さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › ニュース › 突然の運賃引き下げ計画に怒りと苦悩のハイヤー協会

2016年03月20日

突然の運賃引き下げ計画に怒りと苦悩のハイヤー協会


札幌ハイヤー協会が事務所を置く北海道ハイヤー会館

3月11日に国交省が突然公表した、札幌交通圏(札幌、江別、北広島、石狩)を含む全国11の交通圏でのタクシー下限運賃の引き下げ計画。その内容によれば、同省は運賃引き下げを今夏に実施する方向で検討段階に入ったという。国のこうした動きについて、札幌交通圏に53社2団体の会員を持つ一般社団法人札幌ハイヤー協会(今井一彦会長)の幹部は「業界を危機的状況に追いやるもの」として憤りを隠さない。


シマフクロウのステッカー(写真)が、専門知識を持った観光おもてなしタクシーの目印

札幌交通圏における現在の初乗り運賃の公定幅は640〜670円。これは2007年の運賃改定の折、タクシー会社が事業の継続に不可欠な適正利潤を得られるよう、厳密な原価計算に基づいて設定された金額がベースとなっている。2014年に消費税が5%から8%に増税された事に伴い、運賃にも増税分の上乗せが図られ上記の公定幅運賃となった。そして、この公定幅運賃を守らない事業者に対しては、国が運賃変更命令を出せるようになるなど、規制も強化された。

札幌ハイヤー協会の会員事業者は、上記の公定幅運賃を遵守している。同協会に加盟していない事業者には、札幌北交ハイヤー(本社札幌)と札幌エムケイ(同)の2社があるが、このうち札幌北交ハイヤーは初乗り運賃を640円に設定している。こうした中、札幌エムケイのみが他と足並みを揃えず公定幅運賃を下回る570円で営業を続けている。

「今回の国の方針転換は、運賃変更命令の撤回を求めてエムケイグループが全国で起こした訴訟に国が相次ぎ敗れたため、自らが法令違反と定めたものを、まるで最初から無かった事のようにして幕引きを図ろうという意図が感じられる」

このように語るのは、同協会の照井幸一専務理事だ。

「公定幅運賃を仮に20円ないし30円下げたとしても、それでタクシーの利用回数が劇的に増える訳ではない。ただ事業者の収益が下がるだけだ」(同氏)

運賃の減額分を穴埋めするには、タクシーの利用回数自体を増やす必要がある。その新規需要を掘り起こす取り組みとして、同協会では観光分野のサービスを強化。観光ガイドとしても優れたスキルを有した乗務員を育成する「北海道観光おもてなしタクシー乗務員認定制度」を、5年前の2011年からスタートし、この認定を受けた乗務員は現在、約1000人を数えるという。

前述の照井氏は、「日本のタクシーの安全、安心は、海外からの観光客にはアピールポイントになるだろう」と語る一方で、「海外からの観光客はレンタカー利用も多く、観光分野でタクシーの大幅な需要増が期待できるかと言われれば、微妙なところだ」と懸念も呈している。

運賃引き下げの対策について、同協会は「然るべき時期を見極めて、各事業者のトップを集めた会議の場を設け、そこで具体策などを協議したい」(同氏)との方針を示している。

札幌交通圏のタクシー事業者にとって、正に青天の霹靂となった国の運賃引き下げ検討。果たして有効な処方箋は見いだせるか。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
すすきの観光協会・篠田政一会長、志半ばの急逝
北欧パンの栄華を伝える「北欧館」が解体・更地に
本誌記者に届いた架空請求ショートメール
セコマの赤尾昭彦会長が76歳で死去 早すぎる別れに驚き広がる
ピーク時から19万頭減少しても、まだ多すぎるエゾシカ
政府首脳がエールを送る「北海道経営未来塾」がスタート
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 すすきの観光協会・篠田政一会長、志半ばの急逝 (2017-05-11 09:51)
 北欧パンの栄華を伝える「北欧館」が解体・更地に (2017-01-13 15:08)
 本誌記者に届いた架空請求ショートメール (2016-12-16 17:11)
 セコマの赤尾昭彦会長が76歳で死去 早すぎる別れに驚き広がる (2016-08-24 09:48)
 ピーク時から19万頭減少しても、まだ多すぎるエゾシカ (2016-08-17 17:41)
 政府首脳がエールを送る「北海道経営未来塾」がスタート (2016-06-13 16:45)

Posted by 北方ジャーナル at 18:15│Comments(0)ニュース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
突然の運賃引き下げ計画に怒りと苦悩のハイヤー協会
    コメント(0)