さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › ニュース › 空調・給排水の央幸設備工業が「霊芝栽培」で美唄に進出

2015年08月25日

空調・給排水の央幸設備工業が「霊芝栽培」で美唄に進出


“霊芝工場”になる予定の旧西美唄小学校前に立つ尾北社長(8月24日午前)

空調や給排水などに関する自社のノウハウを生かして「霊芝栽培」に挑戦している「央幸設備工業」(本社札幌市白石区・尾北紀靖社長)が美唄に進出する。地元の旧小学校施設(西美唄小学校)を活用して霊芝の栽培工場を整備する計画だ。8月24日、同社の子会社「北海道霊芝」は土地・建物の売買契約を市と締結。この9月にも改修に取り掛かり、来年4月から栽培を始める運びになっている。


央幸設備工業が栽培している霊芝(北広島市内の栽培場で)

央幸設備工業では2004年から霊芝の栽培と研究を開始し、05年には独自の空調管理体制で人工栽培に成功。生産を軌道に乗せると同時に加工と販売を手がける「北海道霊芝」を設立し、生産から流通までカバーする事業体制を構築してきた。現在では北広島市内の栽培場で年間約2000キロを収穫している。

同社の取り組みと今回の計画については次号10月号で詳報する予定だ。

同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
北欧パンの栄華を伝える「北欧館」が解体・更地に
本誌記者に届いた架空請求ショートメール
セコマの赤尾昭彦会長が76歳で死去 早すぎる別れに驚き広がる
ピーク時から19万頭減少しても、まだ多すぎるエゾシカ
政府首脳がエールを送る「北海道経営未来塾」がスタート
未来への架け橋へ──。さまざまな想いを乗せて北海道新幹線が開業
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 北欧パンの栄華を伝える「北欧館」が解体・更地に (2017-01-13 15:08)
 本誌記者に届いた架空請求ショートメール (2016-12-16 17:11)
 セコマの赤尾昭彦会長が76歳で死去 早すぎる別れに驚き広がる (2016-08-24 09:48)
 ピーク時から19万頭減少しても、まだ多すぎるエゾシカ (2016-08-17 17:41)
 政府首脳がエールを送る「北海道経営未来塾」がスタート (2016-06-13 16:45)
 未来への架け橋へ──。さまざまな想いを乗せて北海道新幹線が開業 (2016-03-28 10:07)

Posted by 北方ジャーナル at 15:20│Comments(0)ニュース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
空調・給排水の央幸設備工業が「霊芝栽培」で美唄に進出
    コメント(0)