さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 北洋銀行新頭取に決まった石井純二副頭取にインタビュー

2012年02月04日

北洋銀行新頭取に決まった石井純二副頭取にインタビュー

北洋銀行新頭取に決まった石井純二副頭取にインタビュー
北洋大通センターの応接室で本誌の取材に答えた石井副頭取(2月3日午前)


 北洋銀行の新頭取に4月1日付で就任する石井純二副頭取(60)が2月3日午前、本誌の取材に応じ、現在の心境などを語ってくれた。

 芦別生まれの道産子・石井氏は旧北海道拓殖銀行出身で2年前から副頭取に就いていた人物。北洋銀の頭取は横内龍三現頭取(67)まで4代続けて日本銀行出身者だったが、41年ぶりに非日銀出身者がトップを務めることになる。この春以降、横内頭取は会長に、高向巖会長(73)は相談役に就く。

 取材の席に現れた石井副頭取は、極めて低姿勢かつフランク。横内頭取から直にトップ就任を打診された事を明かし、控えめながら春以降の抱負の一端を語ってくれた。

 記者が原発問題や消費税増税など、いささかナーバスな問題に水を向けると「そこらへんは正式に就任してから、また訊いてください」とやんわり返してくださった。拓銀出身のプロパーバンカーがトップになることに、行内にはさぞや色々な感慨が交差していることだろう。

 いずれにせよ、就任後のインタビューが楽しみだ。  (く)


同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
令和元年初日の朝に祈る
鶴雅グループ最高峰の温泉ホテル「碧の座」が支笏湖にオープン
ススキノで帰宅難民になりかけた夜
生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ
昭和22年創業。旭川ラーメンの老舗「蜂屋」の醤油ラーメンを食す
拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 令和元年初日の朝に祈る (2019-05-01 22:57)
 鶴雅グループ最高峰の温泉ホテル「碧の座」が支笏湖にオープン (2019-04-30 23:25)
 ススキノで帰宅難民になりかけた夜 (2019-02-22 09:46)
 生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ (2019-02-18 17:34)
 昭和22年創業。旭川ラーメンの老舗「蜂屋」の醤油ラーメンを食す (2018-11-19 23:45)
 拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─ (2017-11-17 10:35)

Posted by 北方ジャーナル at 00:15│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
北洋銀行新頭取に決まった石井純二副頭取にインタビュー
    コメント(0)