さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › バックナンバー › 北方ジャーナル2016年7月号

2016年06月15日

北方ジャーナル2016年7月号




6月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、SPAR、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。


【報道】道警不祥事から考える 〈7〉

懲戒発表、足並み揃わず

北海道「全件公表」6月スタート
警察本部1万2000人は対象外



北海道の知事部局で、職員の懲戒処分の「公表の指針」が変わった。今月からは原則、処分のあった日に概要を報道発表するとともに、公式サイトに掲載して広く周知することになるという。すでに同旨の取り組みを始めていた教育庁などと合わせ、今後は約7万2000人の道職員のうち6万人ほどが「全件公表」の対象となる。残る1万2000人には“特権"が残った。そう、警察職員には。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】人は裁かれ、組織は…

誰も「おかしい」と言わなかった

森署・切符捏造 「目標」巡り
喰い違う警察と当事者の見解


40件もの交通違反をでっち上げた元警察官に、検察は懲役3年の刑を求めた。被告人は「すべて自分の弱さが原因」と頭を垂れ、謝罪と反省を口にするばかり。2度にわたった審理は終わり、今月下旬にも判決が言い渡されることになる。本誌前号で報告した、北海道警・森警察署の点数切符捏造事件。1人の元巡査長が裁かれるその法廷で、組織の責任が問われることはついにない。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】一世を風靡した「北欧」ブランドの行方

「北欧を喰い物にした
父を私はもう許さない!」


長男の斉藤豪氏が創業者の武吉氏を実名告発



かつて札幌のパン業界で一世を風靡した「北欧」。最盛期と比べて見劣りがするとはいえ、今も根強い人気があるブランドだ。いま、その北欧グループ内で骨肉の争いが起きている。実質的なグループトップである斉藤豪氏(40)が「父は、これまで私腹を肥やすことしか考えず、会社を喰いものにしてきた。このままではとてもブランドを守れない」と、創業者の斉藤武吉氏(68)を名指しで告発。父と長男はもはや後戻りできない全面戦争に入っている。本稿では同社の軌跡を辿りながら、まずは豪氏の主張に耳を傾けてみた。「北欧」ブランドの行方はどうなるのか──。

----------------------------------------------------------------------

【財界】道内経済界トップ人事点描

道経連会長に高橋賢友氏が就任
北電副社長OBの登板が定着?



北海道経済の大きな方向性を決める役割を担う北海道経済連合会(道経連)の新会長に高橋賢友・北電興業社長(62)が6月2日、道経連の総会で就任した。退任した大内全会長(67)と同様、北海道電力副社長OBの登板だ。代々北電会長が就任してきた道経連会長は、北電副社長経験者が就くポストに変わり始めたようだ。出身者の最終ポストがどうであれ、道経済の将来について衆知を集めて議論し、発信する場であることに変わりはない。今回のトップ人事を点描してみた。



----------------------------------------------------------------------

【参院選】 特集・第24回参議院議員通常選挙

北海道、参院選の“顔"

改選数「3枠」に入るのは誰だ!



第24回参議院議員通常選挙が6月22日に公示され、7月10日に投開票の日を迎える。自ら“有言不実行"と認めて消費増税の再延期を決めた安倍晋三首相が「国民に信を問う」とした国政選挙。“衆参同時"が見送られる中での夏の政治決戦の火ぶたがまもなく切られることになる。今回のトピックは、有権者を18歳以上とした初の選挙であり、定数の「10増10減」が実施されること。北海道では定数が4から6となり、改選される「3枠」をめぐって出馬する候補予定者たちが、今や遅しとゲートが開くのを待っている。本特集では、その候補予定者たちに“ズームイン"。5月末までに立起を表明していた7人に取材し、それぞれの政策や国政に向かう覚悟のほどを訊いた。読者諸兄の選択の一助となれば幸いだ。

■北海道を最も成長性のある地域に スマート農業、育てる漁業を推進  長谷川 岳 氏(自民党・参議院議員)

■有権者の無関心・あきらめに危機感 慎重な議論ができる政治を取り戻す 徳永 エリ 氏(民進党・参議院議員)

■道議として直視してきた地域の疲弊 国政の場で真の地方創生を進めたい 柿木 克弘 氏(自民党・道議会議員)

■安保法廃止・最賃引き上げ・地方活性“鉢呂3策"で国政カムバックに挑む 鉢呂 吉雄 氏(民進党・元経済産業大臣)

■立憲主義回復と安保法廃止を掲げ安倍政権打倒を呼び掛け続ける    森 英士 氏(共産党・新人)

■“政治のベンチャー"として北海道の復活に全力尽くす  飯田 佳宏 氏(無所属・新人)

■国家存亡の今こそ国防強化を 国内原発は即時再稼働すべき  森山 佳則 氏(幸福実現党・新人)

----------------------------------------------------------------------

【連載】戦争遺産をめぐる旅 (16)

戦後70年の節目にオープンした
区民による世田谷区立平和資料館


相次ぐ“戦争の記憶"の寄贈者



戦後70年の昨年8月15日、東京都世田谷区池尻の世田谷公園内にオープンした世田谷区立平和資料館が全国的に注目されている。区民が寄贈した戦時中の物品や資料が豊富なうえ、戦争体験談をまとめた冊子を出したり戦争体験者による語り部活動を行なうなど、新しい形で子供たちや次の世代に戦争の被害と恐ろしさを伝えようとしている。アメリカのオバマ大統領が現職として初めて広島を訪れ、広島平和記念資料館などを見学するなど戦勝国のアメリカと日本の関係が新しい時代を迎えようとしているいま、こうした資料館が首都東京に開館した意義は大きい。(ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【原発】検証「泊原発は本当に必要なのか」(16)

使われない70キロの送電網

泊原発が生む電気の行き先をたどる


4月から始まった家庭用電力販売の自由化で、道内の消費者は北海道電力だけでなく他の新規事業者からも電気を買える時代に入った。電気料金を低くできない理由のひとつとされてきた「発送電分離」も2020年から大手電力会社の送配電網を別会社化することが法律で決まり、新規参入した事業者が中立的な条件で送配電網を使えるようになる。3・11のフクシマの惨事がきっかけとなり、自由に電気を作り、売ることができる時代が本格的に到来するわけだが、そもそも泊原発で発電された電気は、どのようなルートを使って札幌まで届いているのだろうか。その現場を自分自身で確かめてみた。(ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【ニュース】

■オーナーは「ほくおうグループ」?
 “幽霊病院"の帯広記念病院が開業

 ──開設認可から18年を経てオープンした事情とは…

■札幌市議会の政活費公開始まる
 消化率ばらつきに早くも違和感

 ──疑念生む黒塗り領収書。「前渡し」は事後清算に変更を

■酪農学園・麻田信二理事長退任へ
 学長更迭問題との関わりは否定

 ──常務理事など現職過半数が交替、新任に道・土屋農政部長ら

■少年院「月形学園」男性職員逮捕
 商業施設で少女のスカートに…

 ──若手法務教官に何があったのか

----------------------------------------------------------------------

【連載】ルポ 「ひきこもり」──長期高齢化の周辺(10)

見返りを求めず、緩やかにつながる

期待高まるピアサポーターによる
「絵はがき」を活用したアウトリーチ


外出のできないひきこもりへの支援をめぐっては、専門職によるアウトリーチ(訪問支援)が有効だとされている。だが、対人不安の強い当事者を訪ねても面会まで漕ぎつけるのは容易ではない──。このような課題が指摘される中、当事者と緩やかに接触する手段として期待されているのが、「絵はがき」をコミュニケーションツールとして活用したアウトリーチだ。担い手となるのは同じような悩みや痛みを経験してきたピアサポーターたち。取り組みの周辺を報告する。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【メンタル】

HSPで悩まないで──

道立緑ヶ丘病院医長の長沼睦雄さんが
『敏感すぎる自分を好きになれる本』を出版


道立緑ヶ丘病院精神科医長で発達障害に詳しい長沼睦雄さんが、敏感すぎて苦しんでいる人に向けて『敏感すぎる自分を好きになれる本』(青春出版社)を出版した。些細なことが気になりクヨクヨしたり、他人の気分に左右されやすい──。これまで「性格」の問題と見做されていたが、実は生まれもった「気質」。この「HSP」(とても敏感な人)と呼ばれる人は5人に1人いるという。(聞き手・武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【長期連載】“農と食"北の大地から
連載第148回 特別インタビュー

グローバリズムから地域を守る「北海道グリーンクラブ」の設立を提案する農業ジャーナリスト
久田 徳二 さん

「道産品を食べられる幸せ」は
大きな価値であることを自覚し
農業守る1千万人超のファンを



TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の荒波に晒される1次産業を守る決め手は、「自給・自立」を掲げて高品質の農産物を作り、北海道農業を支えてくれる消費者に届け、産消提携を進めることだ──。北海道の「農と食」を応援するファンクラブの設立を提唱してきた、農業ジャーナリストの久田徳二さん(道新編集委員)がこう力説する。会員目標は1100万人。壮大な構想だ。グローバリズム時代に抗し、本道農業が存続するには何ができるか──その主張と提案を聴いた。
(5月25日、札幌市内で収録。聴き手 ルポライター 滝川 康治)

----------------------------------------------------------------------

【医療・介護】
上層階に有料老人ホームを併設した
札幌ススキノ病院が都心にオープン

医療・住まい・介護を一体的に
提供する小笠原グループの挑戦



6月1日、道都のど真ん中に「札幌ススキノ病院」(50床・柴田好院長)がオープンした。名称の通り中央区のすすきの地区に位置し、全182室の有料老人ホーム「ファミリードクターズホーム6・8」を上層階に併設しているのが最大の特徴だ。高齢の入院患者や入居者に対応する万全な医療環境を整え、“安心"を提供するのがコンセプト。これまで「あきらめない医療」を掲げ、急性期医療に対応しながら南区を中心に「医療・介護・住まい」を総合的に提供してきた小笠原グループ(小笠原篤夫代表)の新事業。時代を先取りする同グループの挑戦をレポートする。

----------------------------------------------------------------------

【ビール】
生まれ変わった「サッポロビール博物館」

「プレミアムツアー」は魅力満載
サッポロビール園も7月1日に開業50周年!


サッポロビール㈱(本社・東京都渋谷区)は4月21日、同社の前身である「開拓使麦酒醸造所」の開業140周年を記念した取り組みのひとつとして「サッポロビール博物館」(札幌市東区)の内部を全面リニューアルし、グランドオープンさせた。また、同館やアリオ札幌とともに「サッポロガーデンパーク」を形成する「サッポロビール園」も7月1日に開業50周年を迎え、さまざまな記念プランなどで節目に彩りを添える予定だ。サッポロビール博物館の住吉徳文館長と、サッポロビール園の田澤宏之取締役支社長を訪ね、それぞれの施設の魅力などを訊いた。

----------------------------------------------------------------------

【話題の人】開発局職員から小樽観光協会の
事務局次長に転身した小野 達哉さんに訊く

「歴史に裏付けされた面白さをアピールし、小樽に興味を持ってもらいたい」


道内有数の観光地として外国人観光客が押し寄せる一方で、深刻な過疎化に悩む小樽。そのマチに4月、ある男性がUターンした。北海道開発局の職員から一般社団法人小樽観光協会の事務局次長に転身した小野達哉さん(39)がその人だ。転機となったのは、前職で出会った道内の“マチヅクリスト"たち。「マチを衰退から救うため何かやらなければ」。そんな熱意に触発され、新たな人生を歩み始めた小野さんに、故郷小樽への思いや観光振興について訊いた。          (聞き手・武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【文化】
「レトロスペース・坂会館」が閉館の危機

求められる昭和の生活資料の見直し

「しおA字フライビスケット」などで知られる「坂栄養食品」の工場敷地内(札幌市西区二十四軒)にある私設博物館「レトロスペース・坂会館」が閉館の危機にある。数万点に及ぶ昭和の生活資料を収蔵する“札幌の不思議スポット"として多くの愛好者がいるが、土地建物を所有する会社が、建物の老朽化を理由に解体する方針だ。「レトロスペースの灯を消すな」──。ファンによる応援隊が発足するなど、館存続と収蔵品の保存に向けての模索が続いている。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【夏のボーナス特集】長期で育てる資産運用

預貯金から投資、円から外貨へ
将来を見据え柔軟な発想転換を


今年も夏のボーナス時期がやってきた。何かと不景気な話題が巷に溢れる中、まとまったお金が入るのは、家計にとって嬉しい限りだ。とはいえ、貴重なボーナスをせっかくなら上手に活用したいところ。そこで今回は道民にとってお馴染みのリーディングバンク・北洋銀行の資産運用推進部・片山美幸担当部長に、長期的な人生設計も視野に入れた上手なボーナスの運用術などについて指南してもらった。「人生設計を考慮した上で必要なお金と、そうではない余裕資産を色分けすることが重要です」(片山部長)

----------------------------------------------------------------------

【人】NPO法人ジャイフル理事長 渡邊 隆史さん

子供たちの未来のために支援者らと通信制高校を開校


この春、札幌に新たな通信制高校「松陰高校札幌中央校」が誕生した。仕掛け人の1人で、NPO法人ジャイフルの理事長を務める渡邊隆史さん(39)は、フリースクールや放課後児童デイサービスを運営。高校を卒業しても自分のやりたいことを見出せない子供たちが多いことから、就労体験などを通して1人ひとりのやる気を引き出す学び場を、仲間たちと立ち上げた。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【フォトレポート・トピックス】

*「恵庭駅皮膚科クリニック」が駅西口の再開発ビルにオープン
*蘇った伝説のディスコ「キングムー」 “新しい文化"をいま、ここから──
*超話題作『日本会議』研究本著者が来札、参院選前に警鐘
*「私の父は『麻原彰晃』です」教祖三女が札幌で初めて講演
*札建協、創立100周年式典開催 “3つの心"に基づく新たな行動指針を宣言
*JA共済連が交通事故再現講習 衝撃や恐怖を再現し、交通安全を啓発
*少年野球・ライラックまつりで太陽グループ・東原社長が盛り上げ役に
*ススキノラフィラが「昼宴」を新提案 新需要喚起で飲食業界活性化を
*「札幌ハートセンター」が医療講演会を札幌コンベンションセンターで開催
*真夏の札幌で「うちなー気分」を満喫 7月14日に「泡盛を楽しむ北海道の集い」

----------------------------------------------------------------------

【連載コラムなど】
*道北フォトエッセイ
*根掛かり人生
*視点 公共交通をどうする?
*夏井功の「夜を駈ける車イス」
*風俗嬢の休日
*シネマ
*須賀章雅のよいどれブンガク夜話
*名画の小部屋
*スポーツ筆刀両断
*札幌異才探訪
*トンデモ撮影日記
*新設企業情報
*人物株価
*古本屋女房の“古本的日常"
*私のラバさん酋長の娘

----------------------------------------------------------------------
【今月の表紙】鈴木翁二画
『あじさい日記』

同じカテゴリー(バックナンバー)の記事画像
北方ジャーナル2017年4月号
北方ジャーナル2017年3月号
北方ジャーナル2017年2月号
北方ジャーナル2017年1月号
北方ジャーナル2016年12月号
北方ジャーナル2016年11月号
同じカテゴリー(バックナンバー)の記事
 北方ジャーナル2017年4月号 (2017-03-15 00:00)
 北方ジャーナル2017年3月号 (2017-02-15 00:00)
 北方ジャーナル2017年2月号 (2017-01-14 00:00)
 北方ジャーナル2017年1月号 (2016-12-15 00:00)
 北方ジャーナル2016年12月号 (2016-11-14 00:00)
 北方ジャーナル2016年11月号 (2016-10-15 00:00)

Posted by 北方ジャーナル at 00:00│Comments(0)バックナンバー
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
北方ジャーナル2016年7月号
    コメント(0)