さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 「第4回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」11月2日から開催

2017年10月10日

「第4回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」11月2日から開催


「第4回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」のメインビジュアル

㈱えんれいしゃに事務局を置く新千歳空港国際アニメーション映画祭実行委員会は10月10日、今回で4回目を迎える同映画祭の概要を記者発表した。この中で古川タク名誉実行委員長は、「今回は短編アニメーションコンペティションの応募作品が格段に増え、また現役のアニメ作家や美術系大学の講師、学生など、この映画祭に関心を寄せる人々はとても増えている」と語り、小出正志実行委員長は、「この映画祭の存在が、日本のアニメーションを変えた、と言われる日も来るのではないかと感じている」と期待感をあらわにした。


記者発表の冒頭、挨拶した古川タク名誉実行委員長(10月10日、㈱えんれいしゃ会議室で)

11月2日から5日まで、新千歳空港ターミナルビル内ソラシネマちとせをはじめとした空港施設内の複数会場で催される「第4回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」。
メインイベントである短編アニメーションコンペティションでは、85の国と地域から前回より800作品以上も多い2037作品が応募され、このうち一次選考を通過した70のノミネート作品が公開される。今回の応募作品の傾向について、土居伸彰フェスティバルディレクターは「CGアニメーションに優れた作品が多く、リアル志向ではなくシンプルでキャラクター性の強い作品が目立った印象。また、ゲームとのつながりが強い作品も増えている」と解説した。

招待プログラム上映作品も最新作から懐かしの秀作、現在の有名作家に大きな影響を与えたアニメ史に残る作品など充実のラインナップ。
その数ある中から、土居ディレクターが大きな見どころのひとつとして挙げたのが、創り出す作品世界が“唯一無二”とも評されている湯浅政明監督作品の上映。2017年の「アヌシー国際アニメーション映画祭」でグランプリを受賞した話題作「夜明け告げるルーのうた」の爆音上映や、2018年初春にNetflix独占配信される漫画家・永井豪の代表作・デビルマンの新作アニメ「DEVILMAN crybaby」の先行上映などが行なわれ、湯浅監督自身もゲストとして登場する予定だ。

またアニメーションの音にクローズアップして、劇場アニメ「聲の形」の劇伴(※劇中に流れる音楽)を、同作品で音楽を担当したアーティスト・牛尾憲輔が生演奏する企画も実施される。

このほか、男子フィギュアスケートの世界を描き、女性ファンを中心に熱狂的な支持を得た「ユーリ!!!on ICE」も1話から3話までが爆音上映される。この上映では主人公の勝生勇利を演じた声優・豊永利行の舞台挨拶も行なわれる予定だ。

同映画祭の前売券は、8月28日からチケットぴあ・ローソンチケットで発売中。全期間パスポート2500円、1DAYパスポート1500円。当日券は全期間3000円、1DAY2000円、1プログラム券が1000円となっている。


同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願
北海道にもゆかり深い維新志士と幕臣の末裔、黒田清揚氏が講演
流通バイヤー集結。今年も盛況だった「北海道産品取引商談会」
ホテルオークラが伝える道都・札幌の“食”の魅力
夕張メロンとステーキ食べ放題!「めろんのテラス」6月9日オープン
アサヒスーパードライ・クリアアサヒで北海道150年を応援
 さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願 (2018-06-20 17:24)
 北海道にもゆかり深い維新志士と幕臣の末裔、黒田清揚氏が講演 (2018-06-08 09:33)
 流通バイヤー集結。今年も盛況だった「北海道産品取引商談会」 (2018-06-07 13:42)
 ホテルオークラが伝える道都・札幌の“食”の魅力 (2018-06-04 09:33)
 夕張メロンとステーキ食べ放題!「めろんのテラス」6月9日オープン (2018-06-01 17:53)
 アサヒスーパードライ・クリアアサヒで北海道150年を応援 (2018-05-30 08:57)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
「第4回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」11月2日から開催
    コメント(0)