さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 来札した「ウィグルの母」ラビア・カーディル総裁を取材

2013年06月24日

来札した「ウィグルの母」ラビア・カーディル総裁を取材


「日本・ウィグル“自由のための連帯フォーラム”」で聴衆に訴えるラビア・カーディル総裁(6月22日夕、札幌市教育文化会館で)



 亡命中などの在外ウィグル人を束ねる「世界ウィグル会議」のラビア・カーディル総裁が6月22日、来札した。ラビア総裁は同日夕から札幌市内で開催された「日本・ウィグル“自由のための連帯フォーラム”」に出席したほか、翌23日午後には本誌の単独インタビューに応じ、中国共産党支配以降、苦難に直面している東トルキスタン(新疆ウィグル自治区)の現状を赤裸々に訴えた。


本誌のインタビューに応じるラビア総裁(6月23日午後、札幌市内の滞在ホテルで)


 インタビューの詳細は次号8月号に掲載する予定だが、印象に残ったのはこの「ウィグル問題」がまだまだ周知されていない現実だ。前述のフォーラムにしてもマスコミの取材陣は見当たらなく、市民の関心は高いとは言えなかった。

 チベットが置かれている現状と同様に、ウィグルの人民が受けている苦難は、まさに人権問題そのもの。そこは右も左も関係ない世界のはずだ。

 ラビアはかつて中国で実業家として大成功し、中国共産党の中で一定の影響力を持っていた人物と言われる。その人物が「人権発言」を理由に6年間もの間、牢獄に閉じ込められ、米国に亡命するに至る。現在も2人の子息は投獄されたままと聞く。




 ハードな世界がすぐそこにある──。そんなことを感じさせた2日間だった。  (く)


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
北方ジャーナル2017年11月号、まもなく発売へ
北方ジャーナル2017年10月号、まもなく発売へ
北方ジャーナル2017年8月号、まもなく発売へ
北方領土共同経済活動に向けた官民調査団との邂逅
道南、道東。港めぐりの月末
「永遠の昭和歌謡ロック」 エル・コラソンズが札幌でライブ
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 北方ジャーナル2017年11月号、まもなく発売へ (2017-10-12 09:00)
 北方ジャーナル2017年10月号、まもなく発売へ (2017-09-14 00:01)
 北方ジャーナル2017年8月号、まもなく発売へ (2017-07-13 09:52)
 北方領土共同経済活動に向けた官民調査団との邂逅 (2017-07-01 22:40)
 道南、道東。港めぐりの月末 (2017-06-29 23:39)
 「永遠の昭和歌謡ロック」 エル・コラソンズが札幌でライブ (2017-06-25 10:35)

Posted by 北方ジャーナル at 23:09│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
来札した「ウィグルの母」ラビア・カーディル総裁を取材
    コメント(0)