さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › オータムフェストを盛り上げたジミー東原ライブ

2016年09月24日

オータムフェストを盛り上げたジミー東原ライブ


さっぽろオータムフェストでのライブの様子(9月24日午前、大通公園6丁目内ステージで)

太陽グループ(本社札幌)の東原俊郎社長がトランペット奏者として参加しているブラスロックバンド・ジミー東原オールスターズは9月23日・24日の2日間、さっぽろオータムフェストで賑わう札幌市中央区の大通公園6丁目内ステージでライブを開催。訪れた観客を大いに沸かせた。


東原俊郎社長によるトランペット演奏

同バンドは、札幌出身の実力派フリーギタリストで前述した東原社長の実弟でもあるジミー東原氏が、ブラスロックの風を全国に巻き起こそうと、若手・ベテランを問わず実力あるミュージシャンに呼び掛けて結成したもの。サッポロ・シティ・ジャズやライラックまつり音楽祭など、札幌市で開催している数々の音楽イベントで同バンドの存在は欠かせないものとして定着している。

9月24日に行なったライブでは11曲を披露。このうちの1曲で太陽グループのCMソングでもお馴染みの「What a Wonderful World」では、東原社長のトランペットソロ演奏も行なわれた。
演奏後、ジミー東原氏に促されマイクを握った東原社長は、「バンドに参加して11年間、これまで楽しくやらせてもらっています。このような一流メンバーと一緒にやれることを誇りに思っています」と語った。


演奏に合わせて踊りだす観客の姿も

ライブでは、演奏に合わせて踊りだす観客も出るなど、会場は大いに盛り上がった。





同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
もうすぐ Xmas!! オークラ札幌が「ひろおサンタランドフェア」
田下昌明氏による“究極の育児書” 。旭川での出版祝賀会に200人
「第4回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」11月2日から開催
札幌に最も近い道の駅が当別町にオープン
さっぽろオータムフェストを3000円で食べ歩いてみた
「奉行シリーズ」のOBC、労災対策や経理業務の改善などを講演
 もうすぐ Xmas!! オークラ札幌が「ひろおサンタランドフェア」 (2017-12-01 17:47)
 田下昌明氏による“究極の育児書” 。旭川での出版祝賀会に200人 (2017-11-25 14:41)
 「第4回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」11月2日から開催 (2017-10-10 17:46)
 札幌に最も近い道の駅が当別町にオープン (2017-09-25 19:30)
 さっぽろオータムフェストを3000円で食べ歩いてみた (2017-09-19 08:56)
 「奉行シリーズ」のOBC、労災対策や経理業務の改善などを講演 (2017-09-12 09:16)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
オータムフェストを盛り上げたジミー東原ライブ
    コメント(0)