さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 政治経済 › 秋元克広札幌市長が自身の政経セミナーで事実上の出馬宣言

2018年11月04日

秋元克広札幌市長が自身の政経セミナーで事実上の出馬宣言

秋元克広札幌市長が自身の政経セミナーで事実上の出馬宣言
引き続き市政の舵取りに意欲を示した秋元市長(11月2日夕、ロイトン札幌3階ロイトンホール)

札幌市長・秋元克広氏(62)の「さっぽろ未来セミナー」が11月2日午後6時から札幌市内のホテルで開催された。毎年1回、11月初旬に行なわれている恒例の政経セミナーで、今年も約1000人の支援者が参加した。秋元氏は来春の市長選への出馬こそ明言しなかったが、「引き続き支援をお願いしたい」と述べ、再選出馬は既定路線であることを印象付けた。

秋元克広札幌市長が自身の政経セミナーで事実上の出馬宣言
満員となったセミナー会場

セミナーは、連合後援会と「さっぽろの未来をつなぐ市民の会」の共催。冒頭で両会の共同代表を務める加藤欽也氏(ほくていホールディングス社長、昭和交通代表取締役)が挨拶。加藤氏は「秋元さんが(2015年に)市長に就任して3年半が経ったが、この間、冬季オリンピック誘致や新幹線駅の位置、日ハムの本拠地移転、多発した市の職員不祥事などざまざまな問題があった。この中で、100点満点ではないけれども秋元市長は合格点だと認識している。来期に向かってしっかりと政策を考え、来年のどこかの時点で出馬の話が出ると思う。ニュートラルな立場で札幌を運営してほしい思いでいっぱい。皆さまには今後ともご支援を賜りたい」と語り、2期目についても期待感を表明した。

続いて登場した日本医療大学総長の島本和明氏(前札幌医科大学学長)が『ここまで進んだ心血管病の治療~健康長寿を目指して~』をテーマに約40分、特別講演を行なった。

その後、登壇したのが秋元市長。北海道胆振東部地震で全市に被害が出たため復旧、復興に向けて総額約190億円の補正予算を計上したこと、市長に就任してからトップセールスによって46社(約1400人の雇用)の企業誘致を実現したこと、さらにこの間に税収が56億円増加し、都心再開発では民間投資が今後も3000億円あまり見込まれることなどを市政報告として説明した。

秋元市長は最後に、「札幌の50年先、100年先を見据えたまちづくりの基盤をつくりたいと市政を進めてきた。課題はまだまだある状況の中で、改めて皆さま方に札幌についての考えをお話させていただく機会を頂戴したいと思っている。是非ともこの札幌、北海道が誰もが安心して暮らせるように皆さま方と一緒にまちづくりを進めたいのでご支援をお願いしたい」と意気込みを語って結んだ。2期目に向け再選出馬は間違いないと言っていいだろう。


同じカテゴリー(政治経済)の記事画像
【札幌市長選】優勢伝えられる現職秋元にアークス横山社長が忠言
【道知事選】胆振東部地震の被災地から声をあげた鈴木・石川両候補
【道知事選】告示までわずか。鈴木・石川両陣営の集会相次ぐ
NHKを退職した「森友スクープ記者」相澤冬樹氏が札幌で講演会
雨降って地固まった!? 鈴木直道前夕張市長が知事選に向け事務所開き
SATOグループが香港本社の大手会計事務所トライコー・グループと提携し、中小企業のアジア進出と多国展開を支援
同じカテゴリー(政治経済)の記事
 【札幌市長選】優勢伝えられる現職秋元にアークス横山社長が忠言 (2019-03-25 10:50)
 【道知事選】胆振東部地震の被災地から声をあげた鈴木・石川両候補 (2019-03-21 15:58)
 【道知事選】告示までわずか。鈴木・石川両陣営の集会相次ぐ (2019-03-19 18:30)
 NHKを退職した「森友スクープ記者」相澤冬樹氏が札幌で講演会 (2019-03-12 11:38)
 雨降って地固まった!? 鈴木直道前夕張市長が知事選に向け事務所開き (2019-03-11 10:44)
 SATOグループが香港本社の大手会計事務所トライコー・グループと提携し、中小企業のアジア進出と多国展開を支援 (2019-03-09 11:03)

Posted by 北方ジャーナル at 12:38│Comments(0)政治経済
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
秋元克広札幌市長が自身の政経セミナーで事実上の出馬宣言
    コメント(0)