さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › ニュース › 経験者らが「北海道ひきこもり支援ハンドブック」を発行

2011年04月18日

経験者らが「北海道ひきこもり支援ハンドブック」を発行

経験者らが「北海道ひきこもり支援ハンドブック」を発行
幻想的な表紙のイラストも同会のメンバーが描いた


 札幌市のNPО法人「レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク」(田中敦理事長)が、ひきこもり者や親を支援するための「北海道ひきこもり支援ハンドブック」を発行した。田中理事長を含め、ひきこもり経験のある同会メンバー5人が道内にある公的相談機関や親の会、自助グループなどを取材、執筆。専門家ではなく“当事者”の率直な目線から見た各機関、団体の取り組みを紹介した。

経験者らが「北海道ひきこもり支援ハンドブック」を発行
「悩んでいる当事者や家族に勇気と希望を与えることができれば」と話す田中敦理事長


 ひきこもり問題を巡っては公的機関と民間団体の連携が希薄で、多くの親や当事者が「どこに相談すればよいか分からない」という課題が指摘されていた。「社会的な情報を網羅することで、ひきこもりから第一歩を踏み出す手がかりにしてもらいたかった」と田中理事長はハンドブック作製の狙いを説明する。

 編集に当たっては、まず道内を道央圏、道南、道北、道東、オホーツクの5ブロックに分け各地域にある“社会資源”を探し出すことからスタート。公的相談機関や親の会、自助グループなど約50団体をリストアップした上でメンバーたちが取材、執筆した。各団体発足の経緯から活動内容、今後の課題、取材者の感想なども交え紹介したほか、「家族の対応マニュアル」、メンバーによる座談会、コラムなども掲載している。読み進むと、行間から「動き始めた当事者」の強いメッセージや意思が強く伝わってくる。ひきこもりで悩む人や家族以外の人にもぜひ一読してもらいたい1冊だ。

 A4版、126頁。1000部作製。送料手数料のみ負担1冊各500円で受け付けている。問い合わせは同会(札幌市中央区北4西26丁目3の2、電話090・3890・7048)へ。

 ハンドブックの詳細については、取材、執筆に携わったメンバーたちの感想なども交え本誌6月号で改めて紹介したい。(あ)


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
ススキノ助成金で「9団体優先」を撤廃。新たに500事業者を助成へ
道内最大規模の「北海道産品取引商談会」が、新型コロナ影響で初の中止に
新型コロナで愛煙家も受難。喫煙所が相次ぎ閉鎖
ISHIYA、新型コロナ対策で講じた白い恋人パークなどの臨時休業を3月末まで延長へ
おくやみ欄で目立つようになった(葬儀終了)の告知。お葬式にも水を差す新型コロナ影響
「猥褻な映像が元教授のパソコンにあったことは事実」。旭川医大が元脳神経外科教授の強制猥褻事件で事実の一部を認める
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 ススキノ助成金で「9団体優先」を撤廃。新たに500事業者を助成へ (2020-08-07 13:45)
 道内最大規模の「北海道産品取引商談会」が、新型コロナ影響で初の中止に (2020-04-10 10:53)
 新型コロナで愛煙家も受難。喫煙所が相次ぎ閉鎖 (2020-03-19 16:11)
 ISHIYA、新型コロナ対策で講じた白い恋人パークなどの臨時休業を3月末まで延長へ (2020-03-12 16:45)
 おくやみ欄で目立つようになった(葬儀終了)の告知。お葬式にも水を差す新型コロナ影響 (2020-03-11 15:59)
 「猥褻な映像が元教授のパソコンにあったことは事実」。旭川医大が元脳神経外科教授の強制猥褻事件で事実の一部を認める (2020-01-29 13:00)

Posted by 北方ジャーナル at 09:22│Comments(0)ニュース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
経験者らが「北海道ひきこもり支援ハンドブック」を発行
    コメント(0)