さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 政治経済 › ニトリの長内特別顧問が退任へ、似鳥昭雄社長を支えた軍師

2014年10月16日

ニトリの長内特別顧問が退任へ、似鳥昭雄社長を支えた軍師


似鳥社長の片腕としてニトリの成長を支えた長内順一氏

ニトリの特別顧問を務めている長内順一氏が10月末で退任する。長内氏は札幌市議会議員や衆院議員を経てニトリ入りし似鳥昭雄社長を補佐。ニトリの躍進を陰で支える軍師の役割を果たしてきた。在籍が15年の節目を迎えたことや自身の年齢が67歳になったことなどから退任を決めた。似鳥社長も了承しているという。
 
長内氏は衆議を辞任した後、似鳥社長と北海学園大の同窓という縁もあってニトリの特別顧問に就任、社長を補佐する軍師的立場で行動してきた。
 
退任のきっかけになったのは、さる5月にニトリホールディングスの100%子会社、ニトリの社長に生え抜きの白井俊之副社長が昇格したこと。また長内氏が専務理事を務める似鳥国際奨学財団が設立10周年を迎えたこと、今夏に似鳥社長が安倍首相の中南米訪問に経済人の1人として同行するなど「軍師の役割を一定程度果たした」ため。また、在籍15年で今年67歳を迎えたことも退任を決めた理由とされる。
 
長内氏は、中南米に向かう機中で似鳥社長に話し、最終的に了承を得たという。長内氏は、公明党出身の札幌市議や衆議を務めたことから中央政界・官庁との人脈がありニトリの政治部長的な立場でもあった。似鳥氏は札幌商工会議所副会頭を務めているが、道内経済界が悲願として進めてきた北海道新幹線札幌延伸決定に関して長内氏の政界・官界人脈が生きたとされる。 (こ)



同じカテゴリー(政治経済)の記事画像
4氏が争った小樽の「出直し市長選」で迫俊哉氏が初当選
来道した菅官房長官が北海道経営未来塾で講演 「信念を持てば、思いは必ず実現できる」
小樽の「出直し市長選」で4氏が第一声。8月26日の投開票に向け舌戦スタート
来年7月の参院選、立憲民主・勝部道議が立起
PICK UP COMPANY! 快適空間を創造する「エス・トラスト」
堀江貴文氏「北海道に希望を感じる」、道経連が宇宙セミナー
同じカテゴリー(政治経済)の記事
 4氏が争った小樽の「出直し市長選」で迫俊哉氏が初当選 (2018-08-27 10:04)
 来道した菅官房長官が北海道経営未来塾で講演 「信念を持てば、思いは必ず実現できる」 (2018-08-22 10:04)
 小樽の「出直し市長選」で4氏が第一声。8月26日の投開票に向け舌戦スタート (2018-08-20 14:30)
 来年7月の参院選、立憲民主・勝部道議が立起 (2018-07-10 15:20)
 PICK UP COMPANY! 快適空間を創造する「エス・トラスト」 (2018-06-28 13:14)
 堀江貴文氏「北海道に希望を感じる」、道経連が宇宙セミナー (2018-03-09 15:49)

Posted by 北方ジャーナル at 16:10│Comments(0)政治経済
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 32人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
ニトリの長内特別顧問が退任へ、似鳥昭雄社長を支えた軍師
    コメント(0)