さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 田下昌明氏による“究極の育児書” 。旭川での出版祝賀会に200人

2017年11月25日

田下昌明氏による“究極の育児書” 。旭川での出版祝賀会に200人


ステージで謝辞を述べる田下昌明氏(11月20日夕、旭川グランドホテル3階)

本誌12月号のインタビューで紹介した小児科の大家、田下昌明氏(80)による新刊「もう子育てでは悩まない この一冊で育児は完結する」(明成社)の出版を祝う催しが11月20日夕、旭川グランドホテル3階で開かれた。


大勢の関係者が田下氏の労作の出版を祝った

10月中旬に全国発売された同書は、市内にある豊岡中央病院の創設者(現会長)である田下氏が小児科医として半世紀、延べ50万人もの子供たちと接する中で発見した“母子関係の真実”がつまった一冊。将来に夢を持てない若者が増えてきたことを憂える同氏が「今後の日本を安心して託せる子供が育つように」と願いを込めた育児書のバイブルだ。


記念講演する田久保忠衛氏


祝辞を述べる新谷龍一郎氏

医療関係者をはじめ政財界から約200人がお祝いに駆けつける中、当日は杏林大学名誉教授で日本会議会長の田久保忠衛氏の記念講演からスタート。時事通信社で長く記者を務め国際政治学を専門とする田久保氏は、自身の経験を交えながら現在の国内外の政治状況について独自の切り口で解説し、参加者の関心を呼んでいた。

祝宴は発起人でもある田久保氏の挨拶を皮切りに、来賓を代表して旭川商工会議所会頭の新谷龍一郎氏が登場。新谷氏は自身の子供が病院で田下氏に世話になったエピソードなどを披露しながら心温まる祝辞を述べた。

花束贈呈などのセレモニーの後にステージで紹介された田下氏は、謝辞の中で「この本は母性愛ではなく、母性というものの発生メカニズムを解き明かすことを主眼にして書いた」と述べ、今日の社会不安や事件の背景に“母性の欠如”が少なからず影響しているという自身の見解を披露した。

その後、道議会議員の東国幹氏の音頭で乾杯が行なわれ、会場ではあちこちで歓談の輪が広がっていた。


「もう子育てでは悩まない この一冊で育児は完結する」(明成社)



同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願
北海道にもゆかり深い維新志士と幕臣の末裔、黒田清揚氏が講演
流通バイヤー集結。今年も盛況だった「北海道産品取引商談会」
ホテルオークラが伝える道都・札幌の“食”の魅力
夕張メロンとステーキ食べ放題!「めろんのテラス」6月9日オープン
アサヒスーパードライ・クリアアサヒで北海道150年を応援
 さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願 (2018-06-20 17:24)
 北海道にもゆかり深い維新志士と幕臣の末裔、黒田清揚氏が講演 (2018-06-08 09:33)
 流通バイヤー集結。今年も盛況だった「北海道産品取引商談会」 (2018-06-07 13:42)
 ホテルオークラが伝える道都・札幌の“食”の魅力 (2018-06-04 09:33)
 夕張メロンとステーキ食べ放題!「めろんのテラス」6月9日オープン (2018-06-01 17:53)
 アサヒスーパードライ・クリアアサヒで北海道150年を応援 (2018-05-30 08:57)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
田下昌明氏による“究極の育児書” 。旭川での出版祝賀会に200人
    コメント(0)