さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 文化(文芸・アート・音楽) › マンガ大陸ホッカイドウを語る! 札幌で「夜話」開催

2012年02月20日

マンガ大陸ホッカイドウを語る! 札幌で「夜話」開催


 “あの夜話”と同じメンバーが、札幌で熱いトークを繰り広げる

 札幌国際大学北海道地域・観光研究センターは3月6日、夏目房之介さんやいしかわじゅんさんらを招いたトークイベント『「ホッカイドウ学」的 マンガ学夜話』を札幌市内で開く。同センターのプロジェクト「ホッカイドウ学」準備室の企画で、マンガと北海道のかかわりをさまざまな切り口で検証していく試み。NHK-BSで不定期放映中の人気番組と同じメンバーが集結し、マンガの豊作地帯「ホッカイドウ」を語り尽くす。

 司会を務める民俗学者で札幌国際大人文学部教授の大月隆寛さんによると、北海道は有名マンガ家を多く輩出するマンガ大国。現役の在住作家も多いが、その理由や背景はよくわかっていない。「地元の人たちもあまり意識してない筈」といい、地域の捉え方をさぐるホッカイドウ学の一環として、道内出身作家の作品と風土の関係などを読み解こうと考えたという。

 「高知や長崎、新潟など、マンガ家を多く産む土地というのはほかにもあって、それらとの共通点に関心が集まるかもしれないし、道内作家の作品に通底する世界観を探っていくことになるかもしれない。とくにテーマを絞ることはせず、『あのメンバーでホッカイドウマンガを語ったらどうなるか』を実践する試みです」

 司会進行の大月さんと、コラムニストの夏目房之介さん、マンガ家のいしかわじゅんさん、作家の岡田斗司夫さん、女優の笹峯あいさんが登壇。札幌市西区のちえりあで、3月6日(火)午後6時半開場、同7時開演。定員400人で、現在予約受付中(予約1200円、当日1500円)。問い合わせは、札幌国際大学北海道地域・観光研究センター(電話011・881・2410)へ。  (ん)

あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(文化(文芸・アート・音楽))の記事画像
キタコー・草野馨元会長が自伝出版記念パーティーを開催
ニトリ小樽芸術村、一部施設をメディア公開
「新千歳空港国際アニメ映画祭2015」が10月31日から開催へ
新千歳空港の映画祭でポーランドの「ジーゲノート」がグランプリ
世界初!「新千歳空港国際アニメーション映画祭2014」が開幕
理容組合北海道日本ハムファイターズ後援会が今年の『ファイターズスタイル』を発表
同じカテゴリー(文化(文芸・アート・音楽))の記事
 キタコー・草野馨元会長が自伝出版記念パーティーを開催 (2017-02-28 09:42)
 ニトリ小樽芸術村、一部施設をメディア公開 (2016-07-15 16:35)
 「新千歳空港国際アニメ映画祭2015」が10月31日から開催へ (2015-10-06 10:28)
 新千歳空港の映画祭でポーランドの「ジーゲノート」がグランプリ (2014-11-04 12:47)
 世界初!「新千歳空港国際アニメーション映画祭2014」が開幕 (2014-11-01 11:24)
 理容組合北海道日本ハムファイターズ後援会が今年の『ファイターズスタイル』を発表 (2014-02-26 15:51)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
マンガ大陸ホッカイドウを語る! 札幌で「夜話」開催
    コメント(0)