さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 仲間の声でゴールを目指すブラインドサッカー

2017年01月28日

仲間の声でゴールを目指すブラインドサッカー


ブラインドサッカーの白熱した試合(1月28日、北海きたえーるで)

道内唯一のブラインドサッカーチーム「ナマーラ北海道」と東京の「フリーバードめじろ台」、九州の「ラッキーストライカーズ福岡」の3チームが出場したムトウ杯ブラインドサッカー北海道オープンカップ2017が1月28日、札幌市豊平区の北海きたえーるで開催された。主催は医療機器商社の㈱ムトウとNPO法人セカンドサポートで、日本ブラインドサッカー協会やキリンビール㈱、㈱SAVANNAなども協力した。


「ナマーラ北海道」戸谷隆之介キャプテンによる選手宣誓

ブラインドサッカーとはアイマスクをして視覚を遮った選手4人とゴールキーパーの5人同士で争うフットサルスタイルの球技。ガラガラと音の鳴る専用のボールを使い、監督や敵陣ゴールの後ろで状況を伝えるコーラーと呼ばれるガイド役の指示を聞きながら、ボールを運びゴールを目指す。なおゴールキーパーは弱視者を含めて目の見える人が務めることになっている。
視覚が遮られた中、選手たちはボールの音や、監督・コーラーの指示、ほかの選手が発する声など、周囲の音のみを頼りに競技するため、観客は基本的に無言で観戦する決まりだ。ただ、ゴールが決まった時は、大歓声で選手を祝福。これには、ピッチ上の選手たちに試合が動いたことや、どれだけの人数が観戦しているかなどを伝える意味もある。


敵陣ゴール裏のコーラーがチームメイトの攻撃をサポート

同大会は、「ナマーラ北海道」対「フリーバードめじろ台」で幕を開けた。選手たちの動きは、視覚障碍を抱えているとは思えないほど皆スピーディーでアグレッシブ。前述の通り観客は無言で観戦していたが、選手たちのピッチを駆ける足音や掛け声で会場内は終始静まり返るということはなかった。
そして、ピッチから聞こえてきた「もっと声出していこう」という言葉。大半の団体競技で聞かれるフレーズだが、音や声が勝敗を左右するブラインドサッカーでのこの言葉は、ほかの競技にはない重みを感じた。

視覚障碍者と健常者が協力し合って勝利を目指すブラインドサッカー。支え合いの重要性を認識する上でも、この競技から参考にすべきものはいくつもありそうだ。


大会後、健闘を称えあった3チーム(左からフリーバードめじろ台・ナマーラ北海道・ラッキーストライカーズ福岡)


同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
ホテルオークラ札幌 9月1日から「いぶり食のフルコース」開催
ニトリレディスの前夜祭で「ティファニー・ステンドグラス」の点灯式を挙行
星野陸也プロがイーグルカップ初優勝、義援金は395万円に
下川町が「久遠チョコレート」でSDGs推進へ
道庁赤れんが庁舎前で「障害者就労カフェ」を8月21日まで開催中
さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願
 ホテルオークラ札幌 9月1日から「いぶり食のフルコース」開催 (2018-09-03 17:04)
 ニトリレディスの前夜祭で「ティファニー・ステンドグラス」の点灯式を挙行 (2018-08-23 15:12)
 星野陸也プロがイーグルカップ初優勝、義援金は395万円に (2018-08-21 08:00)
 下川町が「久遠チョコレート」でSDGs推進へ (2018-08-07 13:22)
 道庁赤れんが庁舎前で「障害者就労カフェ」を8月21日まで開催中 (2018-07-30 11:32)
 さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願 (2018-06-20 17:24)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 32人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
仲間の声でゴールを目指すブラインドサッカー
    コメント(0)