さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › バックナンバー › 北方ジャーナル2017年7月号

2017年06月15日

北方ジャーナル2017年7月号




6月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、SPAR、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。


【報道】紋別漁業協同組合の組合員資格問題を追う【5】

HTB「イチオシ!」でも報じられた
紋別漁協の「名ばかり組合員問題」

沙留漁協では継承を諦めた組合員が資格を返上



本年3月号から6月号までレポートしてきた紋別漁業協同組合(阿部滋代表理事組合長・以下紋別漁協)の組合員資格問題をマスコミが取り上げた。報じたのは、北海道テレビ放送(HTB)の夕方ワイド番組「イチオシ!」で、「紋別漁協 不思議な実態」と題し、5月25日午後6時15分以降のニュース枠で扱われたものだ。はからずも本誌の追及報道がテレビにも波及し、問題がより広く道民に伝わった形となったが、地元紋別の漁協組合員や市民は今回の放送をどのように受け止めたのだろうか。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------
【報道】標津漁協検証(1)──補助金不正受給疑惑を追う

ホタテ部会がアイヌを騙り
業者と組んだ合弁事業?

損害賠償で提訴された組合長と専務理事


オホーツクの次は根室管内で漁協問題が噴き出している。標津漁業協同組合(西山良一代表理事組合長・組合員数195人、以下標津漁協)が平成24年度に行なったアイヌがらみの補助事業で不正受給が取り沙汰され、この問題で5月下旬に国の会計検査院の担当官が現地調査に入った。このほか、組合員らが織田美登志専務理事や西山組合長などを相手取り、損害賠償を求める訴訟を釧路地裁根室支部に相次いで提起するという異例の事態も発生。同漁協は、いわば内部分裂の危機にあると言っていい状況だ。道東の標津でいったい何が起きているのか──。   (本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】障碍者・困窮者支援の拠点で何が・・・

「なぜこれが裁判に・・・」
救護施設「札幌明啓院」で不当労働行為か
2度の救済命令経て、昨秋から行政訴訟



団体交渉を拒否してはならない――。労働委員会からそんな命令を受けたのは、営利企業ならぬ社会福祉法人。不当労働行為を指摘されたその法人はしかし、命令に従わずに労委を提訴、昨秋から国を相手に裁判を続けている。法人が運営する救護施設は、札幌で約100年にわたって地域福祉に貢献してきた。理事長はこの春から札幌市議会議長を務め、併せて全国の議長会の会長に選出されている。長い歴史を持つ福祉の現場で今、何が起きているのか。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える〈15〉

詐欺、器物損壊、名誉毀損…
道警不祥事“海苔弁”開示



本誌前号で、北海道警の本年“第1四半期”(1―3月)の不祥事を報告した。懲戒処分と監督上の措置(懲戒に到らない内部処理)計24件のうち報道発表されたケースは3件に留まり、残る21件は詳細不明のままだったが、その後の公文書開示請求で21件中4件が事件として捜査されていたことがわかった。その概要を伝える筈の記録は、昨年以前にも増して墨塗り処理の多い“海苔弁当”になっている――。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】自衛官の母、「撤収」後も訴訟継続

“戦闘”6月から起きていた
南スーダンPKO差止訴訟
墨塗り『日報』に隠れた事実


本年5月に「撤収完了」が伝えられた、陸上自衛隊の南スーダンPKO派遣。北部方面隊を中心とする10次隊の『日報』には、戦闘の様子が連日のように記録されていた。同PKOの派遣差止を求める裁判は、派遣隊撤収後も原告側が訴訟を取り下げず、日報などの全開示をめぐって争いが続いている。6月1日、その第2回弁論の場であきらかになった事実とは――。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】減益・道新に賃金不払い指摘

2億8300万円の不意討ち
道新が労基法違反で是正勧告
「もともと貰い過ぎ」の声も



北海道新聞社(札幌市中央区、広瀬兼三社長)が昨年3月、労働基準法違反で是正勧告を受けていたことが報じられた。労基署に指摘されたのは、東京支社の残業代の一部未払い。さらに独自に社内調査を実施した結果、2年間で計2億8300万円の未払いがあきらかになったという。同社は全額を精算、併せて賃金規則を改定するに到る。不意の指摘の影響は小さくなかったようだ。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】恵庭事件「三者協議」検察の抵抗

「証拠を隠さず出して欲しい」
恵庭OL事件・第2次再審請求
検察の消極対応を弁護団が批判



公共に奉仕する検察官の仕事とは思えない――。恵庭OL殺人事件の第2次再審請求審が進む中、弁護団が怒りの声を挙げた。これまで3回あった「三者協議」で、検察側は弁護人の求める釈明(説明)や証拠開示に応じようとせず、事件の真相解明に非協力的な姿勢を見せているというのだ。無実を訴える受刑者女性は、来年8月にも満期出所する。最後の夏に向け、闘いはタイムレースの様相を呈し始めた。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】 自称「学習・教育コンサルタント」М氏の素顔

喰い物にされる障害者教育
詐欺まがいのトラブル相次ぐ

福島から自主避難してきた「被災者」とは



障害を持つ子供が放課後を過ごす「放課後等デイサービス(以下放課後デイ)」──。最近、業界関係者の間で、ある人物にまつわる“黒い噂”が囁かれている。6年前に福島から札幌に自主避難してきた自称「学習・教育コンサルタント」М氏のことだ。被災者として、度々メディアに取り上げられてきたそのМ氏が放課後デイの開業支援をめぐり、顧問契約を結んだ女性から契約金とコンサル料を詐取した疑惑が浮上した。そして被害は拡大する気配を見せている。(武智敦子)
----------------------------------------------------------------------

【経済】各業界まだら模様の景況をウォッチ

札幌の路地裏経済の天気は
「晴れ」「くもり」それとも「雨」?

新聞・テレビが報じない景気の実相


景気は底堅い状況を呈しているが、なかなか好況を実感できないのが現実だ。その理由を北洋銀行の石井純二頭取は「3つのL」で表現する。ローインタレスト(低い金利)、ローグロース(低い成長)、ローインフレ(低いインフレ)。そこに将来不安も重なって今ひとつ景気を実感できないというわけだ。北海道の成長を牽引する札幌の経済も斑(まだら)模様で、力強いようには見えない。そのような中で、目線をぐっと落として、いわば路地裏から見た経済の実態はどうなのか。札幌の街角をウォッチしてみた。

----------------------------------------------------------------------

【連載】検証「泊原発は本当に必要なのか」(23)──「6・28北電株主総会」に注目

原発推進派が異例の株主提案
「佐藤佳孝会長を解任せよ」



泊原発の再稼働をやめさせようという道民の声が高まり、市民団体でつくる連絡協議会が発足するなど、反原発の声はひとつにまとまりつつある中、6月28日に開かれる北電株主総会で、原発推進派から再稼働の遅れによる業績悪化などを批判して、佐藤佳孝会長の取締役解任を求める異例の提案が出されていることがわかった。原発反対派の「脱原発をめざす北電株主の会」の提案は否決される見込みだが、原発再稼働の是非や佐藤会長の去就が株主総会でどう議論されるのか注目される。一方、北電は6月2日から後志管内20市町村を対象に泊原発の安全対策や原発の必要性を訴える「エネルギーキャラバン」を開催するなど泊原発再稼働への姿勢を崩す気配はない。(ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【連載】戦争遺産をめぐる旅 (27)

艦砲射撃にさらされた室蘭
十五糎加農砲掩体跡に思う

鉄のまちに残る戦禍の記憶


東京や大阪への空襲が激しさを増した1940年(昭和20年)春。制海権も制空権もほぼ失った日本軍は本土決戦を視野に入れて全国各地に防空壕や地下坑道を造り、徹底抗戦の構えを掲げる。空襲とは無縁と思われた北海道にもこの年の7月14日、15日の2日間、函館、室蘭、釧路、根室など道内の38市町村がアメリカ海軍第38高速空母機動部隊による空襲と戦艦による艦砲射撃を受けた。この時、合わせて2千人以上の非戦闘員の道民が犠牲になっている。最大の被害が出た室蘭に今も残る戦争の爪痕と慰霊碑などを訪れた。(ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【ニュース】

■混乱続く小樽市議会を象徴?
 任期途中で辞任した横田久俊議長

 ──新議長には自民3期目の鈴木喜明氏が就任

■16年度の札幌市議・政務活動費
 公明除く全会派がほぼ使い切り

 ──“前渡し”で麻痺するセンセイ達の金銭感覚

■永続性などを担保すべく「要綱」を格上げ
 札幌市の「墓地条例」は名義貸しを防げるか

 ──新たに付与された報告徴収や立入調査の権限が“武器”に

----------------------------------------------------------------------

【企業】
「タコ箱漁オーナー募集」復活で大反響
「(株)ひとと」の藤谷透 代表取締役に訊く

ネットの時代だからこそ人と人
繋がりを大事にする通販会社に

地域密着型で隠れた逸品を発掘



ほぼ10年ぶりに復活した留萌郡小平町のタコ箱漁オーナー募集。マツコ・デラックス、有吉弘行出演の深夜番組「かりそめ天国」に2度も取り上げられ全国的な反響を呼んだ。仕掛けたのは、ネット通販の(株)ひとと(本社札幌市北区)代表取締役の藤谷透氏だ。ネット通販といっても同社の場合は、単に品物の販売をするだけではなく、地域の生産者と購買者を結び付ける「地方創生型」とも言える異色の通販会社だ。全国系ネット通販とは違い地域密着通販を展開する藤谷氏に訊いた。(6月1日収録)

----------------------------------------------------------------------

【夏のボーナス特集】
長期で育てる資産運用

節税しながら老後資金を貯蓄
個人型確定拠出年金に注目!



夏のボーナス時期がやってきた。なかなか景気の好調さが実感できない昨今だが、今年もまずまずの支給額になりそうで、ひと安心という方も多いのではないだろうか。まとまったお金をどうするかは悩みどころだが、今年の注目点は節税しながら将来に備えることができる個人型確定拠出年金(愛称iDeCo=イデコ)の間口が広がったこと。そこで今回の「夏のボーナス特集──長期で育てる資産運用」は、iDeCoを中心にファイナンシャルプランナーの須藤臣さんに解説してもらおう。

----------------------------------------------------------------------

【連載】
ルポ 「ひきこもり」(22)──函館発、ハンデを抱えた元修道士の言葉

生産性で人の価値を決める
「健全者の論理」に抗いたい



人はなぜ生まれてきたのか。そしていかに生きるべきか。そんなテーマと深く向き合ってきた元修道士が函館にいる。挑戦と挫折を繰り返し、傷つきながらも人間の存在の根源を問い続けることを止めないその人は昨年、発達障害の診断を受けた。「ひきこもりや発達障害者が『生産性』という経済原理のもと、可能性や生き方までが疎外されるのはあってはならないこと」──。当事者という、新たな“課題”を背負った元修道士のメッセージに耳を傾けたい。(武智敦子)


----------------------------------------------------------------------

【ズームアップ】
『死ぬまで踊り続ける』嘉門流宗家家元の嘉門 衛信さん

常に〝いま〟を取り入れて
大衆に伝え続けたい
日本舞踊の魅力と楽しさ



日本舞踊の最大流派、花柳流から独立し2001年、道内で嘉門流を旗揚げした嘉門衛信さん(72)。日本舞踊界の革命児と呼ばれた師、花柳徳兵衛氏(1908―1968年)の遺志を受け継ぎ、北海道の大自然やそこに生きる人々をテーマにした創作舞踊を世に送り出し、地域の文化・芸能振興に尽力してきた。70歳を超した今も「大衆に語りかける踊り」を追い求め、日本舞踊にかける情熱は尽きることがない。札幌の稽古場に嘉門さんを訪ね、北の大地の厳しさと美しさ、そして人の情念までを変幻自在に表現できる日本舞踊の魅力や未来について話を伺った。(取材・文/武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【連載】“核のゴミ”レポート PART9 「マップ」提示でも展望なき最終処分の行方

絵空事の地層処分を急がず
乾式貯蔵方式の具体論議を

道民に問われる泊原発“核のゴミ”の監視



原子力開発の“負の遺産”である高レベル放射性廃棄物を最終的にどう扱うのか──。経済産業省や処分事業者のNUMO(原子力発電環境整備機構)は、この夏以降にも「科学的特性マップ」を公表し、引き受け手が現れない最終処分場候補地の選定調査に活路を見いだそうとしている。だが、「10万年後の安全」が求められる“核のゴミ”の後始末対策が一気に進むはずもない。北海道では、幌延町の処分研究施設での試験研究の残り期間が数年先に迫るなか、反対運動を続けてきた住民団体からは、道の積極的な関与を求める声も。さらに、泊原発の使用済み核燃料の後始末をどうするのか──。歴史的な流れや最近の動きを交え、この問題の深層を探る。(ルポライター・滝川 康治)

----------------------------------------------------------------------

【フォトレポート・トピックス】

*サッポロビールが牽引する地域活性化の賑わいづくり
限定「黒ラベル」で北海道競馬を応援

*「北海道経営未来塾」第2期始動
若手経営者が〝次のニトリ〟を目指す

*どさんこプラザ札幌店リニューアル
厳選食材の惣菜類も新たに販売開始

*「奉行シリーズ」のOBCがセミナー
元労基監督官が労基署対策を指南

*北の歓楽街を盛り上げ、急逝した
すすきの観光協会・篠田政一会長

*ホテルオークラで「上富良野フェア」
十勝岳山麓の食に町限定ビール

*チョコレートの“究極”を目指した
石屋製菓「美冬」

*日経「伸びる会社」ランキングで
エコミックが道内トップの評価

*札幌で沖縄気分に浸る“泡盛”の宴
第24回 「泡盛を楽しむ北海道の集い」

*優佳良織の今後はどうなる?
旭川「木内和博さんを偲ぶ会」に350人

*障害者をアートで癒すSatolyが
スペインで初のワークショップ

*小樽の伝統文化を楽しもう
6月18日「和を遊ぶ」開催

*書評『かたわれワルツ』心象風景に重なる
切なさが胸に迫る「鈴木翁二」の世界

----------------------------------------------------------------------

【連載コラムなど】
*道北フォトエッセイ
*根掛かり人生
*視点 公共交通をどうする?
*夏井功の「夜を駈ける車イス」
*風俗嬢の休日
*シネマ
*須賀章雅のよいどれブンガク夜話
*名画の小部屋
*スポーツ筆刀両断
*札幌異才探訪
*トンデモ撮影日記
*新設企業情報
*人物株価
*古本屋女房の“古本的日常"
*カムイの女

----------------------------------------------------------------------
【今月の表紙】鈴木翁二画
『ボクラの街道・ポプラの街道』

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(バックナンバー)の記事画像
北方ジャーナル2017年10月号
北方ジャーナル2017年9月号
北方ジャーナル2017年8月号
北方ジャーナル2017年6月号
北方ジャーナル2017年5月号
北方ジャーナル2017年4月号
同じカテゴリー(バックナンバー)の記事
 北方ジャーナル2017年10月号 (2017-09-15 00:00)
 北方ジャーナル2017年9月号 (2017-08-14 00:00)
 北方ジャーナル2017年8月号 (2017-07-15 00:00)
 北方ジャーナル2017年6月号 (2017-05-15 00:00)
 北方ジャーナル2017年5月号 (2017-04-15 00:00)
 北方ジャーナル2017年4月号 (2017-03-15 00:00)

Posted by 北方ジャーナル at 00:00│Comments(0)バックナンバー
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
北方ジャーナル2017年7月号
    コメント(0)