さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › ニュース › 社会問題化する“空き家対策”で北洋銀行と札幌市が連携協定

2015年09月01日

社会問題化する“空き家対策”で北洋銀行と札幌市が連携協定


空き家対策で連携協定を締結した北洋銀行の関川峰希常務(左)と札幌市の京谷篤都市局長(8月31日、北洋大通センターで)

【リアルエコノミー提携記事】北洋銀行(本店・札幌市中央区)と札幌市は8月31日、空き家の解体や有効活用を促進するための連携協定を結んだ。空き家対策が全国的な課題になる中で、金融機関と自治体が協定を結んで取り組むのは道内初。北洋銀では地方創生の一環として空き家対策を重要施策に挙げる自治体が多いことから、地元信用金庫を含めて空き家対策に支援協力していく。

この日、札幌市中央区の北洋大通センター4階セミナーホールで、北洋銀の関川峰希常務と札幌市の京谷篤都市局長が協定書に調印した。協定は、空き家所有者の解体(除却)を支援したり、空き家の活用について所有者からの相談に北洋銀と市が相互に連携していくもの。

具体的には市が始めた『危険空き家等除却制度』補助(上限150万円)の申請者全員に北洋銀が7月から始めた『空き家解体ローン』の最下限金利(年2・7%)を適用(通常は5・2%)、また北洋銀に空き家の有効活用に相談があった場合、相談者の了承を得て市の補助金などを紹介する。

札幌市によると、2013年度の統計で市内の放置空き家の中で破損や老朽化した危険空き屋の一戸建ては推計で2910戸にのぼり、実際に市の職員が現地で確認でした危険空き家は117戸。

京谷都市局長は、「市は所有者に除却を推進するために危険性のある空き家に対して除却費用の一部を補助する制度を始めたが、空き家を有効活用する対策を講じる必要もある。地方公共団体が進める空き家対策を地方創生の一環としてサポートすることを打ち出した北洋銀との協定締結は心強い」と語った。

また、北洋銀の関川常務は、「道内の多くの自治体から空き家問題が大きな課題という話を聞いている。各自治体との連携が不可欠だが、今回、札幌市と第一弾として連携協定を締結することになった。空き家になる前の一戸建て住宅をリフォームして賃貸に利用してもらうなど所有者のニーズを聞き取りながら空き家活用も進めたい。また、本州や道内各地から札幌市に住みたいという移住希望者に住居を紹介するようなネットワークづくりの一翼も担っていく」と話した。

北洋銀では、他の道内自治体と同様の協定を結び、地域の信用金庫、信用組合とも協調して地方でより深刻な空き家対策に注力する。

同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
北欧パンの栄華を伝える「北欧館」が解体・更地に
本誌記者に届いた架空請求ショートメール
セコマの赤尾昭彦会長が76歳で死去 早すぎる別れに驚き広がる
ピーク時から19万頭減少しても、まだ多すぎるエゾシカ
政府首脳がエールを送る「北海道経営未来塾」がスタート
未来への架け橋へ──。さまざまな想いを乗せて北海道新幹線が開業
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 北欧パンの栄華を伝える「北欧館」が解体・更地に (2017-01-13 15:08)
 本誌記者に届いた架空請求ショートメール (2016-12-16 17:11)
 セコマの赤尾昭彦会長が76歳で死去 早すぎる別れに驚き広がる (2016-08-24 09:48)
 ピーク時から19万頭減少しても、まだ多すぎるエゾシカ (2016-08-17 17:41)
 政府首脳がエールを送る「北海道経営未来塾」がスタート (2016-06-13 16:45)
 未来への架け橋へ──。さまざまな想いを乗せて北海道新幹線が開業 (2016-03-28 10:07)

Posted by 北方ジャーナル at 09:27│Comments(0)ニュース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
社会問題化する“空き家対策”で北洋銀行と札幌市が連携協定
    コメント(0)