さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 故・西村昭男氏「お別れの会」に300人 カレスサッポロに生き続ける理念「愛と信頼の輪」

2018年03月31日

故・西村昭男氏「お別れの会」に300人 カレスサッポロに生き続ける理念「愛と信頼の輪」


西村氏の遺影を背に謝辞を述べる大城理事長(3月31日午後、ロイトン札幌2階ハイネスホール)

「医の巨人」「北緯43度のドンキホーテ」。さまざまな形容詞で語られ、医療界に大きな足跡を残した社会医療法人社団カレスサッポロ前理事長・西村昭男氏(享年87)──。同氏の「お別れの会」が3月31日午後、札幌市内のホテルで開かれ、参列した約300人が故人との別れを惜しんだ。


弔辞を述べる長瀬清・北海道医師会会長

西村氏は1978年、北大医学部助教授の座を投げ打ち、室蘭に赴任。瀕死の状態だった日本製鋼所病院(当時)を立て直し、3次救急までを担う全道トップクラスの医療機関に仕立て上げたことで知られる。その後は経営不安を抱える札幌圏の病院の再編に力を注ぎ、次代における病院経営のあり方を実践の中で示し続けた。

2010年8月にはカレスサッポロの理事長職を大城辰美氏に譲り、医療関係の公職も全て辞した同氏。以後は、農業など異分野に挑戦し元気な姿を見せていたが、近年は体調を崩すことが多くなり、さる3月4日午後、脳梗塞のため入院先の聖ヶ丘病院(社会医療法人慈恵会・虻田郡洞爺湖町)で逝去していた。

「お別れの会」では黙祷を全員で捧げた後、長瀬清氏(北海道医師会会長)、中島保明氏(北大第一外科同門会長)、相澤孝夫氏(日本病院会会長)、寶金清博氏(北大病院病院長)らが弔辞を読み上げ、西村氏の功績を讃える同時に故人との思い出をそれぞれ披露。このほかにも親交が厚かった小林博氏(札幌がんセミナー理事長)ら4名が「贈る言葉」として心温まる話を参列者に紹介した。

献花の後で参列者に謝辞を述べた大城理事長は、過去のエピソードを交えながら「西村先生の無茶ぶりにはしばしば悩まされました」と会場を笑わせつつ恩師の逝去を惜しんでいた。

西村氏が道内における地域医療の安定と質的向上に大きく貢献したことは、多くの関係者が認めるところだ。今回、その“巨星”は墜ちたが、同氏が医療事業で掲げた「愛と信頼の輪」という理念は、今もカレスサッポロで生き続けている。(く)


それぞれが在りし日の「西村先生」を偲んだ




同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
ホクレン女子陸上部、市民ランナーに“楽しい走り方”をレクチャー
オークラ札幌、池田町フェア開催。健康美人がテーマのランチも提供
小樽で日本の伝統文化に親しもう 第10回「和を遊ぶ」6月10日開催
サッカー少年・少女を応援する「YURIKOサッカースタジアム」
財さつ講演会で森田実氏が課題山積の国政・道政に喝
クラフトビールに本麒麟、キリン試飲会で注目商品ズラリ
 ホクレン女子陸上部、市民ランナーに“楽しい走り方”をレクチャー (2018-05-15 16:10)
 オークラ札幌、池田町フェア開催。健康美人がテーマのランチも提供 (2018-05-02 17:00)
 小樽で日本の伝統文化に親しもう 第10回「和を遊ぶ」6月10日開催 (2018-05-01 18:36)
 サッカー少年・少女を応援する「YURIKOサッカースタジアム」 (2018-03-23 12:10)
 財さつ講演会で森田実氏が課題山積の国政・道政に喝 (2018-03-03 11:36)
 クラフトビールに本麒麟、キリン試飲会で注目商品ズラリ (2018-02-19 13:21)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
故・西村昭男氏「お別れの会」に300人 カレスサッポロに生き続ける理念「愛と信頼の輪」
    コメント(0)