さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年04月24日

「きたキッチン」4店目が新札幌にオープン


オープン初日から大勢で賑わう店内(4月21日撮影)

道産食品のセレクトショップとして人気の「きたキッチン」(運営・札幌丸井三越)。その新店舗となる新さっぽろ店が4月21日、札幌市厚別区のイオンカテプリ新さっぽろ地下1階にオープンした。


地場の新鮮野菜には来店者の多くが関心を寄せた

同店は、さっぽろ地下街オーロラタウン店・新千歳空港店・イオンモール旭川駅前内の旭川店に続く4店目。売場面積は約46坪で、既存店舗では行なっていなかった店内調理の惣菜販売や、農家直送の野菜売場の新設。ギフトコーナーの設置や広くスペースを取った道産酒売場などが大きな特徴となっている。


道産食材にこだわった惣菜類


北海道の地酒もずらり

出店地を同地域に選んだのは、厚別区・清田区・江別市・北広島市など約59万人の商圏人口を有する札幌市東部の拠点地域であるとともに、JR・地下鉄・バスの交通アクセスが充実したターミナルエリアとしても機能していることが主な理由だ。

「嗜む」「つくる」「食べる」をキーワードに約1000アイテム(※野菜・惣菜は除く)を展開。売上見通しについて松崎誠利セールスマネージャーは、「旗艦店である地下街オーロラタウン店の半分くらいを見込んでいる」と話している。


同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願
北海道にもゆかり深い維新志士と幕臣の末裔、黒田清揚氏が講演
流通バイヤー集結。今年も盛況だった「北海道産品取引商談会」
ホテルオークラが伝える道都・札幌の“食”の魅力
夕張メロンとステーキ食べ放題!「めろんのテラス」6月9日オープン
アサヒスーパードライ・クリアアサヒで北海道150年を応援
 さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願 (2018-06-20 17:24)
 北海道にもゆかり深い維新志士と幕臣の末裔、黒田清揚氏が講演 (2018-06-08 09:33)
 流通バイヤー集結。今年も盛況だった「北海道産品取引商談会」 (2018-06-07 13:42)
 ホテルオークラが伝える道都・札幌の“食”の魅力 (2018-06-04 09:33)
 夕張メロンとステーキ食べ放題!「めろんのテラス」6月9日オープン (2018-06-01 17:53)
 アサヒスーパードライ・クリアアサヒで北海道150年を応援 (2018-05-30 08:57)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
「きたキッチン」4店目が新札幌にオープン
    コメント(0)