく発売へ (2017-11-13 17:10)

Posted by 北方ジャーナル at 09:46│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
ススキノで帰宅難民になりかけた夜
    コメント(0)