さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › OBCが労基監督官OBを講師に労基署対策セミナー

2017年05月23日

OBCが労基監督官OBを講師に労基署対策セミナー


労基署対策セミナーでは定員の200人を上回る受講者が会場を埋めた(5月17日、ニューオータニイン札幌で)

企業向けの基幹業務パッケージソフト「奉行シリーズ」などで知られるOBC(オービックビジネスコンサルタント、本社東京)は、5月17日に札幌、同18日に旭川で経営環境の改善に関するセミナーを相次ぎ開催した。メインテーマに据えたのは、労働基準監督署(以下労基署)が行なう「臨検監督」対策。これを労働基準監督官OBが解説するということで大きな関心を集め、札幌・旭川の両会場とも当初の定員を上回る受講者が詰め掛けた。

札幌会場では、午前に経営改善、午後から労基署対策とテーマを分けた2部構成でセミナーを実施。このうち第1部では、NBCコンサルタンツの紅本亘専務が登壇。「売上を下げて資金30倍を実現する秘訣公開セミナー」と題し、売上増では無く利益率、客単価増を目指す経営の重要性を強く訴えた。


経営改善セミナーの紅本講師は「会社を変えるには、社長も幹部も社員も意識改革が必要」と力説

講演の中で紅本氏は、「売上が伸びていても、あるいは利益が黒字を計上していても倒産する企業はある。資金を残さなければ、企業は存続しないという現実があります」と話した後、資金とは企業が持つ現金・預金から借入金を引いた実質自己資金であると解説した。

第2部の労基署対策では、大阪と北海道で約8年間労働基準監督官を務めた特定社会保険労務士・篠原宏治氏(しのはら労働コンサルタント代表)が演台に立った。


労基署対策セミナーの篠原講師は、勤怠管理システムを導入した企業で労務管理改善を実現した具体例にも触れた

篠原氏は、「臨検監督は労働者からの相談があればどんな事業場も対象になり、労働者を使用している限り臨検に入られない会社はない」と強調。監督指導強化の方針が示されている長時間労働の是正に関しては、制服や作業着の着替え時間や電話番などの待機時間も労働時間として扱うといった、臨検における労働時間のガイドラインについて具体的に解説した。
講演の結びで語った労基署対策への心構えに関しては、「普段からの適切な労務管理こそ最大の対策」とまとめた。


OBCのサービスを紹介したソリューション展示会場も盛況





タグ :勘定奉行

同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
こだわりの逸品がずらり。「北海道産品取引商談会」
食や芸術で魅力を伝えるホテルオークラ「上富良野フェア」
「きたキッチン」4店目が新札幌にオープン
「過重労働是正で選ばれる企業に」 OBC勤怠管理改善セミナー
国際色豊かになったさっぽろ雪まつりをフォトレポート
仲間の声でゴールを目指すブラインドサッカー
 こだわりの逸品がずらり。「北海道産品取引商談会」 (2017-06-07 18:52)
 食や芸術で魅力を伝えるホテルオークラ「上富良野フェア」 (2017-06-01 18:27)
 「きたキッチン」4店目が新札幌にオープン (2017-04-24 14:44)
 「過重労働是正で選ばれる企業に」 OBC勤怠管理改善セミナー (2017-02-20 15:38)
 国際色豊かになったさっぽろ雪まつりをフォトレポート (2017-02-10 12:47)
 仲間の声でゴールを目指すブラインドサッカー (2017-01-28 17:23)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
OBCが労基監督官OBを講師に労基署対策セミナー
    コメント(0)