さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 政治経済 › 北洋銀が「ものづくりテクノフェア2017」開催

2017年07月21日

北洋銀が「ものづくりテクノフェア2017」開催


北洋銀行・石井純二頭取による主催者挨拶(7月20日、アクセスサッポロで)

【リアルエコノミー提携記事】北洋銀行(本店・札幌市中央区)は20日、札幌市白石区のアクセスサッポロで「ものづくりテクノフェア2017」を開催した。今年で11回目となるフェアには、道内の産官学金の各界や本州のモノづくり先進地である愛知県や三重県、静岡県、東京都大田区などの企業から技術や製品、支援制度などが出展・紹介された。出展者数は220社・団体で、会場内では技術者同士の交流や商談が活発に行なわれた。


来賓挨拶する児嶋秀平・北海道産業局長

「ものづくりテクノフェア」は、製造業の比率が都府県より低い北海道のハンディを克服しようと北洋銀行が2007年から始めた技術交流、情報発信のイベント。道内だけでなく本州企業の出展も増えて規模は年々拡大。昨年は約4800人が来場、商談件数も約1040件で、東京以北最大級のものづくり商談会になっている。
 
開会式で挨拶に立った石井純二頭取は、「8月20日に北洋銀行は100周年を迎える。今回のものづくりテクノフェアは100周年に相応しい内容にした」と述べ、AI、ロボット、IoTといった先進技術に取り組む企業・団体の紹介と情報発信に力点を置いたことを強調した。
また昨年10月、札幌でプレ開催された映像、音楽、ITの組み合わせによる交流イベント『NO MAPS』とも連携、北海道から新たな先端テクノロジーを組み込んだ新産業の創出を応援するコンセプトも今回のフェアに盛り込んだ。そうしたことによって今年10月に本開催される『NO MAPS』の機運を高めていくことも紹介した。

来賓として挨拶した児嶋秀平・北海道経済産業局長は「食とITとものづくりのコネクションを強めて一次産業の競争力強化を期待したい」と話した。また、浦本元人・北海道公営企業管理者はフェアが北海道の産業競争力強化に大きな役割を果たしていることに言及。秋元克広・札幌市長は「市が力を入れてきた情報産業とものづくり産業が結び付く時代が来た」とフェアの成果に期待感を示した。


良質な音を再現する小型スピーカーを紹介した赤間板金工業のブース

タグ :北洋銀行

同じカテゴリー(政治経済)の記事画像
来年7月の参院選、立憲民主・勝部道議が立起
PICK UP COMPANY! 快適空間を創造する「エス・トラスト」
堀江貴文氏「北海道に希望を感じる」、道経連が宇宙セミナー
「市民の風」との連携を強調した立憲民主・道連の設立会見
北海道で実現したビール4社全国初の共同物流
北のミサイルが飛んできた朝の道庁すったもんだ
同じカテゴリー(政治経済)の記事
 来年7月の参院選、立憲民主・勝部道議が立起 (2018-07-10 15:20)
 PICK UP COMPANY! 快適空間を創造する「エス・トラスト」 (2018-06-28 13:14)
 堀江貴文氏「北海道に希望を感じる」、道経連が宇宙セミナー (2018-03-09 15:49)
 「市民の風」との連携を強調した立憲民主・道連の設立会見 (2017-12-14 16:18)
 北海道で実現したビール4社全国初の共同物流 (2017-09-13 09:27)
 北のミサイルが飛んできた朝の道庁すったもんだ (2017-08-29 19:06)

Posted by 北方ジャーナル at 15:07│Comments(0)政治経済
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
北洋銀が「ものづくりテクノフェア2017」開催
    コメント(0)