さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 政治経済 › 道新主催の知事選公開討論会で高橋氏と佐藤氏が丁々発止

2015年03月19日

道新主催の知事選公開討論会で高橋氏と佐藤氏が丁々発止


お互いに一歩も譲らなかった高橋・佐藤の両氏(3月18日午後、札幌市中央区の道新ホール)

 北海道新聞社の主催による道知事選公開討論会が3月18日午後、札幌市中央区の道新ホールで開かれた。立候補を予定しているフリーキャスターの佐藤のりゆき氏(65、民主党北海道支持、共産党道委員会、新党大地、維新の党道総支部、社民党道連が支援)と現職の高橋はるみ氏(61、自民党道連、公明党道本部推薦)が参加したが、2人がこうした公の場で顔を合わせ討論するのは初めて。討論では、後一週間に迫った26日の告示から始まる選挙戦を前に互いに主張をぶつけ合い、さや当てが続いた。会場は一触即発の張りつめた雰囲気が漂う場面もあり、選挙戦の盛り上がりを予想させるものだった。


討論を終えて握手を交わす高橋氏(右)と佐藤氏

 定員700人のホールにはところどころ空席がありほぼ7割の入り。司会の田辺靖・道新報道センター長が投げかけた11の質問に2人が持ち時間を目いっぱい使って答え、公約を主張した。互いの発言が終わると佐藤氏と高橋氏を支持するそれぞれの参加者たちから拍手が沸き起こり、発言の途中では時折大きな声で野次が飛ぶなどこうした討論会ではあまり見かけない光景が繰り広げられた。

 ヒートアップする聴衆に比べて壇上の2人は淡々と持論を展開したが、最初に相手の発言に異を唱えたのは高橋氏だった。佐藤氏が一次産業の付加価値例として増毛で行なわれているエビを新鮮なまま輸送する方法について示した後、高橋氏は「それは活ジメで付加価値ではなく輸送のひとつの方法」と反論。それに対して佐藤氏は「何も二次加工、三次加工ばかりが付加価値ではない。一時出荷でも付加価値を付けられる。付加価値に対する知事の認識は甘い」と切り捨てた。

 以降も、「道内市町村長の中には『知事がなかなか会ってくれない』と不満を口にする人がいる」(佐藤氏)と言うと、佐藤氏が道には企画力がないと主張していることを念頭に置いたのか、高橋氏は「財政難でも道職員には企画力があるので行政がカバーできないところを民間企業との包括連携で補い、ウインウインの関係を創りあげている」とそれぞれの発言の中に相手の批判を織り交ぜて持論を展開する場面が目立った。

 一問一答が終わり、候補者同士が互いに質疑応答する場面に移るとまさに丁々発止のやり取り。

 佐藤氏が高橋氏に「原発問題をどうしたいのかスタンスを示して欲しい」と迫ると「軽い政策課題ではない。責任を持って判断していかなければならない」と従来の姿勢を崩さず、さらに佐藤氏が「それでは道民が判断できない。現時点ではどうかなのか」と問うと高橋氏は「答えは同じ」とサラリとかわした。

 逆に高橋氏が佐藤氏の示した道内総生産を19兆円から50兆円にすることについて「ロードマップを聞かせて欲しい」と言うと、佐藤氏は「今、10歳の子供が30歳になった時に50兆円規模の北海道でありたいというビジョンだ。知事のメッセージとしてビジョンを示し道民が気概を持たないと発展しない」と返答。すると高橋氏は、「50兆円になったらいいな、という夢なんですね」と発言。それに佐藤氏は猛反発、「そんなに軽く言わないで欲しい。夢は実現するためにある。軽く言われることに憤りを感じる」と顔を赤らめんばかりの様子だった。

 その後も、佐藤氏が片山善博元鳥取県知事の「知事任期は2期8年で十分やれる」との発言や細川護煕元首相が熊本県知事引退時に示した「権腐十年」を引用して高橋氏の4期目出馬に言及すると、高橋氏が「やりたいということよりも私がやらなければならないという強い使命感から立起した。後は道民の判断です」とかわした。

 経済、原発、エネルギー、一次産業、医療、子育て、教育、人口減、地方創生、交通、地方分権、行財政改革などさまざまな論点がある道知事選。2時間に亘った公開討論会では2人の政策とともに人となりの一端も垣間見えた。26日から始まる選挙戦を通じ、4月12日の投開票までさらに2人の政策論争が深まり、次の4年間を託せる知事選びの判断軸がより明確になるだろう。


同じカテゴリー(政治経済)の記事画像
【札幌市長選】優勢伝えられる現職秋元にアークス横山社長が忠言
【道知事選】胆振東部地震の被災地から声をあげた鈴木・石川両候補
【道知事選】告示までわずか。鈴木・石川両陣営の集会相次ぐ
NHKを退職した「森友スクープ記者」相澤冬樹氏が札幌で講演会
雨降って地固まった!? 鈴木直道前夕張市長が知事選に向け事務所開き
SATOグループが香港本社の大手会計事務所トライコー・グループと提携し、中小企業のアジア進出と多国展開を支援
同じカテゴリー(政治経済)の記事
 【札幌市長選】優勢伝えられる現職秋元にアークス横山社長が忠言 (2019-03-25 10:50)
 【道知事選】胆振東部地震の被災地から声をあげた鈴木・石川両候補 (2019-03-21 15:58)
 【道知事選】告示までわずか。鈴木・石川両陣営の集会相次ぐ (2019-03-19 18:30)
 NHKを退職した「森友スクープ記者」相澤冬樹氏が札幌で講演会 (2019-03-12 11:38)
 雨降って地固まった!? 鈴木直道前夕張市長が知事選に向け事務所開き (2019-03-11 10:44)
 SATOグループが香港本社の大手会計事務所トライコー・グループと提携し、中小企業のアジア進出と多国展開を支援 (2019-03-09 11:03)

Posted by 北方ジャーナル at 09:29│Comments(0)政治経済
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
道新主催の知事選公開討論会で高橋氏と佐藤氏が丁々発止
    コメント(0)