さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 病棟に響いたクラシックの音色。今年も新和HDによる札医大ロビーコンサートを開催

2016年09月13日

病棟に響いたクラシックの音色。今年も新和HDによる札医大ロビーコンサートを開催


札医大附属病院ロビーで行なわれた札響弦楽四重奏団の演奏(9月12日夕)

【リアルエコノミー提携記事】病院ロビーが即席のミニコンサート会場に──。パチンコ・パチスロの新和ホールディングス(本社・札幌市中央区)の主催による第6回札幌医科大学アンサンブルコンサートが9月12日夕、札医大附属病院1階ロビーで開かれた。入院患者や医師、看護師など約150人が札幌交響楽団弦楽四重奏のメンバーが奏でる心地良い旋律に聴き入った。


演奏会を前に握手する新井修社長(左)と札医大の塚本泰司理事長・学長

 このロビーコンサートは、新和ホールティングスが掲げる「医療・福祉・文化の発展をサポートする」という理念のもと2011年から始まったもの。札響のヴァイオリンやヴィオラ、チェロの弦楽器奏者4人が、普段は診察を受ける人たちで埋まるロビーをミニコンサート会場にして演奏を披露する。

 6回目となる今年のコンサートの奏者は、ヴァイオリンが中村菜見子さんと富田麻衣子さん、ヴィオラは物部憲一さん、チェロは廣狩理栄さんで昨年と同じメンバー。物部さんが曲の紹介や楽器の特徴などを説明。クラシックはモーツァルトの『ディヴェルティメントK136第1楽章』とエルガーの『愛のあいさつ』のみで他は映画音楽や宮崎駿のアニメテーマ曲、ルパン三世のテーマ、世界に一つだけの花など12曲を演奏した。

 入院している子どもたちや車椅子の患者たちは、真剣な眼差しで弦が響き合う音を間近に感じ、1曲の演奏が終わるたびに拍手を贈った。アンコール曲は今年7月に亡くなった永六輔作詞で坂本九が歌った『上を向いて歩こう』。1時間の演奏はすぐにフィナーレを迎えた。

 コンサートの後で挨拶した新和ホールディングスの新井修社長は、「回を重ねるごとに多くの皆様からお礼の言葉をいただきます。特に感動するのは入院患者さんからお手紙をいただくこと。このロビーコンサートをお聴きになって憩いのひと時を送っていただければ嬉しい」と話していた。

同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
「きたキッチン」4店目が新札幌にオープン
「過重労働是正で選ばれる企業に」 OBC勤怠管理改善セミナー
国際色豊かになったさっぽろ雪まつりをフォトレポート
仲間の声でゴールを目指すブラインドサッカー
OBCが2月に北見・札幌で勤怠管理改善セミナー開催
冬の札幌・函館で沖縄気分を満喫する「泡盛の夕べ」
 「きたキッチン」4店目が新札幌にオープン (2017-04-24 14:44)
 「過重労働是正で選ばれる企業に」 OBC勤怠管理改善セミナー (2017-02-20 15:38)
 国際色豊かになったさっぽろ雪まつりをフォトレポート (2017-02-10 12:47)
 仲間の声でゴールを目指すブラインドサッカー (2017-01-28 17:23)
 OBCが2月に北見・札幌で勤怠管理改善セミナー開催 (2017-01-17 08:42)
 冬の札幌・函館で沖縄気分を満喫する「泡盛の夕べ」 (2017-01-16 09:46)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
病棟に響いたクラシックの音色。今年も新和HDによる札医大ロビーコンサートを開催
    コメント(0)