さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 藻岩山の観光施設が、まもなく全面リニューアル!

2011年12月02日

藻岩山の観光施設が、まもなく全面リニューアル!


コンパクトながら利便性と快適性を向上させた山頂施設(写真はイメージ)


 札幌市民に長年親しまれてきた藻岩山のロープウェイ・観光施設がリニューアルされ、クリスマス直前の12月23日にオープンする運びとなっている。

「もいわ山ロープウェイ」を運営する第三セクター、札幌振興公社(星野尚夫社長)が市と共同で進めてきた再整備事業が完成。「環境保全」「バリアフリー」をメインテーマに山麓、中腹、山頂施設が全面改修されたほか、中腹から山頂へのアクセスに、もーりすカー(ミニケーブルカー)が初導入されたことも話題だ。


ロープウェイ乗り場の山麓駅舎もバリアフリー化

 バリアフリーの面では、すべての建物にエレベーターが設置され、ロープウェイの山麓駅舎では1階の車寄せからほぼ段差なしにエレベーターに乗り込めるようになった。車椅子利用者でも気軽に利用できるようになり、各施設には障害者や人工肛門の装着者らに配慮した「多目的トイレ」も配置された。


自然との一体感を味わえるミニケーブルカー


 環境保全の面では、山頂付近にあった駐車場を中腹施設(もーりすカー乗り場)に移したことが大きなポイント。ここから山頂まではミニケーブルカーか遊歩道でのアクセスとなる。ちなみに中腹施設には札幌や北海道のお土産を豊富に扱う売店があるので、こちらも要チェックだ。

 もーりすカーの終点である山頂駅(山頂展望台)は2階建て。パブリックスペースはすべてバリアフリー対応となっており、屋上では360度のパノラマが楽しめるほか、雨天や真冬でも室内から札幌市内の眺望・夜景を見渡せる。札幌市を3D映像で紹介するスペース「スターホール」では著名なプラネタリウムクリエーター、大平貴之氏が設計したプラネタリウムも上映される(有料)。

 山頂展望台の目玉施設と言える90人収容のレストラン「THE JEWELS(ザ・ジュエルズ)」では、広いガラス窓から眼下に札幌市内を一望できる造り。時間帯によって前出のプラネタリウム映像がレストランの天井部に映し出される演出も用意されており、ロマンチックな時間を楽しめそうだ。

 従来の藻岩山の多彩な魅力に磨きをかけた今回のリニューアル。自然探索、夜景ウォッチング、デートスポットetc。多くの市民、観光客の利用を期待していきたい。 (く)
■札幌振興公社 ☎011・616・1601


同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
7回目を迎えたホテルオークラ札幌「江別フェア」
道内企業・団体も関心を寄せる「スポフェスイン沖縄」4月開催
ラリーの第一人者招き、桜庭保険事務所が冬道講習
社会医療法人社団 カレスサッポロがドーナツとコーヒーのお店「CS café WEATHER REPORT」をオープン
サッポログループ、胆振東部地震復興へ3700万円以上を寄付
世界のVIPが絶賛した、ホテルオークラ伝統の「フレンチトースト」
 7回目を迎えたホテルオークラ札幌「江別フェア」 (2019-03-07 09:55)
 道内企業・団体も関心を寄せる「スポフェスイン沖縄」4月開催 (2019-01-11 15:47)
 ラリーの第一人者招き、桜庭保険事務所が冬道講習 (2018-12-22 08:00)
 社会医療法人社団 カレスサッポロがドーナツとコーヒーのお店「CS café WEATHER REPORT」をオープン (2018-12-21 00:00)
 サッポログループ、胆振東部地震復興へ3700万円以上を寄付 (2018-12-20 15:44)
 世界のVIPが絶賛した、ホテルオークラ伝統の「フレンチトースト」 (2018-12-12 15:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
藻岩山の観光施設が、まもなく全面リニューアル!
    コメント(0)