さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 「永遠の昭和歌謡ロック」 エル・コラソンズが札幌でライブ

2017年06月25日

「永遠の昭和歌謡ロック」 エル・コラソンズが札幌でライブ


妖艶なステージングで観客を魅了したヴォーカルの藤野羽衣子さん(6月24日夜、札幌市内のライブハウス「ゼノン」)

 本誌連載中の「トンデモ撮影日記」と「カムイの女」の挿絵を担当していただいている藤野羽衣子さんがヴォーカルを務めるエル・コラソンズのライブが6月24日夜、札幌市内のライブハウス「ゼノン」(LC7番館3F)であった。4バンドが出演したこの夜、エル・コラソンズはトリとして9時頃にステージに登場。夫で映画監督の黒田拓さんが手がける映像演出の中、昭和の匂いに彩られた「ロックンロール歌謡ショー」が繰り広げられ、観客を大いに沸かせた。


アンコールでは打って変わってセクシーな姿で登場

 どこかで耳にしたことがあるような懐かしいフレーズやサウンドが随所に散りばめられた楽曲もさることながら、感心したのは演奏のクォリティの高さと藤野さんの観客を惹きつけるステージング。藤野さんは、昭和の女給を思わせる着物姿で登場し、途中で襦袢姿に変身。アンコールではガーターベルトにシャツという過激な出で立ちで観客を挑発した。レトロとユーモアが渾然一体となった魅力を放つエル・コラソンズ。マジでオススメです。(く)

同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
ススキノで帰宅難民になりかけた夜
生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ
昭和22年創業。旭川ラーメンの老舗「蜂屋」の醤油ラーメンを食す
拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─
北方ジャーナル12月号まもなく発売へ
新市庁舎建設の時を待つ北見の野いちご
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 ススキノで帰宅難民になりかけた夜 (2019-02-22 09:46)
 生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ (2019-02-18 17:34)
 昭和22年創業。旭川ラーメンの老舗「蜂屋」の醤油ラーメンを食す (2018-11-19 23:45)
 拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─ (2017-11-17 10:35)
 北方ジャーナル12月号まもなく発売へ (2017-11-13 17:10)
 新市庁舎建設の時を待つ北見の野いちご (2017-10-31 23:47)

Posted by 北方ジャーナル at 10:35│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
「永遠の昭和歌謡ロック」 エル・コラソンズが札幌でライブ
    コメント(0)