さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 北洋銀「ほっくー障がい者スポーツ基金」、7先に374万円を寄付

2017年08月30日

北洋銀「ほっくー障がい者スポーツ基金」、7先に374万円を寄付


新田のんの選手(左)と星澤克選手。後方は北洋銀の横内龍三会長(8月29日、北洋大通センター4階・セミナーホールで)

【リアルエコノミー提携】北洋銀行(本店・札幌市中央区)は29日、第1回「ほっくー障がい者スポーツ基金」の贈呈式を本店のある北洋大通センター4階のセミナーホールで行なった。贈呈先は北海道出身のクロスカントリースキー・バイアスロン・車いすマラソン選手で平昌パラリンピック出場が有望な新田のんの選手(北翔大)など2個人5団体。北洋銀の横内龍三会長から目録がそれぞれ贈呈された。

「ほっくー障がい者スポーツ基金」は、同行が今年2月から取り扱いを始めた「パラスポーツ応援債」の発行金額の0・2%を同行負担で積み立てる基金。パラスポーツ応援債は優良企業が資金調達のために発行する私募債のひとつ。2月、3月の発行総額は29件、18億7000万円でその0・2%にあたる374万円が寄付金として贈呈された。

選定は、道、札幌市、公益財団法人北海道障がい者スポーツ協会など6者によって設立された「ほっくー障がい者スポーツ基金選定協議会」が決定した。

贈呈式後のフォトセッション

贈呈式では横内会長が新田選手や北海道出身でクロスカントリースキー・バイアスロンの星澤克選手(立命館慶祥高)のほかNPO法人あ・りーさだ、一般社団法人札幌市障がい者スポーツ指導者協議会、北海道「ほっかいどう未来チャレンジ基金」、公益財団法人北海道障がい者スポーツ協会、一般社団法人札幌市障がい者スポーツ協会の代表者にそれぞれ目録を贈呈した。

横内会長は、「新田選手、星澤選手の頑張る姿は多くの方々に勇気と希望を与えるでしょう」と挨拶、贈呈先の代表として新田選手は「平昌オリンピックの選考に向けてより励んでいきたい」と述べた。



同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願
北海道にもゆかり深い維新志士と幕臣の末裔、黒田清揚氏が講演
流通バイヤー集結。今年も盛況だった「北海道産品取引商談会」
ホテルオークラが伝える道都・札幌の“食”の魅力
夕張メロンとステーキ食べ放題!「めろんのテラス」6月9日オープン
アサヒスーパードライ・クリアアサヒで北海道150年を応援
 さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願 (2018-06-20 17:24)
 北海道にもゆかり深い維新志士と幕臣の末裔、黒田清揚氏が講演 (2018-06-08 09:33)
 流通バイヤー集結。今年も盛況だった「北海道産品取引商談会」 (2018-06-07 13:42)
 ホテルオークラが伝える道都・札幌の“食”の魅力 (2018-06-04 09:33)
 夕張メロンとステーキ食べ放題!「めろんのテラス」6月9日オープン (2018-06-01 17:53)
 アサヒスーパードライ・クリアアサヒで北海道150年を応援 (2018-05-30 08:57)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
北洋銀「ほっくー障がい者スポーツ基金」、7先に374万円を寄付
    コメント(0)