さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › OBC「奉行フォーラム」に800人来場 改正労基法やクラウド活用を指南

2016年11月24日

OBC「奉行フォーラム」に800人来場 改正労基法やクラウド活用を指南


「奉行フォーラム」内で労働基準法改正案の対策をテーマに行なわれた北海道賃金労務研究所・石田和彦代表による講演(2016年11月22日、ロイトン札幌で)

ビジネスソフト「奉行シリーズ」を手掛けるOBC(オービックビジネスコンサルタント、本社東京)が、10月初旬から全国12会場で順次開催していた「奉行フォーラム2016」。その最後を飾る札幌でのイベントが11月22日、ロイトン札幌で催され、道内企業関係者ら約800人が詰め掛けた。

今回の同イベントでは、政府が早期の法案成立に向け意欲を見せている労働基準法改正案への対策と、総務・経理業務の効率化やコストダウンが図れるクラウドサービスの効果的な活用の2つのテーマを軸に行なわれた。
同社札幌営業所の菅野睦所長は、
「来春にも成立するという見方が広まっている労働基準法改正案では、使用者が労働者に対し5日の年次有給休暇を確実に取得させることを義務化しているなど、労働時間や休暇制度などについて法的拘束力を強めた大きな見直しが行なわれます。これに対し道内企業も勤怠管理などの新たなシステム化や可視化が求められるので、今回のフォーラムではこの対応に関するセミナーに多くの方が示しているようです」
と語った。また、クラウドサービスについては、
「自社で就業に関するシステム構築やデータ管理を行なうと、どうしてもそれを行なうシステムの更新などにかかる負担を余儀なくされます。当社のクラウドサービスは細かな業務内容にも対応していますので、必要な場面に応じて自社でメンテナンス費用を負担することなく、常に最新のシステムを提供しています」
と話した。

演台に立った石田代表

同フォーラムでは、経営者から現場担当者までさまざまな企業人に応じた15のセミナーが開かれ、特に労働基準法改正案の対策を主題に2回行なわれた北海道賃金労務研究所・石田和彦代表の講演は、いずれの回も満席となった。
このほか会場では、同社が手掛ける50種類以上のサービスを実際に体験できるコーナーなども設置され、企業経営の効率化に寄与する同社の取り組みに多くの来場者が関心を寄せた。

多くの来場者から関心を集めたOBC最新サービスの体験コーナー

タグ :奉行

同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
北海道にもゆかり深い維新志士と幕臣の末裔、黒田清揚氏が講演
流通バイヤー集結。今年も盛況だった「北海道産品取引商談会」
ホテルオークラが伝える道都・札幌の“食”の魅力
夕張メロンとステーキ食べ放題!「めろんのテラス」6月9日オープン
アサヒスーパードライ・クリアアサヒで北海道150年を応援
ホクレン女子陸上部、市民ランナーに“楽しい走り方”をレクチャー
 北海道にもゆかり深い維新志士と幕臣の末裔、黒田清揚氏が講演 (2018-06-08 09:33)
 流通バイヤー集結。今年も盛況だった「北海道産品取引商談会」 (2018-06-07 13:42)
 ホテルオークラが伝える道都・札幌の“食”の魅力 (2018-06-04 09:33)
 夕張メロンとステーキ食べ放題!「めろんのテラス」6月9日オープン (2018-06-01 17:53)
 アサヒスーパードライ・クリアアサヒで北海道150年を応援 (2018-05-30 08:57)
 ホクレン女子陸上部、市民ランナーに“楽しい走り方”をレクチャー (2018-05-15 16:10)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
OBC「奉行フォーラム」に800人来場 改正労基法やクラウド活用を指南
    コメント(0)