さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › バックナンバー › 北方ジャーナル2018年4月号

2018年03月15日

北方ジャーナル2018年4月号




2月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】道警不祥事から考える〈23〉

「強制性交」懲戒せず
道警不祥事2017年出揃う
轢き逃げ疑い2件も懲戒なし



一昨年初頭から誌面で報告し続けてきた地元・北海道警察の不祥事問題。マスコミ発表されない未発表事案は昨年・2017年も相当数に上り、その中には事件化されていたケースも少なくない。同年“第4四半期”の概要を公文書開示請求で掘り起こしてみたところ、そこには深刻な事件で捜査されていながら懲戒処分を逃がれた事案などが含まれていた。捜査機関が口を閉ざし続ける事実を、引き続き墨塗りだらけの文書から読みとってみる。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】「開かれた司法」が閉じ始めた〈12〉

手荷物検査、検察でも
春にも金属探知機設置へ
契機「ない」と札幌高検



本誌がたびたび報告してきた札幌の裁判所庁舎の手荷物検査開始から、もうすぐ丸5年。ここに来て隣接する検察庁の庁舎でも同様の検査が始まることがわかった。全国8カ所の高検ではすでに札幌と高松を除く6庁で手荷物検査を実施中で、残る2カ所がこの春ほぼ同時に、他庁の取り組みに追随する形だ。地元の法務・司法関係施設はこれでまた一歩、国民の足を遠ざけることになる。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道宅建協会相談役・船越谷嘉一氏の大失態

ススキノの「10億円土地取引」で
名門のフナコシヤが契約不履行

札幌地裁は違約金1億円の支払いを命令



インバウンドなど観光客の増加で、客室不足が懸念される北の国際都市・札幌。ホテル建設用地の争奪戦が繰り広げられる中、ススキノで売り出された600坪余の土地をめぐる契約不履行事件が発生した。決済期限に代金を払わず、違約金請求にも応じなかったため売主から訴訟を提起されたのは「クルーザーシリーズ」で知られるマンション事業者、株式会社フナコシヤ(本社札幌)だ。同社の船越谷嘉一社長(73)は公益社団法人北海道宅地建物取引業協会(以下北海道宅建協会)相談役で、札幌商工会議所常議員という地位ある立場。10億円あまりの土地代金を用意できず、訴訟を起こされた同社に何が起きていたのか。昨年末、札幌地裁は同社に1憶円余の支払いを命じたのだが…。(ジャーナリスト・長縄三郎)

----------------------------------------------------------------------

【交通】北海道新幹線「札幌駅ホーム」の行方

利用者の声に耳を傾けないまま
「大東案」濃厚の新幹線駅問題



北海道新幹線の札幌駅ホーム位置をめぐる問題は、どうやら現在の札幌駅から200〜300メートル東に離れた創成川を越える「大東案」に決着しそうな雲行きだ。2年前からの論議では、現在の駅に設置する「現駅案」とJRタワーに一部がかかる「東案」、さらに昨年秋には「地下案」まで飛び出し、「いったいどうなってるの?」と首を傾げたくなるような混乱が続いてきた。そもそもの疑問は、利用者の声を全く無視したまま決定していいのかということだ。(ジャーナリスト・黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【地域】銭函移住者物語(前篇) ミュージシャン・中田雅史さん

「札幌でもない 小樽でもない」
正直な気持ちで生きられるまち



小樽市東部に位置する銭函。石狩湾に臨み、江戸時代にはニシン漁で賑わったこの地について、郷土史家の掘耕氏は「札幌でもない 小樽でもない」と『銭函の話』に記している。かつては、ゴミの散乱する海水浴場を揶揄し、「ゴミバコ」とも呼ばれた銭函だが、近年はミュージシャンやサーファーなどライフスタイルにこだわりを持つ若い世代が移り住む人気のエリアとなっている。移住者の暮らしぶり、まちづくりなどを取材し、銭函の魅力を探ってみた。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【インタビュー】伊藤組土建・伊藤義郎 名誉会長に未来への針路を訊く

北海道は一次産業で立て直せ
先端技術を活用し食の王国に



明治の時代から道内の建設業をリードし、今年創業125年を迎えた伊藤組土建。その3代目当主として取締役名誉会長を務める伊藤義郎氏は、半世紀以上に亘って北海道経済の最前線に身を置いてきた。奇しくも今年は北海道命名150年の節目の年。温故知新を今一度胸に刻み、未来を切り開いていく原点の年にしていくべきだろう。数多の苦労を乗り越えて年輪を重ね、現在91歳となった伊藤会長が考える北海道の将来像とはいかなるものか。その同氏は北海道スキー連盟会長でもある。平昌冬季五輪に関する講評や拓銀破綻時のエピソードなどを交えながら、未来への針路を訊いた。(2月22日収録)

----------------------------------------------------------------------

【経済】「拓銀破綻20年」─そこから私たちは何を学んだか─(最終回)

破綻の最大原因は不良債権の
半分以上を作った関係会社だ

北海道拓殖銀行元頭取 河谷 禎昌 氏



北海道拓殖銀行が経営破綻してから21年目に入り、北海道経済は課題を抱えつつ平穏を取り戻している。こうした平時にこそ振り返っておかなければならないのは、何が原因で拓銀は破綻したのかということ。破綻は必然だったのか、偶然が重なり合った結果だったのか。歳月が枝葉を取り除き幹の姿が現れてきた今こそ、「拓銀破綻」は総括されるべきテーマと言える。シリーズ最終回は、拓銀最後の頭取である河谷禎昌氏に登場してもらった。破綻前後の苦悩を恬淡として語る河谷氏。その言葉には多くの教訓が潜んでいた。「真面目に生きてきた」河谷氏が辿り着いた境地とはどんなものだろうか。(企画・執筆=佐久間康介)

----------------------------------------------------------------------

【連載】検証「泊原発は本当に必要なのか」(32)

道は北電へ忖度し無責任な試算
厳冬期の避難訓練は疑問だらけ

住民無視の防災パフォーマンス?


一寸先も見えないような猛吹雪の際に原発事故が起きたらどうすればいいのか──。泊原発で暴風雪時に重大事故が起きたことを想定した「北海道原子力防災訓練」が2月8日、原発から30キロ圏内の後志管内13町村と、避難所がある受け入れ先の周辺自治体で行なわれた。道庁による厳冬期に5キロから30キロ圏内の住民が一時避難する大規模な訓練は今回が初めて。泊原発の廃炉を目指す市民グループ「道民視察団」(太田規之代表)の視察に同行して、防災訓練の現場を垣間見た。(ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------


【ニュース】

■「不味くて、とても食べられない」
 患者よりもコストと効率を優先?

 ──北海道大野記念病院の給食に改善を求める声

■札幌市北京事務所長の就労ビザ延長を
 中国側がNO。Mビザ入国の異例事態

 ──若手押し退けポスト得たベテランの勇み足か

■札高検・地検トップ相継ぎ着任
 会見の録音・撮影制限、今後も

 ──ともに初の道内勤務、再犯防止の意義強調

■米出身の詩人アーサー・ビナードさん
 日本の原発政策・偏向報道を痛烈批判

 ──約60の道内反原発団体が結集した3・1集会で講演

■京極町道の駅施設・名水プラザ
 指定管理が4月から恵庭開発へ

 ──人気観光名所の中で苦戦した箱物経営を刷新

■「フォーラム4」掲げる元経産省官僚
 古賀茂明氏が札幌で勉強会を立ち上げ

 ──入塾には年齢、性別、職業、居住地、国籍問わず

----------------------------------------------------------------------

【連載】戦争遺産をめぐる旅 (35)

今なお慰霊の石灯篭建立が続く
鹿児島「知覧飛行場跡」の記憶

若者に伝えたい“特攻”の真実


鹿児島県南九州市の陸軍知覧飛行場跡には、給水塔や操縦士の訓練のために使用した施設など、いくつかの遺構が残る。戦後20年間ほどは放置され、荒れ放題だったが、特攻観音の建立を機に現在の知覧特攻平和会館の建設に至っている。また平和会館の周囲には、全国からの寄付によって千数百本の灯篭が建てられ、特攻で戦死した若者を慰霊する聖地になっている。3月号に続き、1月末に訪れた知覧飛行場跡をレポートする。 (ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【企業】ホーム企画センターの社長に復帰し業績を回復させた青木雅典 氏に訊く

人間尊重を貫いた青木イズム
これからは事業承継の検討へ



「炭の家」で知られる北海道の戸建て注文住宅メーカーのホーム企画センター(本社札幌)。創業者の青木雅典氏(82)が昨年4月から社長に復帰、現場を再びリードするようになってまもなく1年を迎える。道内の戸建て住宅業界は、少子高齢化や人口減少の影響で着工戸数が減少、本州大手の参入もあって厳しい生き残り競争に晒されている。その中で、業界で話題になっているのが青木氏の復帰によって業績が大幅に回復し、赤字からV字回復した同社だ。現在、会長と社長を兼務する青木氏はホーム企画センターの今後をどう方向づけているのか。彼の胸中にあるのは事業承継という意外な決意だった──。(2月23日収録)

----------------------------------------------------------------------

【医療】法人をあげて〝働くお母さん〟を全面支援

カレスサッポロビルに企業主導型保育所
「キッズタイム」が3月1日、オープン



時計台記念病院や北光記念病院などを運営する社会医療法人社団カレスサッポロ(本部札幌・大城辰美理事長)が3月1日、札幌市中心部の自社ビル内にカレス保育園「キッズタイム」(小原淳園長=時計台記念病院事務部長)を開設した。待機児童解消に向けた国の「企業主導型保育事業」の認可を受けた保育所として、育児中の職員の働く環境を整備。「地域枠」も設け、受け入れ対象を関連企業に勤務する人たちの子供にも拡大していく予定だ。〝働くお母さん〟を応援するカレスサッポロの取り組みをレポートする。

----------------------------------------------------------------------

【企業】サッポロビールと恵庭市の深い絆

サッポロビール北海道工場は
恵庭市民が誇るランドマーク

互いの感謝の思いを形にした“恩返し”



1989(平成元)年に稼働した恵庭市のサッポロビール北海道工場。豊かな自然に囲まれたこの工場は、地元住民も気軽にくつろげる憩いの場として定着しているほか、海外観光客の関心も高く、工場見学客のうち約25%を外国人客が占めるほどの人気観光スポットになっている。また、恵庭市のふるさと納税でダントツ人気の返礼品は、同工場の主力商品である北海道限定生ビールの「サッポロクラシック」だ。このほか、例年夏に催しているイベント「おんこ祭」では、売上の一部を社会福祉の用途として市に寄付するなど、同工場の地域貢献は経済的側面にとどまらず、観光やまちづくりなど多岐に及んでいる。サッポロビールと恵庭市の強い結び付きを現地で取材した。

----------------------------------------------------------------------

【提言】「フェアトレード北海道」萱野智篤代表の提言

“海の向こうの生産者”を守るため
札幌市をフェアトレードタウンに



発展途上国の産品を適正な価格で取り引きするフェアトレード運動をまちぐるみで進める自治体に対して認定する「フェアトレードタウン」。その普及と推進に取り組んできた札幌市の市民団体が認定取得に向けて動きを活発化させている。審査機関への申請には市議会の議決と市長の支持宣言が必要となり、新年度中に条件が整えば2019年度にも認証を取得できる可能性が出てきた。札幌市が認証されると国内では5都市目となる。「フェアトレード北海道」代表で北星学園大学教授の萱野智篤さん(58)に、この運動の理念や目的を訊いた。(2月13日収録・武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【人】「教文13丁目笑劇一座」座長 鷹野 学さん

観客も参加できる体験喜劇で
〝ありのまま〟を受け入れる
幸せな笑いの舞台を創出



道民はシャイで恥ずかしがり屋が多いと言われる。そんな北海道で2008年に誕生したのが、札幌の市民喜劇団「教文13丁目笑劇一座」(以下笑劇一座)だ。芝居経験のあるなしにかかわらず誰もが参加でき、演者も観客も笑って元気な街づくりを目指す──をコンセプトに発足から10年。北海道に笑いという新たな文化は定着したのだろうか。立ち上げメンバーの一人で、座長を務める鷹野学さん(54)に10年の歩みと新たなステージに向けての意気込みを聞いた。(聞き手・武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【連載】ルポ 「ひきこもり」(31) ──「長期化と高齢化」への処方箋

孤立しがちな当事者家族に
手を差し伸べる地域の動き


津別・小樽・札幌、それぞれの取り組み



ひきこもりの長期化と高年齢化が深刻な社会問題として浮上する中で、札幌のNPO法人「レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク」(田中敦理事長、以下レタポス)が昨年10月から小樽市内でスタートした、当事者の居場所づくり事業「ひきこもりサテライト・カフェin小樽、以下カフェ」(本誌2017年12月号〜18年3月号参照)の取り組みが注目されている。さる2月下旬には、オホーツク管内津別町の社会福祉協議会や町職員ら5人がカフェの視察に訪れるなど、制度の枠組みから外れた人たちをサポートする“支援モデル”として期待が高まっている。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【連載】〝農と食〟北の大地から

「種子法」廃止と北海道農業の行方(その1)
農業ジャーナリスト・安川誠二さんに訊く廃止の背景

地域の優良種子の安定供給に暗雲
大企業が参入する流れに対抗を



昨年4月の国会で、稲・麦類・大豆の優良種子の生産・普及を都道府県に義務づける「主要農作物種子法(略称:種子法)」の廃止が決まり、4月1日に施行される。農業関係者らの間には地域の優良種子を安定的に調達できなくなることへの不安が広がる一方、「農業競争力強化」の名の規制緩和により、グローバル企業の種子ビジネスへの参入や遺伝子組み換え(GM)作物導入への道を開くのではないかとの危惧の声も──。新潟や兵庫では県独自の「種子条例」制定の動きがあり、2月末の道議会代表質問でも田中芳憲議員(自民)が高橋はるみ知事の見解を質した。「種子法」廃止に至る経緯や今後の影響などについて、農業ジャーナリストの安川誠二さんに訊いた。(ルポライター 滝川 康治)

----------------------------------------------------------------------

【フォトレポート・トピックス】

●財さつ講演会で森田実氏が課題山積の国政・道政に喝
●ブラインドサッカー・クラブ選手権で「ナマーラ北海道」が準優勝の大躍進
●ホテルオークラ札幌で「江別フェア」 貴重な「えぞ但馬牛」メニューも提供
●サンエスグループのCAVが道内で初となる企業価値認定
●元日本チャンプが率いる北海道畠山ジム 老若男女がボクシングを楽しむ
●ニッカブランド発祥の北海道で限定発売 「ブラックニッカ ハイボール香る夜」
●クラフトビールに新商品「本麒麟」 キリンの18年販売戦略スタート
●太陽財団、北海道を盛り上げる 今期24事業に1200万円を助成
●第21回「北海道泡盛の夕べ」 寒さ吹き飛ばす南国の宴に酔う

----------------------------------------------------------------------

【連載コラムなど】
*道北フォトエッセイ
*根掛かり人生
*視点 公共交通をどうする?
*風俗嬢のonとoff
*シネマ
*須賀章雅のよいどれブンガク夜話
*名画の小部屋
*スポーツ筆刀両断
*北海道⇄台湾フィルムプロジェクト
*時計GUYが行く
*新設企業情報
*人物株価
*古本屋女房の“古本的日常"
*乱の女
*僕の妻、乳がんになる
*デンタルエッセイ

----------------------------------------------------------------------
【今月の表紙】鈴木翁二画
『来訪』

同じカテゴリー(バックナンバー)の記事画像
北方ジャーナル2018年7月号
北方ジャーナル2018年6月号
北方ジャーナル2018年5月号
北方ジャーナル2018年3月号
北方ジャーナル2018年2月号
北方ジャーナル2018年1月号
同じカテゴリー(バックナンバー)の記事
 北方ジャーナル2018年7月号 (2018-06-15 00:00)
 北方ジャーナル2018年6月号 (2018-05-14 00:00)
 北方ジャーナル2018年5月号 (2018-04-14 00:00)
 北方ジャーナル2018年3月号 (2018-02-15 00:00)
 北方ジャーナル2018年2月号 (2018-01-15 08:00)
 北方ジャーナル2018年1月号 (2017-12-15 00:00)

Posted by 北方ジャーナル at 00:00│Comments(0)バックナンバー
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
北方ジャーナル2018年4月号
    コメント(0)