さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 文化(文芸・アート・音楽) › 映画『春との旅』で仲代達矢と小林監督らが来札キャンペーン

2010年04月08日

映画『春との旅』で仲代達矢と小林監督らが来札キャンペーン

 映画『春との旅』で仲代達矢と小林監督らが来札キャンペーン 国際的に高い評価を受けている小林政広監督がメガホンをとり、仲代達矢さんが9年ぶりに映画主演を果たした『春との旅』。この映画の全国公開(5月22日)を前に、小林監督、仲代さん、共演した徳永えりさんの3氏が4月8日午後来札し、道新ホールで行なわれた完成披露試写会で舞台挨拶に臨んだ。

 試写会を前にして、ステージに登場した3氏は観客の大きな拍手で迎えられ、晴れがましい表情で、それぞれに挨拶。「ちょうど去年の今頃は苫小牧、静内、増毛で撮影していました。今回は出せる力を出し切ったつもりです」と小林監督が喜びを語ると、久しぶりにスクリーンに帰ってきた仲代さんは、「今年、喜寿(77歳)になりました。60年で150本の映画に出ましたが、この脚本と監督に出会って本当に良かった。小林監督は天才です」と絶賛。徳永さんも「撮影中は周りが大先輩ばかりで緊張しっぱなしでした。多くの皆さんに見ていただければ」と応じた。

『春との旅』は、仲代さんが演じる老人・忠男が、孫娘の春とともに、自分の終の住処を求めて疎遠となっていた兄弟たちのもとを訪ね歩くロードムービー。生きることの厳しさ、そして人と人の絆の深さ、家族の大切さを骨太なタッチで描いた人間ドラマだ。

 映画『春との旅』で仲代達矢と小林監督らが来札キャンペーン 舞台挨拶後、会場を移して記者会見が開かれ、体調不良の仲代さんを除く2氏はこの映画にかける思いを熱く語っていた。

「無縁社会」「無縁死」という言葉を最近よく聞く。誰とも縁が無くなり、孤独に暮らし孤独に死んでいく──。そんな人が多くなっている現代社会。『春との旅』は、そんな時代に送る小林監督の熱く静かなメッセージといえそうだ。

 なお今回の記者会見の詳細は5月15日発売予定の6月号で紹介する。  (く)


同じカテゴリー(文化(文芸・アート・音楽))の記事画像
消えゆく札幌のまちの営みを伝える企画展「まち文化商店街」が札幌市中央図書館で開催中
生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ
本誌表紙絵の鈴木翁二さんが浦河と札幌でCD発売記念ライブ
土屋HD・土屋公三会長が主宰。「人間社長塾」が今年10期の節目
胆振東部地震を乗り越え、新千歳空港国際アニメーション映画祭11月2日開幕へ
帝銀事件で獄中死した画家 平沢貞通の企画展を小樽で開催中
同じカテゴリー(文化(文芸・アート・音楽))の記事
 消えゆく札幌のまちの営みを伝える企画展「まち文化商店街」が札幌市中央図書館で開催中 (2019-07-09 11:28)
 生きる伝説、幻想画家の鈴木翁二が札幌でCD発売記念ライブ (2019-02-18 17:34)
 本誌表紙絵の鈴木翁二さんが浦河と札幌でCD発売記念ライブ (2019-01-31 17:26)
 土屋HD・土屋公三会長が主宰。「人間社長塾」が今年10期の節目 (2019-01-28 17:09)
 胆振東部地震を乗り越え、新千歳空港国際アニメーション映画祭11月2日開幕へ (2018-10-11 09:13)
 帝銀事件で獄中死した画家 平沢貞通の企画展を小樽で開催中 (2017-11-09 16:19)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
映画『春との旅』で仲代達矢と小林監督らが来札キャンペーン
    コメント(0)