さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › サッポログループ、胆振東部地震復興へ3700万円以上を寄付

2018年12月20日

サッポログループ、胆振東部地震復興へ3700万円以上を寄付


左から尾賀社長・秋元市長・サッポロビール北海道戦略営業部の岩田邦彦部長の3人による記念撮影(12月18日)

「ふるさとのために、何ができるだろう?」を企業スローガンに掲げるサッポログループ。そのふるさとを襲った9月の北海道胆振東部地震に対し同グループは、甚大な被害を受けた安平町・厚真町・むかわ町・札幌市に総額3154万9000円の支援金を寄付している。内訳は持ち株会社のサッポロホールディングスから3000万円、154万9000円はグループ会社従業員からの寄付金だ。

11月26日にはグループを代表してサッポロビールの髙島英也社長が安平・厚真・むかわの3町を訪問。各738万7250円の支援金目録を、及川秀一郎安平町長・宮坂尚市朗厚真町長・渋谷昌彦むかわ町副町長にそれぞれ手渡した。

12月18日にはサッポロホールディングスの尾賀真城社長が札幌市役所を訪れ、938万7250円の支援金目録を秋元克広札幌市長に手渡した。尾賀社長は秋元市長に、「北海道をふるさととする企業として、少しでもお役に立てればと思い行動しました。被災された方々が早く日常生活を取り戻せられるよう、心から祈念しております。私達が出来ることはこれからもいろいろとお手伝いしていきたい」と話した。




上から安平町・厚真町・むかわ町での支援金贈呈式(11月26日、写真提供・サッポロビール)

紹介した4自治体への支援金寄付のほかにも、11月5日にはサッポロビールの生方誠司北海道本社代表が北海道コンサドーレ札幌スタッフの吉原宏太さんと共に北海道庁を訪問。10月1日から1カ月間販売した「サッポロ クラシック」の売上の一部(※1本の販売につき1円)、576万7079円を支援金として阿部啓二副知事に目録を贈呈している。
「ふるさとのために」サッポログループは一丸となって地震復興支援に尽力した。





同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
7回目を迎えたホテルオークラ札幌「江別フェア」
道内企業・団体も関心を寄せる「スポフェスイン沖縄」4月開催
ラリーの第一人者招き、桜庭保険事務所が冬道講習
社会医療法人社団 カレスサッポロがドーナツとコーヒーのお店「CS café WEATHER REPORT」をオープン
世界のVIPが絶賛した、ホテルオークラ伝統の「フレンチトースト」
さっぽろ地下街から始まったアインズ&トルぺ1号店がリニューアル
 7回目を迎えたホテルオークラ札幌「江別フェア」 (2019-03-07 09:55)
 道内企業・団体も関心を寄せる「スポフェスイン沖縄」4月開催 (2019-01-11 15:47)
 ラリーの第一人者招き、桜庭保険事務所が冬道講習 (2018-12-22 08:00)
 社会医療法人社団 カレスサッポロがドーナツとコーヒーのお店「CS café WEATHER REPORT」をオープン (2018-12-21 00:00)
 世界のVIPが絶賛した、ホテルオークラ伝統の「フレンチトースト」 (2018-12-12 15:32)
 さっぽろ地下街から始まったアインズ&トルぺ1号店がリニューアル (2018-11-16 10:20)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
サッポログループ、胆振東部地震復興へ3700万円以上を寄付
    コメント(0)