さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › バックナンバー › 北方ジャーナル2018年10月号

2018年09月25日

北方ジャーナル2018年10月号




9月25日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】北海道胆振東部地震

激甚



「命名150年」の夏は、長く記憶され続けることになるだろう。創刊以来初めて発売が大幅に遅れた本誌は、被災者としてその大災害と向き合い、記録者として被害の一端を発信する立場に置かれた。マグニチュード6・7、最大震度7、震源地は胆振地方中東部。その激甚災害に直面した北海道の姿を、北海道の眼と耳で捉え、伝えよう。震える大地の傷跡は、何を語ったのか――。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】胆振東部地震 道都・札幌の3日間

190万都市、揺れる

2018.09.06. 札幌
「最大6弱」が襲った朝


9月6日未明に胆振地方を襲った大地震では、道都・札幌でも最大震度6弱を記録。本誌編集部のある東区をはじめ、市内各所で多くの市民が未経験の揺れに恐怖した。震源地・厚真町から直線にして50㎞離れた190万都市で、人々はどんな朝を迎え、また夜を過ごしたか。それぞれの声に、耳を傾けてみる。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】「ザイ・コンファーム社」小林健治氏の不法行為を追う

発覚した会社乗っ取り疑惑
狙いはブラックシリカ利権か
被害を訴える「慶宣」の元社長



この春以降、取り上げてきた株式会社ザイ・コンファーム(札幌市)の代表・小林健治氏についての続報だ。これまで本人の貸金業法違反問題などを中心に報じてきたが、ここに来て、不法行為による会社乗っ取り疑惑が新たに浮上した。狙われたと疑われるのは、広告代理店「慶宣」元社長・木村俊嗣氏が立ち上げたブラックシリカ事業を営むウッドプロジェクト(本社札幌)。発覚したのは、創業社長である木村氏の知らぬ間に小林氏が同社の代表取締役に就任するという異例の事態だ。現在、両者の争いは法廷にその場を移している。いったいなぜ、こんなことが起きたのか──。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える〈27〉

幹部の子弟、道外す
道警巡査部長が公然わいせつで逮捕
父親は異例人事で大規模署長退く



連続わいせつ犯検挙の報に安堵した地域住民は、その容疑者が警察官であることを知るに及んで絶句した。26歳の巡査部長は、同業の父親が住む実家の周辺で少なくとも1年以上前から、小学生など未成年の女性に下半身を露出し続けた。逮捕した北海道警は事件後、幹部職の父親を突然異動させることになる。大地震の話題に隠れて忘れ去られようとしている大不祥事の概要を、改めて伝えておきたい。(小笠原 淳)


----------------------------------------------------------------------

【ルポ】「札幌・ブラックアウトの夜」

闇に沈んだ巨大都市の恐怖
全停電で浮き彫りになった
北電の人災と札幌の脆弱さ



9月6日未明に起きた北海道胆振東部地震。道内過去最大となる震度7を記録した巨大地震は、震源地に近い厚真町で土砂崩れによる多数の犠牲者を出した。そればかりか苫東厚真火力発電所の機能停止に伴い、全道295万世帯が停電するというかつてない事態をもたらし、195万人都市札幌の機能も完全に麻痺させた。なぜ1カ所の火力発電所が緊急停止しただけで540万人の道民のライフラインが途絶えたのか。北電の全電源喪失という失態と泊原発再稼働はどう関係するのか。前代未聞のブラックアウトに陥った札幌の夜を走り回りながら考えた。(ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【報道】「出直し選挙」の博打に負けた小樽・森井前市長

市政の停滞招き離れた民意
“自らのしがらみ”で自滅した皮肉


8月26日に投開票された小樽市の出直し市長選は、無所属の新人で元市総務部長の迫(はざま)俊哉氏(60)が現職の森井英明氏(45)ほか無所属の新人2人を破り初当選を果たした。市議会との対立を理由に「しがらみを打破する」と出直し市長選を仕掛けた森井氏。だが、現職時代に議会や経済界と対立し、市政の停滞を招いた行政運営への批判を止めることはできなった。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【経済】路地裏経済ウォッチ・9月末に閉館する「さっぽろ芸文館」

道民に愛された芸術と文化の殿堂
“世界の扉”だった旧厚生年金会館




「さっぽろ芸術文化の館」(さっぽろ芸文館)のホールが9月末で閉館する。すでに8月末には隣接するホテル部門の営業が終了しており、来年度から建物の取り壊し作業が始まる。1971年に開館したこの施設は長く「北海道厚生年金会館」として親しまれ、2009年からは札幌市が所有。名称を「さっぽろ芸文館」に変更した。厚生年金会館の時代から市民、道民にとって世界一線級の文化、芸術に直接触れることができる貴重な体験の場だった。(佐久間康介)

----------------------------------------------------------------------

【連載】戦争遺産をめぐる旅 (41)

戦争の惨禍に倒れた多くの道民
札幌護国神社彰徳苑の慰霊碑群

数多の碑を刻んだ悲劇の歴史


札幌市の中島公園の南西端に接する形で札幌護国神社がある。そこは、明治10年の西南の役で亡くなった屯田兵をはじめ、道内における太平洋戦争までの戦没者、殉職した警察官や消防官らが祀られている場所だ。大鳥居手前の右側には戦没者の碑などが並ぶ「彰徳苑」と命名された一角があり、明治から昭和に至るまで、さまざまな戦争で戦死した人たちを顕彰し慰める慰霊碑群と、戦没者の名前を刻んだ墓誌が置かれている。終戦の日の8月15日、折しも平和祈念祭が行なわれていた札幌護国神社を訪ね、近代以降、常に戦争の最前線に立たされた北海道の歴史に思いを馳せた。(ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【寄稿】北海道百年記念塔の再生に向けて(最終回)

新しいアート施設を野幌に創造
百年記念塔は「大地に還る」リノベを



百年記念塔の再生に向けた提言の最終回である。第1回で問題提起を行ない、第2回から4回までは、過去に失われた多くの歴史的建造物の事例を紹介してきた。それらは貴重な建造物があっけなく解体され、道や札幌市が文化的資産を蓄積させるチャンスを失ってきた歴史でもある。(建築史家 井尻 哲男)

----------------------------------------------------------------------

【連載】ルポ 「ひきこもり」(37) ──知られざる民生委員の現場

孤立に陥りがちな社会で
求められる新たな見守り

民生委員の負担軽減は地域の課題


地域や家族の関係が希薄になる中で、「8050問題」や孤独死、児童虐待などの社会問題が深刻化している。こうした地域から孤立しがちな人たちを見つけ、適切な支援の手につなげるパイプ役として民生委員の役割がクローズアップされている。しかし、ボランティアとして地域福祉を担うその仕事は意外と知られていない。増加する孤独死に焦点を当てながら民生委員の現状を探った。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【ニュース】

■震度7の胆振東部地震で浮上した
 北海道経済の「新たなアキレス腱

 ──各産業で懸念広がる自然災害という不安要因

■リラィアブルが地元の芸術文化拠点
 釧路市民文化会館の命名権を取得

 ──9月から「コーチャンフォー釧路文化ホール」に

■国民民主の玉木氏が代表選で
 唱えた「コドモノミクス」とは

 ──閑散とした大通公園でぶちあげたバラ撒き政策の不毛

■音楽フェスを通じ泊原発廃炉を訴え
 盛り上がった岩内町の「とまロック」

 ──札幌などから200人が参加し、町内をパレード

■高架化迫る篠路駅周辺を“まち歩き”
 再開発と歴史的建物の共生を考える

 ──札幌軟石の倉庫群など貴重な地域資源の保存を訴え

----------------------------------------------------------------------

【メディア】
来訪と移住を喚起する“橋渡しマガジン”

全国に“ほっかいどうの魅力”を発信する情報誌『北海道生活』

----------------------------------------------------------------------

【医療】坂泌尿器科病院を運営する北腎会が公益性が高い社会医療法人に改組

来春、本院の移転新築工事着工へ
盤石の体制となるソフトとハード



昨年12月に開院30年の大きな節目を迎えた坂泌尿器科病院(札幌市北区/40床/坂丈敏理事長・院長)。泌尿器科の個人病院として日本一になる目標を掲げ船出した同院は現在、前立腺肥大症のHoLEP(ホーレップ=前立腺核出術)が2017年実績で約240症例と全国トップとなったほか、前立腺がん関連の患者数で道内一を数えるなど、名実ともに全国屈指の泌尿器科専門病院として確固たる地位を確立している。その同院が組織の社会医療法人化を踏まえ、新築移転という一大事業に乗り出した。医療機関としてソフトとハードを一新する坂理事長に、その狙いと思いを訊いた。(8月24日取材)

----------------------------------------------------------------------

【企業】

WEB年末調整「簡単年調」が好調推移
エコミック、大台の売上10億円へ躍進

着実に支持広げる給与計算アウトソーサー



企業活動に不可欠ながら収益向上には直結しない業務を代行し、生産力や営業力の向上に寄与するサービスを提供しているエコミック(本社札幌・熊谷浩二社長)。給与計算受託企業数は約650社、年末調整の処理実績で約700社30万人、住民税徴収額の更新業務が約600社20万人と、全国トップクラスの受注実績を誇る。昨年8月にはWEBを活用した新しい年末調整サービス「簡単年調」をリリースし、約5万人が受注。今年は倍の10万人を目指しているが、現在まで順調なペースで受注件数が積み上がっているようだ。創業20年の節目を超え、躍進を続ける同社の現状や展望について熊谷社長に訊いた。(8月21日取材)


----------------------------------------------------------------------

【医療】「ガンマナイフ」に最新装置を導入した札幌の中村記念病院

リニューアルしたガンマナイフで
脳疾患の放射線治療が大きく前進



日本有数の脳神経外科専門病院として知られる社会医療法人医仁会中村記念病院(札幌市中央区/中村博彦理事長・院長/499床)は、脳内疾患専用の定位放射線医療装置「ガンマナイフ」の機能更新を行ない、8月27日から本格稼動させた。脳腫瘍などの治療効果をより高めるため、同病院の「ガンマナイフパーフェクション」に付属装置「Icon(アイコン)」を導入。ハードとソフト全体の更新によって治療困難とされた病変部をはじめ、より大きな腫瘍などにも対応を可能にした。国内におけるガンマナイフ治療をリードする同センターの取り組みを中村理事長に訊いた。(8月28日取材)

----------------------------------------------------------------------

【エネルギー】未来を先取りした「水素プロジェクト」

水素社会を拓く道内初の事業
商用移動式水素ステーション

エア・ウォーターが札幌の月寒でスタート



地球環境問題とエネルギー問題を同時に解決する次世代エネルギーとして期待が高まっている水素。2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会で、国は選手村のエネルギー供給や移動手段として水素の利用を世界に向けて発信する意向だ。北海道でも道や札幌市が、水素社会に向けて燃料電池自動車(FCV)の普及を進めている。そんな中、産業ガス大手のエア・ウォーター(本社大阪市/豊田昌洋会長CEO)が今年3月、北海道で初めて札幌市内の月寒に商用の移動式水素ステーションをオープンした。水素社会の到来を予感させる同ステーションを訪ね、近未来を体感してみた。

----------------------------------------------------------------------

【インタビュー】故郷の釧路とアフガンを応援する写真家・長倉洋海 氏に訊く

被写体に共感・感動する瞬間が
自分自身のシャッターチャンス

いま地元で伝えたい「世界と自分」



土門拳賞などを受賞し、世界的なフォトジャーナリストとして知られる長倉洋海氏(65)が3年前から地元貢献に力を注いでいる。雑貨店だった釧路の実家を拠点に写真家としての経験と知識を語り伝える「長倉商店塾」がそれだ。カメラを手に世界67カ国を歩いてきた長倉氏がいま故郷で伝えたいものとは何なのか。折しも釧路に滞在中の同氏を訪ね、自身の生き方と写真家としての活動に深い影響を与えたアフガニスタン抵抗運動の指導者マスードへの思い、彼の死後に長倉氏のライフワークとなったアフガン教育支援の現状なども併せて訊いた。(聞き手=本誌編集長・工藤年泰。8月24日取材)

----------------------------------------------------------------------

【行政】小樽の「出直し市長選」に勝利した迫俊哉市長に訊く

全ての施策を市民目線で見直し
議会・経済界との関係を再構築



「おたる再起動」をスローガンに掲げ、前職の森井英明氏ら3人を制して8月26日に初当選した迫(はざま)俊哉小樽市長(60)。市議会や経済界との対立、停滞した市政とまちづくりなど、これまでの森井市政で積み上がった負の遺産をどう解消するのか。そして小樽再生に向け、どんな舵取りをしていくのか。課題が山積する中で就任した迫市長に今後の市政運営の方針と決意を訊いた。(9月4日取材・聞き手=武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【企業】
設立10周年を迎えた「北海道ツアーズ」

北海道と沖縄の結び付きを強め
両地域に新たな地域活力を創出



旅行会社の沖縄ツーリスト(本社那覇)札幌営業所として北海道に拠点を構え、まもなく40年。2008年には現地法人化し、今年2月に設立10周年の大きな節目を迎えた北海道ツアーズ(本社札幌)。道産子には沖縄の魅力を、島人(しまんちゅ)には北海道の魅力を伝える懸け橋として長年にわたり尽力すると共に、ほかには無い個性的な切り口の道内旅行商品なども手掛け、国内客・海外客の双方から着実に支持を広げている。その同社が近年力を入れているのが、観光のみならずビジネスマッチングなども含めた北海道と沖縄の包括的な交流の推進。北と南のさらなる結び付きの強化を目指す平良健社長に、同社のこれまでの歩みや今後の展望などを訊いた。(8月28日取材)

----------------------------------------------------------------------

【人】
燃焼系ギター弾き 卜部 淳さん

ステージで常に完全燃焼
フリースクールで出会った
音楽で己の熱い魂を表現



「生身の音で闘ってやる、生身の言葉で闘ってやる」──。強烈なメッセージを放つ楽曲『アコギ1本勝負』が札幌市内のライブバーで話題となっている。作詞・作曲したのは“燃焼系ギター弾き”、卜部淳(40)さんだ。音楽活動に軸足を置いたフリースクール札幌VOのスタッフとして「元気玉ライブ」を企画運営。2年前から市内のライブバーに出演するなど活動の場を広げ、この夏には『アコギ~』などオリジナル3作品を収録した初のCDも制作した。「ステージでは常に完全燃焼したい」と語る卜部さんに音楽にかける思いを聞いた。(聞き手・武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【連載】〝農と食〟北の大地から

「種子法」廃止と北海道農業の行方(その5)
~道条例の「骨子案」に意見噴出~

優良品種を軸に対象品目を広げて
生産者活かす北海道らしい条例を



高橋はるみ知事が第2回定例道議会で、種子法の廃止を受けて新たな道条例の制定を表明したことを踏まえ、関係団体からの意見聴取や道の審議会での議論などの動きが加速している。しかし、道農政部が示した条例の「骨子案」は対象作物を従来の3品目(稲・麦類・大豆)に限定しており、生産現場の実態や消費者意識との乖離が目立つ。道が認定してきた「優良品種」の位置づけがはっきりせず、道民が不安視する多国籍企業などへの種子や種子情報の流出防止も曖昧である。審議会の委員からも「対象品目を広げるべきだ」「消費者目線が感じられない」などの声が相次ぐ。今こそ、「優良品種」を軸に対象品目を拡大し、北海道らしさを打ち出した条例を制定すべきだ。(ルポライター 滝川 康治)

----------------------------------------------------------------------

【フォトレポート・トピックス】

●恵庭OL再審、高裁も棄却 出所の大越さんが特別抗告
●被災者としての「その日」 札幌を襲った“非日常”
●月形町「囚人墓地」で慰霊の式典 開拓の一端担った功労者たち偲ぶ
●今年も晩夏を盛り上げたニトリ 新たな美術品公開、白熱のニトリレディス
●ミルフィーユ菓子に上質な新商品が登場「美冬 3種のベリーとチーズ」
●秋のドライブは「有珠山ロープウェイ」を拠点に紅葉の名所「洞爺湖有珠山エリア」へ!
●正栄プロジェクト特別協賛のイーグルカップ 医療支援などの義援金は395万円に
●登別出身の三つ星シェフ、中道博氏がホテルオークラの地域フェアイベントで講演

----------------------------------------------------------------------

【連載コラムなど】
*道北フォトエッセイ
*根掛かり人生
*視点 公共交通をどうする?
*風俗嬢のonとoff
*シネマ
*名画の小部屋
*スポーツ筆刀両断
*北海道⇄台湾フィルムプロジェクト
*時計GUYが行く
*新設企業情報
*人物株価
*古本屋女房の“古本的日常"
*乱の女
*このプラモ凄い‼︎
*デンタルエッセイ

----------------------------------------------------------------------
【今月の表紙】鈴木翁二画
『秋のみち』

同じカテゴリー(バックナンバー)の記事画像
北方ジャーナル2018年9月号
北方ジャーナル2018年8月号
北方ジャーナル2018年7月号
北方ジャーナル2018年6月号
北方ジャーナル2018年5月号
北方ジャーナル2018年4月号
同じカテゴリー(バックナンバー)の記事
 北方ジャーナル2018年9月号 (2018-08-12 00:00)
 北方ジャーナル2018年8月号 (2018-07-14 00:00)
 北方ジャーナル2018年7月号 (2018-06-15 00:00)
 北方ジャーナル2018年6月号 (2018-05-14 00:00)
 北方ジャーナル2018年5月号 (2018-04-14 00:00)
 北方ジャーナル2018年4月号 (2018-03-15 00:00)

Posted by 北方ジャーナル at 00:00│Comments(0)バックナンバー
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 32人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
北方ジャーナル2018年10月号
    コメント(0)