さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 快晴の下、ニトリファミリーマラソン開催

2011年08月27日

快晴の下、ニトリファミリーマラソン開催


晴天の下、元気に駆けるちびっ子ランナー(8月27日。真駒内セキスイハイムスタジアム)


 ニトリファミリーマラソンが8月27日、札幌市南区の真駒内セキスイハイムスタジアムを舞台に開催された。同スタジアムをスタート・ゴール地点として、初心者でも楽しめる2キロや5キロのほか、小さな子どもと家族一緒に参加できるファミリーランもあり、0歳から82歳まで総勢2290人が快晴の下でランニングを楽しんだ。


スターター役も務めたカーリングでお馴染みの本橋選手(写真左)



 この催しは翌28日に行なわれる北海道マラソンの関連イベント。北海道新聞社や北海道文化放送などが主催し、ニトリが特別協賛した。開会式でニトリホールディングスの似鳥昭雄社長は、「今大会は東日本大震災の応援という意味も込めて開催されるが、私たちは被災した方々の忍耐や努力から逆に元気をいただいている。ランニングのできる喜びを噛み締めて被災者の方々にエールを贈りましょう。友人や家族の契りを確かめ合う大会となることを期待します」と参加者に呼びかけていた。


「家族の絆を確かめてほしい」と挨拶した似鳥社長



ファミリーランで「いざ、スタート!」



北海道マラソンのプレイベントとして定着した


 この日のゲストには女子カーリングチーム、『ロコ・ソラーレ』の本橋麻里選手など4人が顔を見せ、「楽しく盛り上がって走りましょう」と挨拶。午前9時半から10キロの組からスタート。スターター役は本橋選手が務め、ファミリーランでは似鳥社長がスターターとして号砲を鳴らした。

 ロコ・ソラーレの選手たちはファミリーランの参加者たちと一緒にランニング。本橋選手と手を繋いでゴールする姿も見られ、大会の趣旨でもある『ファン・ラン』(楽しく走る)の光景があちこちで広がっていた。また、ニトリの社員50人もオリジナルユニフォームで走り大会を盛り上げた。 (さ)


同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
7回目を迎えたホテルオークラ札幌「江別フェア」
道内企業・団体も関心を寄せる「スポフェスイン沖縄」4月開催
ラリーの第一人者招き、桜庭保険事務所が冬道講習
社会医療法人社団 カレスサッポロがドーナツとコーヒーのお店「CS café WEATHER REPORT」をオープン
サッポログループ、胆振東部地震復興へ3700万円以上を寄付
世界のVIPが絶賛した、ホテルオークラ伝統の「フレンチトースト」
 7回目を迎えたホテルオークラ札幌「江別フェア」 (2019-03-07 09:55)
 道内企業・団体も関心を寄せる「スポフェスイン沖縄」4月開催 (2019-01-11 15:47)
 ラリーの第一人者招き、桜庭保険事務所が冬道講習 (2018-12-22 08:00)
 社会医療法人社団 カレスサッポロがドーナツとコーヒーのお店「CS café WEATHER REPORT」をオープン (2018-12-21 00:00)
 サッポログループ、胆振東部地震復興へ3700万円以上を寄付 (2018-12-20 15:44)
 世界のVIPが絶賛した、ホテルオークラ伝統の「フレンチトースト」 (2018-12-12 15:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
快晴の下、ニトリファミリーマラソン開催
    コメント(0)