さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › ニュース › キャリアバンクが女子サッカー「リラ・コンサ」の選手を就業支援

2015年08月10日

キャリアバンクが女子サッカー「リラ・コンサ」の選手を就業支援


写真は会見後のフォトセッション。左が佐藤良雄社長、宗像訓子監督、三上大勝代表理事(8月7日、札幌市西区宮の沢のコンサドーレ札幌クラブハウス)

【リアルエコノミー提携記事】一般社団法人コンサドーレ北海道スポーツクラブ(札幌市中央区)とキャリアバンク(本社・同)は8月7日、女子サッカーチーム「北海道リラ・コンサドーレ」選手の就業支援で業務提携した。リラ・コンサには来春以降、学生や社会人も加入する予定で、女子選手が競技と仕事を両立できる環境を作り、将来に向けてキャリア形成できるように支援していく。

社会人のスポーツ選手は、日中仕事をしていることが多く、練習や試合に出場できないケースが多い。競技と仕事を両立できない障害があるため、スポーツを諦める人も多い。今回、コンサドーレ北海道スポーツクラブとキャリアバンクが業務提携したのはリラ・コンサドーレの選手が望めばキャリアバンクの契約社員になり、希望する職種に就けるシステム。練習や試合に欠場しないでも済むような弾力的な派遣先を紹介して競技と仕事を両立できるような環境を作る。

リラ・コンサには現在中学生22人の選手が在籍しているが、来春には大学生や社会人なども参加して30人体制を目指しており、こうした年齢層の女性のニーズは高いと見て具体的に取り組んでいく。

札幌市西区宮の沢のコンサドーレ札幌クラブハウスで会見したキャリアバンク佐藤良雄社長は「競技生活を続けながら将来に向けてビジネススキルも磨いてもらうので、選手をリタイアした後もセカンドキャリアを見出していけると思う」と語る。また、コンサドーレ北海道スポーツクラブの三上大勝代表理事は、「業務提携で北海道の女子サッカー選手たちに(収入面でも)安心できる環境ができる。今後、多くの北海道のスポーツ界にこのシステムが普及するかどうかは今回の提携が実を結ぶかどうかにかかっている」と述べた。

リラ・コンサの宗像訓子監督も同席し、「私自身も仕事で試合に行けないこともあった。リラ・コンサの選手にはそういう思いをさせたくないので嬉しく思っている」と話していた。

キャリアバンクは、コンサドーレ札幌のクラブパートナーで佐藤社長はコンサドーレ札幌サポーターズ持株会の理事長を務めている。

同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
すすきの観光協会・篠田政一会長、志半ばの急逝
北欧パンの栄華を伝える「北欧館」が解体・更地に
本誌記者に届いた架空請求ショートメール
セコマの赤尾昭彦会長が76歳で死去 早すぎる別れに驚き広がる
ピーク時から19万頭減少しても、まだ多すぎるエゾシカ
政府首脳がエールを送る「北海道経営未来塾」がスタート
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 すすきの観光協会・篠田政一会長、志半ばの急逝 (2017-05-11 09:51)
 北欧パンの栄華を伝える「北欧館」が解体・更地に (2017-01-13 15:08)
 本誌記者に届いた架空請求ショートメール (2016-12-16 17:11)
 セコマの赤尾昭彦会長が76歳で死去 早すぎる別れに驚き広がる (2016-08-24 09:48)
 ピーク時から19万頭減少しても、まだ多すぎるエゾシカ (2016-08-17 17:41)
 政府首脳がエールを送る「北海道経営未来塾」がスタート (2016-06-13 16:45)

Posted by 北方ジャーナル at 17:19│Comments(0)ニュース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
キャリアバンクが女子サッカー「リラ・コンサ」の選手を就業支援
    コメント(0)