さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─

2017年11月17日

拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─

拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─
かつて北海道経済の屋台骨を支えた北海道拓殖銀行

本日から20年前の1997年11月17日、北海道拓殖銀行が経営破綻した。バブルに乗じて規模拡大を目指した拓銀はインキュベーション路線で道内企業を育成、北海道経済をダイナミックに変えようとした。その考え方は間違ってなかったとしても、やり方は明らかに常軌を逸していた。拓銀経営陣はそれこそ一線を越え、回収の見込みがつかない資金を湯水のように新興企業に注ぎ込み、傷口を広げていった。

拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─
キャリアバンクの佐藤良雄社長

本誌では、この大きな経済事件をあらためて振り返る企画「拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─」を10月号から連載中だ。現在店頭に並んでいる12月号では当時、若手経営者としてその拓銀の状況を冷静に見ていたキャリアバンクの佐藤良雄社長にご登場いただいている。その佐藤氏の目に破綻前の拓銀はどう映っていたのか──。(く)


同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
令和元年初日の朝に祈る
鶴雅グループ最高峰の温泉ホテル「碧の座」が支笏湖にオープン
ススキノで帰宅難民になりかけた夜
生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ
昭和22年創業。旭川ラーメンの老舗「蜂屋」の醤油ラーメンを食す
北方ジャーナル12月号まもなく発売へ
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 令和元年初日の朝に祈る (2019-05-01 22:57)
 鶴雅グループ最高峰の温泉ホテル「碧の座」が支笏湖にオープン (2019-04-30 23:25)
 ススキノで帰宅難民になりかけた夜 (2019-02-22 09:46)
 生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ (2019-02-18 17:34)
 昭和22年創業。旭川ラーメンの老舗「蜂屋」の醤油ラーメンを食す (2018-11-19 23:45)
 北方ジャーナル12月号まもなく発売へ (2017-11-13 17:10)

Posted by 北方ジャーナル at 10:35│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─
    コメント(0)