さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › ニトリレディスの前夜祭で「ティファニー・ステンドグラス」の点灯式を挙行

2018年08月23日

ニトリレディスの前夜祭で「ティファニー・ステンドグラス」の点灯式を挙行


点灯式で挨拶する似鳥昭雄氏(8月21日夕)

【リアルエコノミー提携記事】8月23日から26日までの4日間、小樽市の小樽カントリー倶楽部で開催される第9回「ニトリレディスゴルフトーナメント」。このニトリレディスを前にプロアマ大会に出場する女子プロ選手と道内外の経済人らが集う恒例の前夜祭が同月21日、小樽芸術村で開かれた。この前夜祭に華を添えたのが、小樽芸術村の似鳥美術館で新たに公開されるステンドグラスギャラリーの点灯式だ。


ティファニーのステンドグラスに触れる似鳥会長

このステンドグラスは、米国の光の芸術家と称されるルイス・C・ティファニーの作品で32組が展示されている。ニトリホールディングス会長兼CEOで公益財団法人似鳥文化財団理事長の似鳥昭雄氏は、「およそ120年前にニューヨークの自由の女神像の近くにあった教会のステンドグラスを日本人が買って長く倉庫に眠っていた。それを追い求めていたが、今年6月になってようやく見つけた。この美術館に移して組み立てるのに普通なら1年以上かかるものをこの前夜祭に間に合うように2カ間の突貫工事で設営した」と挨拶、集まった経済人ら約130人はステンドクラスに光が灯されると一斉に歓声を上げた。

続いて、同文化財団理事でバラエティ番組「開運!なんでも鑑定団」に出演している西洋アンティーク専門家の田中健氏が挨拶。その田中氏は、「ニューヨーク五番街にティファニーという宝石店があるが、その子息のルイス・C・ティファニーは絵描きだった。アールヌーボー時代のフランスに渡りガラスに出合ってガラス工芸家として育っていった。ガラスの作り方がアメリカとヨーロッパとでは全く違う。この芸術村にはイギリスのステンドグラスが展示されているが、今回アメリカのものが揃った。ニつ揃っている美術館はここしかない」と稀少さを強調していた。(こ)

同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
7回目を迎えたホテルオークラ札幌「江別フェア」
道内企業・団体も関心を寄せる「スポフェスイン沖縄」4月開催
ラリーの第一人者招き、桜庭保険事務所が冬道講習
社会医療法人社団 カレスサッポロがドーナツとコーヒーのお店「CS café WEATHER REPORT」をオープン
サッポログループ、胆振東部地震復興へ3700万円以上を寄付
世界のVIPが絶賛した、ホテルオークラ伝統の「フレンチトースト」
 7回目を迎えたホテルオークラ札幌「江別フェア」 (2019-03-07 09:55)
 道内企業・団体も関心を寄せる「スポフェスイン沖縄」4月開催 (2019-01-11 15:47)
 ラリーの第一人者招き、桜庭保険事務所が冬道講習 (2018-12-22 08:00)
 社会医療法人社団 カレスサッポロがドーナツとコーヒーのお店「CS café WEATHER REPORT」をオープン (2018-12-21 00:00)
 サッポログループ、胆振東部地震復興へ3700万円以上を寄付 (2018-12-20 15:44)
 世界のVIPが絶賛した、ホテルオークラ伝統の「フレンチトースト」 (2018-12-12 15:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
ニトリレディスの前夜祭で「ティファニー・ステンドグラス」の点灯式を挙行
    コメント(0)