さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 財さつ講演会で森田実氏が課題山積の国政・道政に喝

2018年03月03日

財さつ講演会で森田実氏が課題山積の国政・道政に喝


「来年の統一地方選を機に北海道を再出発させるべき」と語った森田氏(2月26日夕、札幌パークホテルで)

財界さっぽろ(舟本秀男社長)は、政治評論家・森田実氏(85)が昨年末に上梓した「森田実の永田町政治に喝!」の出版を記念して2月26日夕、同氏を講師に招いた講演会を札幌市内のホテルで開催。約350人が詰め掛けた。
講演で森田氏は「北海道政治に喝!~どうする知事選、どうなる道内政界の力学~」と題し、今の国政や道政の課題に喝を入れながら北海道という地域が持つ大きな可能性についても言及した。
 


大勢の聴衆の前に冴え渡った森田氏の“喝”

前述の書籍「森田実の永田町政治に喝!」は、財界さっぽろが2012年5月号から連載している同名の2ページコラムを再構成して同社が出版したもの。誌面での連載は、直近の2018年3月号までで71回を数える。

講演会の冒頭、舟本社長は挨拶の中で「国政におけるご意見番である森田先生が、地方の出版社に対して連載を寄稿してくださり、また書籍化もできたことは大変光栄に思います」とエール。
その後、演台に立った森田氏は「スピードスケートの高木姉妹やカーリング女子の応援で寝不足です。こうした選手たちの活躍が日本に良い意味で喝を入れてくれたことは、とても嬉しく思います」と、冒頭で道内ゆかりの平昌冬季五輪選手の好成績に触れ、その場を和ませた。
また、森田氏と同郷の静岡県出身で北海道開拓にも大きな功績を残した金原明善に依田勉三、札幌農学校が生んだ偉大な国際人である内村鑑三、新渡戸稲造への敬意から自身も北海道が好きになったというエピソードも話した。

そして現在の社会問題について言及。「自分さえ良ければ思想」と表現した利己主義の蔓延や、第一次オイルショック以後から浸透し始めた競争原理を是とする新自由主義に強い警鐘を鳴らし、「日本には“世の為、人の為”という考え方があるが、それを真っ向から否定する考え方が根付き出している」と語気を強めたのち、「そのために絶望感やニヒリズムが今の社会に広がっている」と危惧した。

道政に関しては、加速する少子化に歯止めをかけることも踏まえて、教育に重点を置くべきと主張。
「北海道開拓は教育者が中心になって成し遂げたではないか。この大自然の中で子供を教え育むという考え方で、教育から北海道を再出発させるべきだ」と喝を入れた。


同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
ホクレン女子陸上部、市民ランナーに“楽しい走り方”をレクチャー
オークラ札幌、池田町フェア開催。健康美人がテーマのランチも提供
小樽で日本の伝統文化に親しもう 第10回「和を遊ぶ」6月10日開催
故・西村昭男氏「お別れの会」に300人 カレスサッポロに生き続ける理念「愛と信頼の輪」
サッカー少年・少女を応援する「YURIKOサッカースタジアム」
クラフトビールに本麒麟、キリン試飲会で注目商品ズラリ
 ホクレン女子陸上部、市民ランナーに“楽しい走り方”をレクチャー (2018-05-15 16:10)
 オークラ札幌、池田町フェア開催。健康美人がテーマのランチも提供 (2018-05-02 17:00)
 小樽で日本の伝統文化に親しもう 第10回「和を遊ぶ」6月10日開催 (2018-05-01 18:36)
 故・西村昭男氏「お別れの会」に300人 カレスサッポロに生き続ける理念「愛と信頼の輪」 (2018-03-31 17:56)
 サッカー少年・少女を応援する「YURIKOサッカースタジアム」 (2018-03-23 12:10)
 クラフトビールに本麒麟、キリン試飲会で注目商品ズラリ (2018-02-19 13:21)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
財さつ講演会で森田実氏が課題山積の国政・道政に喝
    コメント(0)