さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › バックナンバー › 北方ジャーナル2019年2月号

2019年01月15日

北方ジャーナル2019年2月号




1月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】ガバナンスが劣化する札幌市の清掃委託業者

北清企業で職員が大量退職
“北の大地を汚す”大嶋元社長を
幹部らが背任と不法行為で告発



札幌市の清掃事業を担う委託業者、北清企業株式会社(本社札幌市東区・高橋俊一社長、以下北清企業)が、かつてない危機に直面している。昨春のトップ交代以降、職員が大量退職する異常事態に見舞われているほか、本誌が報じた「知床解体事件」で責任を問われた大嶋武社長(当時)の背任行為の実態が現役幹部たちの証言で明らかになってきた。劣化するガバナンスと危機的なコンプライアンス──。今年、創業半世紀を迎える「北清グループ」でいったい何が起きているのか。 
(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える〈31〉

不祥事警官、また“二世”か?
覚醒剤巡査部長が追起訴
保釈中に再所持・再使用



覚醒剤事件で逮捕・起訴された現職警察官(当時)が、保釈後に再び薬物に手を出す――。重い依存症が疑われるその人は、そもそも薬物捜査を担当する警察官だった。画に描いたような“ミイラ取り”の末路には、同類の常習者と思しい女性共犯者の影。そして保釈中の身元を引き受けていた親族は、別の意味で同類の、具体的には同業の元警察官である可能性が高い。今月下旬に幕を開ける公判廷では、果たしてどこまでの事実が明かされるだろうか。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】札幌・平岸 不動産店爆発事件

「何かが墜落したのかと」
不動産「アパマン」店舗で爆発
被害者の記憶、今なお生々しく



暮れも押し迫った日曜の夜、札幌・平岸地区。不意の爆発音に住宅街が顫えた。不動産店が跡形もなく吹き飛び、棟続きの居酒屋を炎が包む。四囲の住宅では爆風で窓ガラスが割れ落ち、弾け飛んだ瓦礫が路上の車輌を直撃した。区境を超えて響いた轟音を間近で聴いた人たちはその一瞬、何が起きたのか理解できなかったという。年を跨いでなお衝撃冷めやらぬアパマンショップ爆発事件。惨状の目撃者は、問い続ける。「なぜあんなことが起きたのか」――。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】旭川発・問われる違法捜査

「警察の動きは異常だった」
無令状GPS捜査、無断立入
容疑事実も“自作自演”の疑い




薬物事件で逮捕・起訴された被告人が、捜査の違法性を主張している。警察が令状なしにGPS(全地球測位システム)機器を車に取りつけ、また犯行現場とされる私有地で無断撮影・立ち入りを続けたためだ。さらには、事件そのものがでっち上げだった可能性が極めて高いという。4年間にわたる捜査で逮捕され、取り調べに黙秘を続けてきた男性は今月中旬、事件の公判で被告人質問に立つ。そこで初めて、自らの言葉で真実を明かすことになるという――。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】2019年、ある再出発

新しい年、新しい人生
元旦出所、前科16犯の男性
「もう刑務所には…」年頭の誓い



2019年の幕開けとともに、新たな人生をスタートさせた人がいる。天涯孤独で、若いころから刑務所への出入りを繰り返してきた。それまで縁のなかった北海道で再出発を誓うことになったのは、生まれて初めての出会いを得たことによる。「もう刑務所には戻りたくない」――。貧困支援団体の関係者や弁護士など、在野の支援者たちと繋がることで、男性は累犯の連鎖を断ち切ろうとしている。元日の朝、彼は“最後の服役生活”に別れを告げた。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】ニセコの町議会議員・斉藤うめ子さんがパワハラで議会を告発(続報)

大きく食い違う両者の主張
解決に向け議会は問題整理を
札幌弁護士会に依頼する方針



ニセコ町議会唯一の女性議員、斉藤うめ子さん(71)が議会からハラスメントを受けているとされる問題をめぐり12月下旬、同議会は事実関係を整理するため弁護士に調査を依頼する方針を固めた。調整がつかない場合は、第三者委員会の設置も視野に入れているとしている。急転直下の展開に斎藤さんは「女性が安心して参画できる議会にするためにも、調査に当たるのはハラスメント問題に精通した専門家を選び事実を明らかにする必要がある」とした上で、「議員提案による政治倫理条例の制定につなげていきたい」と話している。現地で波紋を広げた先月号の続報をお届けする。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【経済】路地裏経済ウォッチ・パチンコ業界に異変

パチンコホールが次々閉店へ
跡地にマンションや物販施設



札幌市内でパチンコホールの閉店が目立ち始めている。債務が膨らみ自己破産をした北星実業(本社札幌市東区)の「パーラー大黒天」のほか、地場資本の「パーラー太陽」や東京資本の「ガイア」、「ダイナム」の店舗なども閉店している。東京では、改正風営法の出玉規制などによって昨年初めからパチンコ店の閉店が始まっており、商業施設やマンションなどに生まれ変わっている。札幌でも同様の動きが始まっているようだ。(佐久間 康介)

----------------------------------------------------------------------

【連載】検証「泊原発は本当に必要なのか」41

実効性がない避難計画でも
国と他人任せの原発のまち



昨年10月中旬に「泊原発を再稼働させない北海道連絡会」(市川守弘代表・以下連絡会)が行なった後志管内自治体への要請訪問。同月17日の余市町を皮切りに首長や防災担当責任者らと意見を交わし、19日の小樽市を最後に終了した。自治体によって原子力災害への受け止め方に違いがあることがわかったほか、警察や自衛隊による救助についての捉え方もさまざまだった。連絡会の“自治体行脚”同行記、今回の報告が最後となる。(ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【ニュース】

■戦いの気運高まる2019選挙イヤー
乱立の参院選、候補者の人物像とは?

 ──高橋一強の下馬評の中、単独2議席狙う立憲は国民とも火花

■国の調査「不充分」と原告が指摘
看護師パワハラ訴訟、弁論続く

 ──医師のハラスメント発言の有無、国は明言せず

■強制不妊訴訟札幌、相継ぎ弁論
当事者が語る優生思想の根深さ

 ──救済法の動きにかかわらず訴訟継続へ

■過度な薬物投与など発達障害治療に
警鐘を鳴らす七飯町の社会福祉法人

 ──「七和会」が講演会「発達障害バブルの真相」を札幌で開催

■師走に市民団体が安倍政権を糾弾
手稲駅で『アベの嘘』をアピール

 ──「問題発言は200を超す」と関係者

----------------------------------------------------------------------

【道東・根室特集】初当選の石垣雅敏市長に訊く

近づいてきた領土返還の好機
目指すは水産都市根室の再興

地域の新しい道を切り拓いていく覚悟



2018年9月9日に行なわれた根室市長選で石垣雅敏氏(67)が、オール根室体制の下で第7代市長に初当選した。その石垣氏は、同市役所で秘書係長や北方領土対策室長、水産経済部長、総務部長などを歴任。2006年に助役、07年から副市長としてトップを支えてきた経歴の持ち主だ。選挙戦で、故きを温ねて新しきを拓く「温故拓新」(おんこたくしん)というスローガンを掲げた石垣氏は、北方領土返還がかつてないほど近づいてきたタイミングを踏まえ、水産都市根室の再興を市政の中心に据える。裏方のベテラン行政マンから政治家として表舞台に立つことになった石垣新市長に決意と抱負を訊いた。  (2018年12月25日収録)

----------------------------------------------------------------------

【道東・根室特集】北方領土への思い

「元島民」が生きている間に
返還の道筋を示してほしい



公益社団法人 千島歯舞諸島居住者連盟
理事・根室支部長 宮谷内亮一氏(76)

----------------------------------------------------------------------

【道東・根室特集】大地みらい信用金庫・遠藤修一理事長に訊く

取引先の深いニーズを汲み上げ
ビジネスモデルを相談型に転換



根室市に本店を置く大地みらい信用金庫は、地域密着金融機関として取引先との相談業務を強化する。中でも信託業務などの深堀りを進め、近いうちに全23店舗で信託業務を行なえるようにする考えだ。同金庫の本拠地である根室、釧路地域は、水産不振などの影響で従来型ビジネスモデルの限界が見え始めている。時代に適応した業務構築を目指す遠藤修一理事長(62)に、2019年に向けた戦略を訊いた。

----------------------------------------------------------------------

【医療】
さっぽろ麻生乳腺甲状腺クリニックが
免疫療法「キイトルーダ」を試験導入
ノーベル賞・本庶氏由来の新薬
乳がんなど再発がんに保険適応



日本女性の11人に1人が発症するという乳がんだが、治療法も進化を遂げている。新たな治療の柱として期待されているのが、免疫チェックポイント阻害剤「キイトルーダ」だ。2018年のノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑・京都大学特別教授の発見を基にした「オプジーボ」に続く治療薬で、厚労省は12月下旬に血液がんを除く全ての進行・再発がんへの使用を正式に承認した。「患者にとって朗報」と歓迎する医療法人社団北つむぎ会「さっぽろ麻生乳腺甲状腺クリニック」(札幌市北区)の亀田博院長・理事長に新たな治療のメカニズムと可能性を訊いた。(12月28日取材)

----------------------------------------------------------------------

【連載】戦争遺産をめぐる旅 (45・特別篇)

若き米兵が原爆投下後の長崎で
拾った位牌は誰のものなのか?

元兵士が語る軍政統治の現実



アメリカ北西部のオレゴン州に住むアメリカ陸軍の退役軍人が、原子爆弾が長崎に落とされて約1カ月後の1945(昭和20)年9月初旬に軍政統治チームの一員として長崎に上陸。市内で偶然拾った市民の位牌を70年以上も保管していた。位牌は現在、北広島市にあり、持ち主を探している。2018年10月初旬、同州ユージーン市に暮らすこの退役軍人を訪ねると、位牌を拾った経緯や原爆投下後のアメリカ軍の統治活動についての貴重な証言が得られた。戦後74年目を迎えるなか、戦争遺産の旅「特別編」としてリポートする。(ジャーナリスト 黒田伸)

----------------------------------------------------------------------

【地方行政】地域に好循環を生むアグリビジネスの形

ICTによる農作業最適化を実現
岩見沢「スマート農業」の可能性

「下町ロケット」を先取る農業の未来像


働き手不足など国内農業が抱える構造的課題に対して、町工場が誇る高い技術力や発想力でその解決に向けて取り組む仕事人たちの姿を描き、好評を得た2018年冬ドラマの「下町ロケット ゴースト・ヤタガラス」。そこで描かれた最先端農業を実践しているのが岩見沢市(松野哲市長)だ。長年にわたり築き上げてきたICT(情報通信技術)インフラを礎に、広い耕地を少ない人員で営農し、かつ品質と生産性の両方を向上させるという「スマート農業」。ドラマでは無人の農作業を実現させるロボットトラクターがクローズアップされたが、「スマート農業」の根幹は別のところにあった。同市のICT基盤整備の歴史を紐解きつつ、「スマート農業」の可能性を探る──。

----------------------------------------------------------------------

【特別寄稿】
全く機能していない「いじめ防止対策推進法」(前篇)

無為無策の中で生まれる犠牲者
文科省は初中等教育から撤退せよ


忠海 久(北海学園大学非常勤講師)

----------------------------------------------------------------------

【人】「ひきこもり支援」に尽力する田中敦さんの原点

「彼らが地域で活躍できる
居場所創りが本当の支援」

自身も経験した“リカバリー”の道程



「不登校・ひきこもりに至るには、心が“すり切れる”過程があった」──そう語るのは、本誌のひきこもり関連記事でお馴染みのNPO法人「レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク」の理事長で、ひきこもり当事者や家族支援活動に尽力する田中敦さん(53)だ。自身も中学時代、いじめがきっかけで不登校になったという田中さん。その田中さんの「心が“すり切れる”」とはどのような体験だったのか。彼の生い立ちを辿りながら、ひきこもり支援の原点となった本人のリカバリーの道程を紐解いてみた。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【連載】ルポ 「ひきこもり」㊶ ──苫小牧の家族会「まゆだまの会」を訪ねて

「8050問題」渦中の親が
家族会の語らいで得た救い



ひきこもりの長期化、高年齢化に伴い親も老いていく──。80代の親が50代の子供の面倒を見ながら地域に埋没していく、いわゆる「8050問題」。同じ境遇の家族が互いの悩みを共有し、子供との接し方を学ぶ家族会の親たちもまた、やがてくる「親亡き後」の現実を重く受け止め、動き始めている。苫小牧市の家族会を訪ね「8050問題」と向き合う親の姿や会の現状、課題などを取材した。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【連載】〝農と食〟北の大地から

産業用大麻の可能性(総括編)

厚労省の規制で金縛り状態の道庁
風前の灯火になった「ヘンプ栽培」



「産業用大麻(ヘンプ)栽培に向けた取り組みを進める」という高橋はるみ知事の公約が風前の灯火になっている。ヘンプの振興に舵を切り、知事の在任中に実施する施策の「工程表」もまとめた道農政部だったが、大麻事犯の発生が相次いで厚生労働省が規制強化に乗りだすと、後退を余儀なくされた。規制一辺倒の厚労省に対して及び腰になり、道議会も巻き込んで法律の見直しなどを提案するだけの熱意もない。昨年暮れの北海道産業用大麻可能性検討会には、幕引きを図るかのような「報告書案」が示され、一部の委員や各地で栽培に向けた活動に取り組む人たちから異論が噴出した。これまでの経緯を総括しつつ、転換期に差しかかった「産業用大麻の今」を追った。(ルポライター 滝川 康治)

----------------------------------------------------------------------

【フォトレポート・トピックス】

●受刑者熱唱 “塀の中の紅白” 月形刑務所でカラオケのど自慢大会
●石屋製菓の「恋するチョコレート」新たなラインナップ3商品を発売
●土屋ホーム「リズナス」に新商品 「ベーシック」を全道市場で展開
●函商生が手掛けた道南新スイーツ「りんごに恋した女子高生」好評
●ラリーの第一人者を招いて桜庭保険事務所が冬道講習
●道内企業・団体も大きな関心寄せる「スポフェスイン沖縄」4月に開催
●冬の札幌・函館で泡盛の魅力に酔う 「北海道泡盛の夕べ」
●サッポログループ〝ふるさとのために〟地震復興支援金3700万円以上を寄付
●カレスサッポロが飲食事業に進出 ドーナツとコーヒーの「CS café ウェザーリポート」

----------------------------------------------------------------------

【連載コラムなど】
*道北フォトエッセイ
*根掛かり人生
*視点 公共交通をどうする?
*風俗嬢のonとoff
*シネマ
*名画の小部屋
*スポーツ筆刀両断
*北海道⇄台湾フィルムプロジェクト
*時計GUYが行く
*新設企業情報
*人物株価
*古本屋女房の“古本的日常"
*乱の女
*このプラモ凄い‼︎
*デンタルエッセイ

----------------------------------------------------------------------
【今月の表紙】鈴木翁二画
『星の宇丹火芽「カルメン・マキ」』

同じカテゴリー(バックナンバー)の記事画像
北方ジャーナル2019年3月号
北方ジャーナル2019年1月号
北方ジャーナル2018年1月号
北方ジャーナル2018年11月号
北方ジャーナル2018年10月号
北方ジャーナル2018年9月号
同じカテゴリー(バックナンバー)の記事
 北方ジャーナル2019年3月号 (2019-02-15 00:00)
 北方ジャーナル2019年1月号 (2018-12-15 00:00)
 北方ジャーナル2018年1月号 (2018-11-15 00:00)
 北方ジャーナル2018年11月号 (2018-10-15 00:00)
 北方ジャーナル2018年10月号 (2018-09-25 00:00)
 北方ジャーナル2018年9月号 (2018-08-12 00:00)

Posted by 北方ジャーナル at 00:00│Comments(0)バックナンバー
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
北方ジャーナル2019年2月号
    コメント(0)