さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2010年07月23日

雨天決行!豊平川花火大会


 雨の中で花火を楽しむ家族連れ(南19条大橋)

札幌の夏の風物詩、豊平川花火大会。
2006年までは北海道新聞・朝日新聞・読売新聞(系列TV局を含む)の主催で、3週連続というのが通例だった。しかし、07年からは読売新聞が夕張市へ開催場所を移し、朝日新聞は今年の開催を見送ったため、道新の大会のみとなった。ん~市民としては少々寂しいですなぁ。

豊平川まで徒歩3分という場所に住んでいるため、花火は飽きるほど観てきた。そのため、ここ数年は単なる鑑賞ではなく写真撮影のために出向くようになったのだが、今回は午後から雨が降ったり止んだりで雲行きが怪しい。自前のカメラを濡らしたくない私は「撮影や~めた。観るだけにしよう」と、念のためコンパクトデジカメだけを持参して南19条大橋へ。

開始時はかろうじて止んでいた雨も、途中からまた落ち始めて本降りに…。
相合い傘で肩を寄せ合うアベック達のボルテージが最高潮に達している姿を見て「若いっていいねぇ、うひひ」と、下世話なオヤジが一人傘をさして立っている姿はかなり哀れだった可能性は否めない。

ともあれ、札幌では今年唯一の花火大会が無事に終了した。

一応、花火の記事なので写真を載せたいのだが、撮ってないものは仕方がない。3年悩んだ結果、「去年の」ベストショットでお茶を濁すことにした。悪しからず。 (や)

(クリックで拡大)

【追記】
何だかんだ言いながらも、実はデジカメを持っていたら我慢できず、動画モードで撮ってしまった。観られなかった方、ラスト9分間のクライマックスシーンをどうぞ。(途中で映像がカクカクしてるのはご愛敬…face11





同じカテゴリー(エッセイ・コラム・小説・取材こぼれ話)の記事画像
道内在住の小学生がガンプラW杯ジュニア部門で準優勝
記者会見、わが党はこう思う
それぞれの11日
【山梨発】女子大生からの手紙
石狩はまなす墓苑、小型でも個性的なお墓を
ひとまず、安堵の朝
同じカテゴリー(エッセイ・コラム・小説・取材こぼれ話)の記事
 道内在住の小学生がガンプラW杯ジュニア部門で準優勝 (2015-01-05 18:35)
 記者会見、わが党はこう思う (2012-12-25 19:19)
 それぞれの11日 (2012-01-11 19:28)
 【山梨発】女子大生からの手紙 (2011-10-11 23:59)
 石狩はまなす墓苑、小型でも個性的なお墓を (2011-08-11 10:47)
 ひとまず、安堵の朝 (2011-03-15 10:14)

この記事へのコメント
花火大会の間は人がそっちに流れるので、大通りのビアガーデンに行くには良かったんですがね。あの雨じゃ、とてもとても。
Posted by 通りすがり at 2010年07月24日 14:01
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
雨天決行!豊平川花火大会
    コメント(1)