さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 読売広告大賞を受賞した「わくわくホリデー」が感謝の集い

2012年06月20日

読売広告大賞を受賞した「わくわくホリデー」が感謝の集い

読売広告大賞を受賞した「わくわくホリデー」が感謝の集い
挨拶の中で北海道観光の掘り起こしに意欲を見せた東原社長(6月18日夕、札幌プリンスホテル国際館パミールで)


 地元密着型の旅行代理店として知られるわくわくホリデー(本社札幌・東原俊郎社長)が「誇ろう北海道」をテーマにした同社の新聞広告で第28回読売広告大賞を受賞したことを記念して6月18日夕、感謝の集いを札幌市内で開催した。同社は第65回広告電通賞新聞部門ファイナリストにも選出されており、この日は両方の慶事を祝う集いとなった。会場となった札幌プリンスホテル国際館パミールには観光関係者など約300人が集まり、受賞を祝った。

 読売広告大賞と広告電通賞新聞部門ファイナリストに選ばれたのは、昨年9月に日刊各紙に掲載されたわくわくホリデーの全面広告。「誇ろう北海道」をテーマに小樽蘭島の漁港で、東原俊郎社長自ら漁師とともに酒を酌み交わして談笑している光景をメインイメージに使用し、日常的な海辺の生活を描くことで読者を旅に誘う効果を狙ったもの。

 挨拶に立った東原社長は、「最初は漁師の方々がなかなか笑わなくて苦労した。女性の前では言えないような話をして、ようやく自然な笑顔が出てきたんですよ」と会場の笑いを誘い、「撮影場所は、シリパ岬の見える小樽蘭島の漁港で、近くにはフゴッペ洞窟もあってアイヌ文化のルーツとなった擦文時代の名残があります。北海道にはまだまだ誇れる魅力がいっぱいあるんです」と話し、今回の受賞を機会にさらに北海道の知られていない観光資源を発掘し、道民に提供していくことをアピールしていた。

読売広告大賞を受賞した「わくわくホリデー」が感謝の集い
来賓の中田博幸札幌国際プラザ副理事長(元札幌市副市長)



読売広告大賞を受賞した「わくわくホリデー」が感謝の集い
多くの関係者がお祝いに駆けつけた


 読売広告大賞は、1984年の読売新聞創刊110周年を記念して創設された賞で、読者が選ぶ広告賞として知られる。わくわくホリデーは読売新聞北海道支社の枠で読者賞を受賞。過去には、北海道米販売拡大委員会やコープさっぽろ、ホクレン、北海道ガスなどが読者賞を受賞している。

 わくわくホリデーの広告は、東原社長自身が考案したキャッチコピー『誇ろう北海道』をモチーフに、社長自ら出演した異色の作品。

 また、広告電通賞新聞部門ファイナリストにも選ばれたが、道内からは他に小樽洋菓子舗ルタオ、室蘭工大、サッポロビール、ホクレン、石屋製菓の4者が選出されている。

 来賓として出席した中田博幸札幌国際プラザ副理事長(元札幌市副市長)は、「これからも北海道の観光資源を掘り起こして、観光を牽引してもらいたい。北海道、札幌の魅力を国内や世界に発信して欲しい」と語っていた。  (さ)


同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
「北海道の森に海に乾杯!」共同キャンペーン始まる
札幌駅南口に「サツエキ☆夏酒場」OPEN
ホテルオークラ札幌の「かみかわ食べものがたり─初夏の恵みとお酒の夕べ─」6月28日開催
国内屈指の規模を誇る道産品商談会、開催中
ビールの美味しい初夏にアサヒビールが続々商品展開
ホテルオークラ札幌、「札幌食彩フェア」開催中
 「北海道の森に海に乾杯!」共同キャンペーン始まる (2019-06-25 08:59)
 札幌駅南口に「サツエキ☆夏酒場」OPEN (2019-06-20 16:51)
 ホテルオークラ札幌の「かみかわ食べものがたり─初夏の恵みとお酒の夕べ─」6月28日開催 (2019-06-19 16:01)
 国内屈指の規模を誇る道産品商談会、開催中 (2019-06-11 18:02)
 ビールの美味しい初夏にアサヒビールが続々商品展開 (2019-06-08 11:26)
 ホテルオークラ札幌、「札幌食彩フェア」開催中 (2019-06-05 15:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
読売広告大賞を受賞した「わくわくホリデー」が感謝の集い
    コメント(0)