さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › “ピュアゼリー”の恩返し。ホリが夕張市へ1620万円寄付

2017年03月24日

“ピュアゼリー”の恩返し。ホリが夕張市へ1620万円寄付


ホリから夕張市へ贈られた企業版ふるさと納税の目録贈呈式。左から北洋銀・石井頭取、夕張市・鈴木市長、ホリ・堀社長、JA夕張市・加藤組合長。(3月23日午後、北洋銀本店4階セミナーホールで)

【リアルエコノミー提携記事】菓子製造販売のホリ(本社・砂川市)は主力商品の「夕張メロンピュアゼリー」が発売30周年になることを記念し、夕張市に企業版ふるさと納税で今後3年間に1620万円を寄付することを決めた。23日、この寄付を仲介した北洋銀行(本店・札幌市中央区)の本店で、ホリの堀安規良社長、夕張市の鈴木直道市長、JA夕張市の加藤春之組合長、北洋銀行の石井純二頭取が出席して目録贈呈式を行なった。

今回の企業版ふるさと納税は、北洋銀が夕張市の指定金融機関であることや地方創生に関する連携協力協定を結んでいることから実現した。
夕張市が抱えていた悩みに、夕張メロンの生産農家減少対策と土壌改良などの生産基盤強化への投資があった。北洋銀はこのニーズを取引先のホリに繋いだところ、同社は原料生産地への恩返しや、夕張メロンの更なる味の向上を期待するといった意向から、今回の寄付実施を決めた。

寄付金は、夕張市が地方再生計画として進める「夕張メロン生産基盤対策事業」として土壌改良や土層改良、新規就農支援に利用される。また、ホリは子どもたちの送迎用スクールバスも1台贈呈した。
ホリの堀社長は、「北洋銀行に仲介を依頼してこの度の寄付が実現した。夕張メロンの更なる味のアップに繋がれば嬉しい」と述べた。

夕張市の鈴木市長は、「“ピュアゼリー”があったから夕張メロンが全国に知られ、ブランドとして確立する原動力になった。財政破綻から10年、リ・スタート宣言したが、今回の企業版ふるさと納税によって夕張メロンがさらに飛躍する確実な一歩を踏み出せる」と挨拶した。
北洋銀の石井頭取は、「夕張市の地方創生に、今後も全面的に協力したい」と話すと共に、夕張市の学校に通う生徒や職員に「夕張メロンピュアゼリー」1000個を贈呈することも決め、その目録を鈴木市長に手渡した。


あなたにおススメの記事



Posted by 北方ジャーナル at 09:47│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
“ピュアゼリー”の恩返し。ホリが夕張市へ1620万円寄付
    コメント(0)