さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 「きたキッチン」4店目が新札幌にオープン

2017年04月24日

「きたキッチン」4店目が新札幌にオープン


オープン初日から大勢で賑わう店内(4月21日撮影)

道産食品のセレクトショップとして人気の「きたキッチン」(運営・札幌丸井三越)。その新店舗となる新さっぽろ店が4月21日、札幌市厚別区のイオンカテプリ新さっぽろ地下1階にオープンした。


地場の新鮮野菜には来店者の多くが関心を寄せた

同店は、さっぽろ地下街オーロラタウン店・新千歳空港店・イオンモール旭川駅前内の旭川店に続く4店目。売場面積は約46坪で、既存店舗では行なっていなかった店内調理の惣菜販売や、農家直送の野菜売場の新設。ギフトコーナーの設置や広くスペースを取った道産酒売場などが大きな特徴となっている。


道産食材にこだわった惣菜類


北海道の地酒もずらり

出店地を同地域に選んだのは、厚別区・清田区・江別市・北広島市など約59万人の商圏人口を有する札幌市東部の拠点地域であるとともに、JR・地下鉄・バスの交通アクセスが充実したターミナルエリアとしても機能していることが主な理由だ。

「嗜む」「つくる」「食べる」をキーワードに約1000アイテム(※野菜・惣菜は除く)を展開。売上見通しについて松崎誠利セールスマネージャーは、「旗艦店である地下街オーロラタウン店の半分くらいを見込んでいる」と話している。


同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
7回目を迎えたホテルオークラ札幌「江別フェア」
道内企業・団体も関心を寄せる「スポフェスイン沖縄」4月開催
ラリーの第一人者招き、桜庭保険事務所が冬道講習
社会医療法人社団 カレスサッポロがドーナツとコーヒーのお店「CS café WEATHER REPORT」をオープン
サッポログループ、胆振東部地震復興へ3700万円以上を寄付
世界のVIPが絶賛した、ホテルオークラ伝統の「フレンチトースト」
 7回目を迎えたホテルオークラ札幌「江別フェア」 (2019-03-07 09:55)
 道内企業・団体も関心を寄せる「スポフェスイン沖縄」4月開催 (2019-01-11 15:47)
 ラリーの第一人者招き、桜庭保険事務所が冬道講習 (2018-12-22 08:00)
 社会医療法人社団 カレスサッポロがドーナツとコーヒーのお店「CS café WEATHER REPORT」をオープン (2018-12-21 00:00)
 サッポログループ、胆振東部地震復興へ3700万円以上を寄付 (2018-12-20 15:44)
 世界のVIPが絶賛した、ホテルオークラ伝統の「フレンチトースト」 (2018-12-12 15:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
「きたキッチン」4店目が新札幌にオープン
    コメント(0)