さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 文化(文芸・アート・音楽) › ニトリ小樽芸術村、一部施設をメディア公開

2016年07月15日

ニトリ小樽芸術村、一部施設をメディア公開



アール・ヌーヴォーグラス館(上)と展示しているガラス工芸作品(下、7月14日午後)

小樽市中心部にある歴史的建造物の旧三井銀行小樽支店・旧高橋倉庫・旧荒田商店の3棟を活用した「ニトリ小樽芸術村」(同市色内1丁目2‐17)の開設計画を進めているニトリホールディングス(本社札幌・白井俊之社長)。この3棟のうち、7月23日に先行オープンするアール・ヌーヴォーグラス館(旧荒田商店活用)とステンドグラス美術館(旧高橋倉庫活用)のメディア向け内覧会が7月14・15日に行なわれた。



ステンドグラス美術館(上)とその内部(下)

アール・ヌーヴォーグラス館では、ガラス工芸の大家であるエミール・ガレやドーム兄弟などが手掛けたアール・ヌーヴォーを代表する作品を約100点展示しており、オープンからは展示品にちなんだオリジナルグッズを販売するミュージアムショップも開店する。
ステンドグラス美術館では、19世紀末から20世紀初めにかけて英国で制作された70組・140点のステンドグラスを壁面のほぼ全面に展示。日常ではあまり体験できない美麗で荘厳な空間を演出している。

これらの美術品は、家具の開発におけるカラーコーディネートの参考資料などの用途として同社が長年収集を続けていたもの。これらを公開する前述の2施設は、建設された時期が同作品群が制作された時期と重なる大正~昭和初期の建物。その当時、北海道経済の中心都市だった小樽の面影を今に残す建物とこれら西洋美術品のマッチングは、懐かしさと新鮮さが同時に感じる不思議な印象を醸し出している。

同2施設の観覧料は小学生以下は無料で、中・高・大学生500円、一般700円。開館時間はオープン日の7月23日(15時オープン)を除いて通常9時30分から17時30分まで。なお、夏季の7月・8月は18時30分まで開館している。年間来場者数は2施設で10万人を目標としている。

来年5月に日本近代絵画美術館(仮称)として生まれ変わる予定の旧三井銀行小樽支店

旧三井銀行小樽支店は岸田劉生の作品や浮世絵など100~200点の絵画を展示する日本近代絵画美術館(仮称)として活用する方針。オープンは来年5月を予定している。

タグ :小樽ニトリ

同じカテゴリー(文化(文芸・アート・音楽))の記事画像
キタコー・草野馨元会長が自伝出版記念パーティーを開催
「新千歳空港国際アニメ映画祭2015」が10月31日から開催へ
新千歳空港の映画祭でポーランドの「ジーゲノート」がグランプリ
世界初!「新千歳空港国際アニメーション映画祭2014」が開幕
理容組合北海道日本ハムファイターズ後援会が今年の『ファイターズスタイル』を発表
亡くなった砂澤チニタさんが札幌での合同展で見せた執念
同じカテゴリー(文化(文芸・アート・音楽))の記事
 キタコー・草野馨元会長が自伝出版記念パーティーを開催 (2017-02-28 09:42)
 「新千歳空港国際アニメ映画祭2015」が10月31日から開催へ (2015-10-06 10:28)
 新千歳空港の映画祭でポーランドの「ジーゲノート」がグランプリ (2014-11-04 12:47)
 世界初!「新千歳空港国際アニメーション映画祭2014」が開幕 (2014-11-01 11:24)
 理容組合北海道日本ハムファイターズ後援会が今年の『ファイターズスタイル』を発表 (2014-02-26 15:51)
 亡くなった砂澤チニタさんが札幌での合同展で見せた執念 (2013-11-10 13:36)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ニトリ小樽芸術村、一部施設をメディア公開
    コメント(0)