さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 冬の札幌・函館で沖縄気分を満喫する「泡盛の夕べ」

2017年01月16日

冬の札幌・函館で沖縄気分を満喫する「泡盛の夕べ」


例年、大勢の来場者で賑わう「泡盛の夕べ」(写真は第19回北海道泡盛の夕べの会場内)

真冬の北海道に居ながら、泡盛と共に南国・沖縄気分が味わえるイベントが、2月に各地の泡盛同好会の主催で札幌と函館で相次ぎ催される。
会場では沖縄からは泡盛の女王を始め泡盛メーカー数社が訪れ、50種類以上の泡盛や、沖縄県産の食材にこだわった沖縄料理が振る舞われる。また、沖縄の伝統芸能や音楽を披露するライブイベントなども行なわれるほか、沖縄旅行・沖縄リゾートホテル宿泊券・甕入り泡盛などの豪華景品が当たる抽選会も実施する予定だ。


会場では蔵元自慢のさまざまな泡盛が飲み放題

2月15日にホテル札幌ガーデンパレスで行なわれる「北海道泡盛の夕べ」。北海道泡盛同好会が主催する同イベントは今回で20回目を数える。第20回の節目を迎えたということで、来場者にはサプライズなプレゼントも用意されているようだ。
同イベントでは例年、いろいろな沖縄の伝統芸能が披露されるが、今回は沖縄から特別ゲストとして、沖縄民謡を現代風にアレンジした楽曲が支持されている3人組アーティスト「たぁばんちゅ」のライブステージが会場を盛り上げるほか、琉球舞踊や琉球國祭り太鼓による演舞なども催される。

2月17日には函館泡盛同好会が主催する第3回「函館泡盛の夕べ」が、ウイニングホテル函館を会場に催される。函館でのイベントも札幌同様に蔵元が誇る数々の泡盛と共に絶品の沖縄料理が来場者をもてなすほか、豪華景品が当たる抽選会も実施。沖縄の文化・芸能に触れられるさまざまなイベントも行なう予定で、泡盛や沖縄に関してこれまで馴染みのない人も十分に楽しめるイベント内容となっている。
真冬の札幌、函館で南の島・沖縄の熱い風を感じてはいかがだろうか。

札幌・函館とも開演は18時30分から。それぞれの問合せ先は下記の通り。
〈北海道泡盛の夕べ〉℡ 011-661-5555
〈函館泡盛の夕べ〉℡ 0138-26-2311


タグ :泡盛

同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願
北海道にもゆかり深い維新志士と幕臣の末裔、黒田清揚氏が講演
流通バイヤー集結。今年も盛況だった「北海道産品取引商談会」
ホテルオークラが伝える道都・札幌の“食”の魅力
夕張メロンとステーキ食べ放題!「めろんのテラス」6月9日オープン
アサヒスーパードライ・クリアアサヒで北海道150年を応援
 さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願 (2018-06-20 17:24)
 北海道にもゆかり深い維新志士と幕臣の末裔、黒田清揚氏が講演 (2018-06-08 09:33)
 流通バイヤー集結。今年も盛況だった「北海道産品取引商談会」 (2018-06-07 13:42)
 ホテルオークラが伝える道都・札幌の“食”の魅力 (2018-06-04 09:33)
 夕張メロンとステーキ食べ放題!「めろんのテラス」6月9日オープン (2018-06-01 17:53)
 アサヒスーパードライ・クリアアサヒで北海道150年を応援 (2018-05-30 08:57)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
冬の札幌・函館で沖縄気分を満喫する「泡盛の夕べ」
    コメント(0)