さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 元監督官が労基署対策を解説するOBCの5月セミナー

2017年04月25日

元監督官が労基署対策を解説するOBCの5月セミナー


2月のセミナーでは定員の約2倍が詰め掛けた(2月17日、日本生命札幌ビル3階会議室で)

ビジネスソフト「奉行シリーズ」を展開するOBC(オービックビジネスコンサルタント、本社東京)は、5月17日にニューオータニイン札幌、同18日に旭川グランドホテルで企業の永続性をテーマにしたセミナーを相次ぎ実施する。そのメインは、北海道労働局で労働基準監督官を務めた経歴を持つ特定社会保険労務士による、労働基準監督署(以下労基署)が行なう「臨検監督」の概要と対策に関する解説だ。講師を務めるのはしのはら労働コンサルタントの篠原宏治代表。


労基署対策を解説するしのはら労働コンサルタントの篠原宏治代表

札幌でのセミナーでは同氏のほか、NBCコンサルタンツの紅本亘専務が講師を務める「売上を下げて資金30倍を実現する秘訣」をテーマにした経営改善セミナーも実施される。
参加費は無料。札幌・旭川ともに受付は午前9時45分から。事前申込制で、問合わせ先はOBC札幌営業所(℡011・221・8850)まで。

札幌会場で経営改善セミナーを担当するNBCコンサルタンツの紅本亘専務

メインとなる「臨検監督」に関するセミナーでは、これの実施対象となる事業場の決め方や、調査に際してどのような資料を確認し、監督官は何を重要視しているのか、などについて実際この調査にあたっていた元監督官の視点で詳しく解説する。また、「臨検監督」の備えに有効な、同社の労基署調査対策ツールも紹介する。

同社札幌営業所はかねてより勤怠管理の改善や長時間労働の是正などをテーマにしたセミナーを精力的に実施している。2月17日に日本生命札幌ビルで行なったセミナーでは設定していた定員数(50人)の約2倍となる90人以上が来場し、こうした事案に関する企業の関心の高さを示した。今回のセミナーで重点的に解説する労基署の「臨検監督」は、国が実施を強化していく方針を固めていることから、今回も大きな注目を集めそうだ。
労基署に睨まれない企業経営の在り方を考える上でも、このセミナーから学べるものは多そうだ。






Posted by 北方ジャーナル at 08:46│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
元監督官が労基署対策を解説するOBCの5月セミナー
    コメント(0)