さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 政治経済 › 北のミサイルが飛んできた朝の道庁すったもんだ

2017年08月29日

北のミサイルが飛んできた朝の道庁すったもんだ


本稿記者のスマホに着信したJアラート

8月29日早朝にけたたましく鳴り響いたJアラート。その内容は、北朝鮮からのミサイル発射とこれに伴う避難を呼び掛けるものだった。ミサイルの飛行ルートとして報じられたのは北海道・東北エリア。国民の多くは、全く予想だにしない最悪のモーニングコールに叩き起こされる格好となったが、ミサイルは北海道を通過し襟裳岬の東約1180キロメートルの太平洋に落下。最も恐れる事態には至らなかった。
日本が緊迫したこの早朝。道庁では市町村との情報伝達でさまざまな不手際を起こしていたという。高橋はるみ知事は、同日午後の定例記者会見で陳謝の意を示したのだが・・・。


記者の質問に答える高橋はるみ知事(8月29日午後、道庁2階記者会見室で)

防災服姿で会見場に現れた高橋知事。奇しくもこの日は以前から、道庁地下1階の危機管理センターで「弾道ミサイルを想定した訓練」の実施が決まっていた。その訓練日にまさか本物のミサイルが飛来して来ようとは、道の関係者も想定していなかっただろう。
会見は、北のミサイル発射に関する対応及び経過説明から始まった。
「道民の安全・安心に対してこれまでにない極めて重大かつ深刻な事態であり、断じて容認できない」
そして、Jアラートを受け道として即座に全振興局、全市町村に情報伝達したことを強調。現時点までに道内に被害が起きていないことを確認していると報告した。
「私と致しましては何にもまして道民の皆様の生命・財産・安全の確保が重要であると考えています」
 
その後、高橋知事は道庁による今朝の情報伝達の不手際について話し始めた。
「今回のミサイル発射に関して、道から市町村への連絡文書をFAXする際、『訓練』と表記したものを誤って送信したミスの報告を受けています。また、現在詳細を確認中ですが、道庁と道内市町村十数カ所における北海道防災情報システムに不具合が発生したという報告も受けています。私どもと致しましては原因究明と再発防止を期していく必要があると考えています」
そして、「訓練ではないミサイル発射であったにも関わらず、早朝ということもあってか担当職員には本日予定にあった訓練と若干の混同があったとも思いますが、これは言い訳のできないこと。大変申し訳なく思っております」と、陳謝の意を示した。
だがその後、一人の記者から質問された、具体的な避難場所を道が継続的に情報発信していく必要性については、「いざという時にどういう場所にいても、どのように行動すべきかということに関する道民への啓発を、改めて考えていかなければならない」と、玉虫色の回答を返した。
 
日本中が騒然となった8月29日の朝。道庁内でもさまざまなすったもんだがあったようだが、こんな行政の混乱の中、最悪の事態に至らなかったことを不幸中の幸いと思いたい。



同じカテゴリー(政治経済)の記事画像
北海道で実現したビール4社全国初の共同物流
民進党の再生なるか?前原・枝野両候補が来札
国内経済界トップらが小樽に参集、ニトリレディス前夜祭
北洋銀が「ものづくりテクノフェア2017」開催
第2期「北海道経営未来塾」でアインHDの大谷社長が講演
食産業活性化へ 北大と道経済部が覚書
同じカテゴリー(政治経済)の記事
 北海道で実現したビール4社全国初の共同物流 (2017-09-13 09:27)
 民進党の再生なるか?前原・枝野両候補が来札 (2017-08-28 17:42)
 国内経済界トップらが小樽に参集、ニトリレディス前夜祭 (2017-08-23 16:46)
 北洋銀が「ものづくりテクノフェア2017」開催 (2017-07-21 15:07)
 第2期「北海道経営未来塾」でアインHDの大谷社長が講演 (2017-06-26 15:28)
 食産業活性化へ 北大と道経済部が覚書 (2017-06-21 08:44)

Posted by 北方ジャーナル at 19:06│Comments(0)政治経済
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
北のミサイルが飛んできた朝の道庁すったもんだ
    コメント(0)