さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 松木謙公衆議が政経セミナーを札幌で開催

2012年10月03日

松木謙公衆議が政経セミナーを札幌で開催


複雑な表情を見せる松木衆議(10月1日夕、京王プラザホテル札幌で)


 新党大地・真民主幹事長で衆議院議員(道12区選出)の松木謙公氏は10月1日夕、札幌市内のホテルで政経セミナーを開催し、700人あまりが参加した。冒頭、同党代表の鈴木宗男氏が時局についてメッタ斬りした基調講演を行なうなど何かと話題の多いセミナーだったが、私の印象に残ったのは以下のようなくだりだ。

 ムネオ節に場内が湧く。厚労相となった三井わきお衆議の祝電が届く。演し物には喝采。今日の主役、松木衆議がステージでマイクを握ったのは会の終盤だった。菅直人内閣にNGを突きつけ、除名処分を喰らった男は「本当に民主党には心がない」と無念そうに言葉をつないだ。

 松木衆議は言った。彼の奥さんの実家は福島第1原発のある大熊町。最近、奥さんの母親が亡くなったそうだが「葬式に誰も集まれないんですよ。近所の皆さん、バラバラになって。これが福島の現実です」と。

 ついで口にしたのが当地の空間放射線量の高さである。「特定の地域については悲しいですが、住んでいくことができるレベルではない。これは受け入れ対処していかなければならない現実です」

 今回の原発事故は福島の土地を、仕事を、人間関係を、財産を奪った。その総量を冷静に検証することが求められていると私は思った。(く)

 


同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─
北方ジャーナル12月号まもなく発売へ
新市庁舎建設の時を待つ北見の野いちご
北方ジャーナル2017年11月号、まもなく発売へ
北方ジャーナル2017年10月号、まもなく発売へ
北方ジャーナル2017年8月号、まもなく発売へ
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─ (2017-11-17 10:35)
 北方ジャーナル12月号まもなく発売へ (2017-11-13 17:10)
 新市庁舎建設の時を待つ北見の野いちご (2017-10-31 23:47)
 北方ジャーナル2017年11月号、まもなく発売へ (2017-10-12 09:00)
 北方ジャーナル2017年10月号、まもなく発売へ (2017-09-14 00:01)
 北方ジャーナル2017年8月号、まもなく発売へ (2017-07-13 09:52)

Posted by 北方ジャーナル at 00:23│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
松木謙公衆議が政経セミナーを札幌で開催
    コメント(0)