さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 合併3年目の北洋銀行・横内頭取を直撃!

2011年07月28日

合併3年目の北洋銀行・横内頭取を直撃!

合併3年目の北洋銀行・横内頭取を直撃!
縦横無尽に経済情勢を語った横内頭取(7月27日夕)


 札幌銀行と合併してほぼ3年──。文字通り北海道のリーディングバンクとして地歩を固めつつある北洋銀行の横内龍三頭取が27日夕、2時間近くにわたる本誌のロングインタビューに応じた。

 大通地区のランドマークになっている北洋大通センター、市内を一望できる高層階の応接室で質問に答えた横内頭取。テーマが多岐にわたった発言の詳細は次号9月号でお伝えする予定だが、印象的だったのは、軸足はあくまで北海道に置きながら中国市場への展開も視野に入れていること。さらには全国的に論議になっている今後のエネルギー政策についても独自の見解を披露していたことだ。

合併3年目の北洋銀行・横内頭取を直撃!
応接室で記者の質問に答える横内頭取


 金融機関は地域経済にマネーを循環させる“心臓”の役割を果たしている。東日本大震災という未曾有の災害を踏まえて歴史的転換点に立っている我が国の将来に果たす金融機関の役割は決して小さなものではない。

 横内頭取は「北海道においては、若い人たちがマネーやビジネスに対するリテラシーを高め、活発に起業していく流れを作り出さなければ未来が拓けない」と力を込める──。 (く)

 





同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
令和元年初日の朝に祈る
鶴雅グループ最高峰の温泉ホテル「碧の座」が支笏湖にオープン
ススキノで帰宅難民になりかけた夜
生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ
昭和22年創業。旭川ラーメンの老舗「蜂屋」の醤油ラーメンを食す
拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 令和元年初日の朝に祈る (2019-05-01 22:57)
 鶴雅グループ最高峰の温泉ホテル「碧の座」が支笏湖にオープン (2019-04-30 23:25)
 ススキノで帰宅難民になりかけた夜 (2019-02-22 09:46)
 生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ (2019-02-18 17:34)
 昭和22年創業。旭川ラーメンの老舗「蜂屋」の醤油ラーメンを食す (2018-11-19 23:45)
 拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─ (2017-11-17 10:35)

Posted by 北方ジャーナル at 18:04│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
合併3年目の北洋銀行・横内頭取を直撃!
    コメント(0)