さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 新千歳空港オリジナルスイーツ「1st HOKKAIDO」誕生

2017年07月26日

新千歳空港オリジナルスイーツ「1st HOKKAIDO」誕生


「1st HOKKAIDO」店舗を背ににこやかな表情を浮かべる黒川陽子店長(右)とスタッフの佐藤亜希子さん(7月25日撮影)

全国的にも大きな話題となったヒット商品を、これまでいくつも発信してきた北海道スイーツのメッカ・新千歳空港。その空港自らがプロデュースしたオリジナルスイーツブランド「1st HOKKAIDO(ファースト ホッカイドウ)」の第1号店が7月14日、新千歳空港ターミナルビル2階の搭乗待合室内にオープンした。


現在一番人気の「ベリークランチ」

国内線15番ゲート近くの第1号店では現在、道内菓子メーカー3社の協力を得て7種類22アイテムを展開しており、いずれもこの店にしか無い味わいにこだわった菓子を提供。ブランド名にある“1st”の意味に関して同店の黒川陽子店長は、「最初に手に取ってもらいたいお土産という意味のファーストと、この店のお菓子を通じてファーストクラスのおもてなしを感じていただきたい、という2つの意味を込めています」と話している。

出発直前までお土産を選ぶことができるなど、搭乗待合室ならではの利便性の良さから、平日でも客足が絶えない同店。北海道産原料にこだわったさまざまなスイーツがずらりと並ぶ中、現在の一番人気は「ベリークランチ」だという。同品はクランベリー、ブルーベリー、ストロベリーの3種類のベリーを贅沢に使った、ホワイトチョコレート仕立てのチョコクランチ。ざくっと心地良い食感とともに、ベリーの甘酸っぱさとホワイトチョコのクリーミーな甘さが絶妙に調和した味わいを楽しめる。一口サイズの食べやすさもお土産菓子として最適だ。

このほかにも、既存のお土産菓子にはない注目スイーツが同店には目白押し。この「1st HOKKAIDO」の詳細は8月14日発売の「北方ジャーナル」9月号で紹介する。


タグ :新千歳空港

同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
道内企業・団体も関心を寄せる「スポフェスイン沖縄」4月開催
ラリーの第一人者招き、桜庭保険事務所が冬道講習
社会医療法人社団 カレスサッポロがドーナツとコーヒーのお店「CS café WEATHER REPORT」をオープン
サッポログループ、胆振東部地震復興へ3700万円以上を寄付
世界のVIPが絶賛した、ホテルオークラ伝統の「フレンチトースト」
さっぽろ地下街から始まったアインズ&トルぺ1号店がリニューアル
 道内企業・団体も関心を寄せる「スポフェスイン沖縄」4月開催 (2019-01-11 15:47)
 ラリーの第一人者招き、桜庭保険事務所が冬道講習 (2018-12-22 08:00)
 社会医療法人社団 カレスサッポロがドーナツとコーヒーのお店「CS café WEATHER REPORT」をオープン (2018-12-21 00:00)
 サッポログループ、胆振東部地震復興へ3700万円以上を寄付 (2018-12-20 15:44)
 世界のVIPが絶賛した、ホテルオークラ伝統の「フレンチトースト」 (2018-12-12 15:32)
 さっぽろ地下街から始まったアインズ&トルぺ1号店がリニューアル (2018-11-16 10:20)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
新千歳空港オリジナルスイーツ「1st HOKKAIDO」誕生
    コメント(0)